Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

北信越の郷土料理と日本酒の店「方舟」2020年02月18日 20時01分42秒

北信越の郷土料理が味わえる本格派日本酒レストラン「方舟(はこぶね)」へ行ってみました。
北信越(ほくしんえつ)とは、北陸3県(富山県、石川県、福井県)と信越地方(長野県、新潟県)を合わせた地域をいいます。
常時80種類以上の日本酒を取り揃え、店舗専属の利き酒師もいるので、言えば、料理に合ったお酒や好みの味の日本酒をセレクトしてくれます。

お通しです。「凍り豆腐と真砂煮」と言われたような・・・  お薦めの日本酒も付いてきます。

お酒は錫(すず)の器で提供されます。
科学的に証明されたわけではありませんが、錫製品は水を浄化して雑味が取り除かれ、お酒がまろやかになると言われているとか。


「白子ポン酢」です。
白子ポン酢

「寒鰤(ブリ)刺身」
寒鰤(ブリ)刺身
スーパーで売っているブリはこんなにピンク色をしていなくて、もっと白っぽい色をしています。
血合いの部分も少なくて、すごく新鮮な感じです。食べてみると、ブリッブリの食感で美味しい!
ブリの季節もそろそろ終わってしまいます。今のうちに美味しいブリをたくさん食べておかないと。

「柳八目(ヤナギハチメ)姿造り」
柳八目(メバル)姿造り
柳八目(ヤナギハチメ)はメバルの一種で、日本海沿岸部で撮れる魚です。太平洋側ではあまり見かけません。旬は春だといいますが、能登では通年水揚げがあるそうです。

「海老の唐揚げ」
海老の唐揚げ

「蛍烏賊(ホタルイカ)沖漬け」
蛍烏賊(ホタルイカ)沖漬け

ホタルイカが美味しいので、ホタルイカを使っているという「いか黒造り揚げジャガバター」というのも注文しました。出てきたのはこれ。
蛍烏賊(ホタルイカ)黒造り
これって単なる「ホタルイカ黒造り」じゃない? 揚げジャガバターは何処?
お店の人に言うと、「あっ、すみません」って。
これが「いか黒造り揚げジャガバター」です。
いか黒造り揚げジャガバター

奢ってもらったので、値段はよく分かりません。




今日もご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.