Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

ナンヨウザクラ(南洋桜)?テイキンザクラ(提琴桜)?2020年03月14日 18時20分40秒

神代植物公園の大温室でナンヨウザクラ(南洋桜)が咲いています。
テイキンザクラ(提琴桜)
西インド諸島原産の常緑低木で、バラ亜綱、トウダイグサ目、トウダイグサ科、ナンヨウアブラギリ属(ヤトロファ属)に属する常緑低木です。

この植物、植物園などでは「ナンヨウザクラ(南洋桜)」と表記している所が多いのですが、「ナンヨウザクラ(南洋桜)」は他にもあります。バラ類、アオイ類、アオイ目、ナンヨウザクラ科、ナンヨウザクラ属の常緑高木、「ナンヨウザクラ(南洋桜)」です。
サクラの花のような5弁の白い花を咲かせ、サクラに似ているので、英名でも「Jamaican cherry」などと呼ばれます。


神代植物公園で咲いている「ナンヨウザクラ(南洋桜)」は、花が5弁で見かけがサクラに似ているところは同じですが、花色が鮮紅色です。
テイキンザクラ(提琴桜)
「テイキンザクラ(提琴桜)」と呼ばれることも多いので、ここではもう一つのナンヨウザクラと区別するために、「テイキンザクラ(提琴桜)」と言わせてもらいます。
学名は「Jatropha integerrima(ヤトロファ・インテゲッリマ) 」。 英名では「Peregrina」「 Spicy Jatropha」などと呼ばれます。
テイキンザクラ(提琴桜)
樹高は1~3m程度で、枝はよく分枝して横に広がり、枝の先は少し垂れ気味になります。
葉はふつうは楕円状卵形、ときにくびれてほこ形となります。
春~初夏に、枝先から垂れた花茎に集散花序を伸ばし、小さな桃色又は鮮紅色の5弁花を多数つけます。 花は枝先に房状につき、葉のわきから出た長い花茎の先に5~8個集まって咲きます。
「テイキンザクラ(提琴桜)」の由来は、花形が桜に、葉形が提琴(バイオリン)に似ていることによります。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2020/03/14/9224242/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.