Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

原宿駅お疲れさまでした2020年03月21日 22時19分42秒

原宿のシンボルでもあった、都内最古の木造駅舎とされる原宿駅の旧駅舎が、94年にも及ぶ役割を終え、本日3月21日に閉鎖されました。

原宿駅
(写真は昨年1月に明治神宮へ初詣の際に撮影)

旧駅舎は2代目ですが、1924年(大正13年)に竣工した西洋風2階建てで、尖塔付きの屋根に白い外壁、露出した骨組という特徴を持ち、「ハーフティンバー様式」の建物は、人々に強い印象を与えてきました。
この駅舎が無くなることを惜しむ声は非常に多いのですが、法律が定める耐火性能を保てないということで、東京五輪・パラリンピック終了後に取り壊されることになりました。
解体後の跡地の再開発では、外壁のデザインなどを再現した建物に建て替えるということです。
また、駅構内に4分の1程度の大きさで駅舎を再現する計画もあるといいます。

温かみのある木造建築の駅舎が見られなくなってしまうのは残念です。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2020/03/21/9226756/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.