Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

ケーブルシップ「KDDI OCEAN LINK」2020年05月27日 11時37分24秒

横浜港の瑞穂埠頭(みずほふとう)に停泊する、KDDIの子会社国際ケーブル・シップ(株)が所有する海底ケーブル敷設船「KDDI OCEAN LINK(オーシャンリンク)」です。
KDDI OCEAN LINK
KDDI OCEAN LINK(オーシャンリンク)」は、光海底ケーブルの作業を行うために1992年2月に竣工しました。
総トン数は9,510トン、全長133.16m、幅19.6mになります。

ケーブル敷設船としてのKDDIオーシャンリンクは、海底ケーブルの「敷設・埋設」そして「修理・保守」という2つの役割を担います。
光海底ケーブル敷設のための機能としては、船内に3基合計2,300立方メートルの容積を持つケーブルタンクと呼ばれるスペースがあり、最大4,500km分のケーブルを積載できます。同規模のケーブル船をもう1隻使えば、日本(東京)とアメリカ(カリフォルニア州ロサンゼルス)を同時に出発して中間地点で合流し、太平洋横断ケーブルを敷くこともできる規模だといいます。
因みに東京ーロサンゼルス間は約8,825㎞です。

海底ケーブルを引き揚げたり敷設したりするときに活躍する遠隔操作式水中ロボット(ROV:Remote Operational Vehicle)の「MARCAS-IV」も搭載されています。

2017年の改修により、もう1つの役割として「船舶型基地局」という機能が加わり、2018年9月の北海道胆振東部地震が発生した際には、船舶型基地局として日高沖で実際に運用されました。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.