Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

川崎市の花「ツツジ」2020年05月30日 11時20分05秒

川崎駅近くのソリッドスクエアというビルの横で、川崎市の花に指定されているツツジ(躑躅)が満開になっていました。
ツツジ(躑躅)
ツツジは、ツツジ目、ツツジ科、ツツジ属の植物の総称で、英名では「AZALEA(アザレア)」です。
(アザレアは日本では「西洋ツツジ」と呼んで、一般的な「ツツジ」と区別する場合もあります)
ツツジ(躑躅)

川崎市の花は「つつじ(躑躅)」、川崎市の木は「つばき(椿)」と、市制50周年を記念して1974年(昭和49年)12月1日に制定されました。 川崎市は2024年に市制100周年を迎えます。

川崎市のマンホールの蓋には市の花「つつじ」が中心に描かれています。
「つつじ」を囲む「つばき」の花の数は、川崎市の七つの区を表しています。
マンホールの蓋

マンホールの蓋

2024年の市制100年に向けて、川崎市では2016年(平成28年)7月から、新しいブランドメッセージを表したロゴマークを使用しています。マンホールの蓋も徐々に新デザインに替わってきています。
マンホールの蓋
2017年8月には川崎市初のマンホールカードがこのデザインで発行されました。
川崎市のマンホールの蓋

ツツジを漢字で「躑躅」と書きますが、難しい漢字ですね。その由来について興味のある方はこちらもご覧ください。



ツツジからマンホールの話になってしまいましたが、最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2020/05/30/9252247/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.