Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

横浜税関 監視艇 「 つくばね 」2020年06月20日 13時42分25秒

横浜税関の監視艇 「つくばね」がやって来ました。
横浜税関 監視艇 「 つくばね 」
後方の高速道路は首都高速湾岸線。湾岸線に架かる橋は「鶴見つばさ橋」です。

税関監視艇は、港湾等での臨船審査や密貿易監視のための沿岸哨戒などに使用する船舶です。
入港する外国と往来する船舶や外国に寄港した日本漁船等に対し、高速監視艇の機動性を有効に活用して密輸入の取締りを行っています。
横浜税関 監視艇 「 つくばね 」
横浜税関の監視艇「つくばね」は、総トン数41トン、全長20.66m(登録長さ20.20m)、幅5.00mです。最大搭載人員は乗組員4名に加えて、24時間以内なら18名が乗船出来ます。24時間以上の場合は2名になりますが、「何故こんなに差が出るの??」って感じですね。安全を考慮しての数値なんでしょうが・・・
横浜税関 監視艇 「 つくばね 」
瀬戸内クラフト(株)が建造し、2011年(平成23年)2月に竣工しました。

神奈川県警の警備艇「神2 あしがら」や「神5 はこね」も瀬戸内クラフトで建造された船です。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.