Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

上野動物園が今日再開しました2020年06月23日 22時44分25秒

新型コロナウイルスの影響で休園していた上野動物園が、今日6月23日に116日ぶりに営業を再開しました。
感染防止のための「3密」対策で、整理券による事前予約制を導入。 開園時間は午前10時~午後4時と短縮し、日時指定の事前予約制で入園者を15分毎に200人ずつ、1日4,000人に制限しています。

フィジカルディスタンシング(物理的距離)を守って並んでいるせいもありますが、入園口から長蛇の列が続きます。
上野動物園再開
通常の入園口は一部を開けるのみで閉鎖され、一人ずつ間隔をとっての入園です。 しばらくの間は表門(おもてもん)からの入園のみになります。
上野動物園再開


「距離をたもとう」というポスターが所々に貼られています。パンダ1頭が約2メートルだとか。

ジャイアントパンダの前足の足跡が地面に貼られていて、その上で待てば前の人との物理的距離が取れるのですが、皆、踏むのをためらってよけて立っていました。


人が殺到するパンダ舎の見学は入園直後の1回に限り、見学者が滞留しないようパンダ舎内の撮影は禁止されています。
入園するとすぐにパンダ舎の中に誘導され、そのまま立ち止まらずに歩いてパンダ舎の外に出されます。入園直後しかパンダ舎に入ることはできません。
ジャイアントパンダ・シャンシャン
撮影禁止なので、1月30日に撮影したシャンシャンです。

パンダ舎を出た後の行動は自由ですが、屋内施設の展示は全て中止になっていました。

入園制限のため園内は人が少なく、ゆっくりと見学することが出来ます。

人が集まっていたので行ってみると、キリンの赤ちゃんがいました。
キリンの「ヒカリ」(メス)で今年2月に生まれたそうです。すでに身長は2メートル以上あるとか。羨ましい・・・・・

ホッキョクグマも人気があります。

上野動物園のハシビロコウは比較的「動く」ということで、見物する人の姿が絶えません。人間の方もジィ~ッと動くのを待っています。
ハシビロコウ

オグロプレーリードッグの前では「わぁ、かわいい~」という声が絶えません。
下の写真はプレーリードッグではありません。上野動物園ではネズミやスズメも飼育しているようです。それにしても、丸々と太ったネズミですね。 ベニイロフラミンゴの池にて。

五重塔の周りの堀には白鳥もいます。


東園にあるフードショップ「バードソング」で、シャンシャン3歳記念の限定商品「3歳カップde木のぼりソフト」870円(税込)を売っていたので食べてみました。シャンシャンが3歳を迎えたことを記念した、スーベニアカップ付きソフトクリームです。
スーベニアカップのお持ち帰り用紙袋も付いています。
3歳カップde木のぼりソフト
3歳記念特製カップの中のソフトクリームの上にはチョコレートソースがかけられ、木に見立てた1/3サイズのチュリトスが立てられています。
あれっ、東京ディズニーリゾートでは「チュロス」って言うけど・・・・・と思いましたが、調べてみると「チュリトス」は(株)ジールハウスという会社の登録商標です。一般的には「チュロス」のようです。
因みに、大阪のUSJでは「チュリトス」です。

話がそれてしまいました。「時を戻そう」
ソフトクリームを食べ進んでいくと、カップの底にはグラノーラが!そこ(底)に気が付かなかった!ソフトクリームと混ぜて食べると美味しいんだよね。
時を戻したついでに思い返してみると、この「○歳カップde木のぼりソフト」って1歳の誕生日からやっていたような・・・・・。

小腹が空いていたので、定番商品ですが私お気に入りの「竹皮パンダ弁当」580円(税込)もいただきました。
竹皮パンダ弁当


午後2時頃、帰りがけに見ると、入園待ちの列は花園稲荷神社辺りまで、ず~~と伸びていました。
上野動物園再開

帽子を被ってマスクをしていたので、目の周りだけ日に焼けてパンダのようになってしまいました。
困ったな・・・



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.