Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

アレチハナガサ(荒地花笠)にモンシロチョウが2020年06月25日 10時24分10秒

多摩川河川敷を散歩していたら、アレチハナガサ(荒地花笠)の周りをモンシロチョウが飛んでいました。

アレチハナガサ(荒地花笠)とモンシロチョウ

アレチハナガサ(荒地花笠、学名: Verbena brasiliensis)は、シソ目、クマツヅラ科、クマツヅラ属に分類される、多年草の一種です。
埋め立て地や荒地、河川敷、草原、道端などに生え、草丈は1m~2mになります。
その名の通り、荒地に生えています。
よく似た花にダキバアレチハナガサ(抱葉荒地花笠)というのがありますが、葉っぱが茎に巻き付くようになっているという違いくらいしかないので、一見しただけでは区別がつきません。

アレチハナガサ(荒地花笠)とモンシロチョウ

アレチハナガサ(荒地花笠)とモンシロチョウ

東急田園都市線の鉄橋を電車が走り抜けていきました。
アレチハナガサ(荒地花笠)とモンシロチョウ



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2020/06/25/9261419/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.