Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

百段階段「頂上の間」 ホテル雅叙園東京2020年07月27日 10時38分29秒

館内に日本画が 約700点、美術工芸品などを含めると約2,500点の作品が点在するという、他に類を見ない豪華絢爛な館内装飾が有名な「ホテル雅叙園東京」。

今日は百段階段の一番上にある「頂上の間(ちょうじょうのま)」です。

「頂上の間」は本来、京都画壇の大家「西村五雲(にしむら ごうん)」に揮毫を依頼していたのですが、描く前に他界してしまい、その願いはかなわなかったといいます。
百段階段「頂上の間」 ホテル雅叙園東京

百段階段「頂上の間」 ホテル雅叙園東京

百段階段「頂上の間」 ホテル雅叙園東京

百段階段「頂上の間」 ホテル雅叙園東京

百段階段「頂上の間」 ホテル雅叙園東京

百段階段「頂上の間」 ホテル雅叙園東京

本間の床柱には黒柿の銘木を使用しています。
百段階段「頂上の間」 ホテル雅叙園東京

百段階段「頂上の間」 ホテル雅叙園東京

この部屋には欄間絵は無く、天井画は松岡映丘(まつおか えいきゅう)門下の数人の画家により描かれています。
※ 公式サイトでは松岡映丘とありますが、室内にある解説では川端龍子(かわばた りゅうし)門下の画と書かれていました。
百段階段「頂上の間」 ホテル雅叙園東京

百段階段「頂上の間」 ホテル雅叙園東京



10回に亘って、「ホテル雅叙園東京(目黒雅叙園)」、「1億円のトイレ」、「百段階段」、「十畝の間(じっぽのま)」、「漁礁の間(ぎょしょうのま)」、「草丘の間(そうきゅうのま)」、「静水の間(せいすいのま)」、「星光の間(せいこうのま)」、「清方の間(きよかたのま)」、「頂上の間(ちょうじょうのま)」と紹介してきましたが、解説文は、公式ホームページ、各室内の解説、書籍(時の流れ・目黒雅叙園)より引用又は参考にさせていただきました。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2020/07/27/9272251/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.