Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

「Cosmo-Eggs|宇宙の卵」 アーティゾン美術館2020年07月29日 11時12分13秒

1895年から開催され120年以上の歴史を持つ「ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展」。
「ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展」は、イタリア・ヴェネチアの各所を会場とし、2年に一度開催される現代美術の国際展です。
2年に一度開催される美術展覧会なのでビエンナーレ(biennale)です。
因みに3年に一度だとトリエンナーレ(triennale)、4年に一度開催されるのはオリンピック・・・・・ではなく、クアドリエンナーレ(quadriennale)といいます。

2019年5月11日から11月24日にかけてヴェネチアで開催された「第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展」の日本館で展示された「Cosmo-Eggs|宇宙の卵」の「帰国展」が、アーティゾン美術館で開催されています。

Cosmo-Eggs|宇宙の卵

「Cosmo-Eggs|宇宙の卵」は、キュレーターの服部浩之氏を中心に、美術家・下道基行、作曲家・安野太郎、人類学者・石倉敏明、建築家・能作文徳 という4つの異なる専門分野のアーティストが協働し、人間同士や人間と非人間の「共存」「共生」をテーマに構成されました。

ヴェネチア・ビエンナーレ 日本館展示模型
ヴェネチア ビエンナーレ 日本館展示模型

アーティストの下道基行氏が沖縄の八重山諸島で出会い、数年間リサーチと撮影を続けている「津波石」を軸としながら、広場であるという思考を拡張し、作曲家、人類学者、建築家と協働することで、静かで穏やかな視覚世界に音楽が響き、ことばが重ねられ、統合された一つの空間に多様な身体経験を生み出します。
Cosmo-Eggs|宇宙の卵
鑑賞スペースにはオレンジ色のベンチ型バルーンが置かれています。ここには自由に座ることが出来、座ることによって室内で奏でられている「音楽」が変化します。

室内に流れている音楽は、作曲家・安野太郎氏の代表作「ゾンビ音楽」といい、複数のリコーダーに空気を送り込むことによる自動演奏によって奏でられる音楽作品です。
Cosmo-Eggs|宇宙の卵
「ゾンビ音楽」を奏でるリコーダーは指も動いて音色が変わります。

安野太郎 《 COMPOSITION FOR COSMO-EGGS “Singing Bird”スコア 》 2020年
Cosmo-Eggs|宇宙の卵
会期中初期の、楽曲の基本構造を成す約1週間の演奏(リコーダーの振舞い)を抽出した楽譜です。
見ても何が何だか分かりませんが、2,000ページを超える大作になっています。
Cosmo-Eggs|宇宙の卵

会場にはその他、「Cosmo-Eggs|宇宙の卵」の制作プロセスや「津波石」の資料、ヴェネチア・ビエンナーレと本展の映像、両展の図録などが展示されています。


Cosmo-Eggs|宇宙の卵」(第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展 日本館展示帰国展)開催概要
開催会場:アーティゾン美術館 5階展示室
開催期間:2020年6月23日[火]-10月25日[日] 
休館日:月曜日(8月10日、9月21日は開館)、8月11日、9月23日
開館時間:10:00 — 18:00  (毎週金曜日は20:00まで/当面の間、中止)
  ※入館は閉館の30分前まで
  ※日時指定の予約が必要です。(当日窓口販売は完売していない場合のみ有)
入館料:一般 WEB予約1,100円 当日窓口販売1.500円
  大学生・専門学校生・高校生は無料ですが日時指定の予約が必要
  中学生以下 無料、予約も必要なし
  障がい者手帳をお持ちの方と付き添い1名 無料ですが日時指定の予約が必要
※ウェブ予約チケットは各入館時間枠の終了10分前まで販売
※当日チケットはウェブ予約チケットが完売していない場合のみ販売
※この料金で同時開催の展覧会3会場を全て観覧できます
※スマートフォンとイヤホンを持参すればアプリで4階所蔵作品展示の無料音声ガイドが聴けますが、本展は5階展示室なので対象外です。
詳細は公式サイトにて確認して下さい。


現在アーティゾン美術館では本展の他に6階展示室で「ジャム・セッション 石橋財団コレクション×鴻池朋子 鴻池朋子 ちゅうがえり」、4階展示室で「石橋財団コレクション選 特集コーナー展示 新収蔵作品特別展示:パウル・クレー」と「石橋財団コレクション選 特集コーナー展示:印象派の女性画家たち」が開催されています。
「鴻池朋子 ちゅうがえり」 は感動した作品が多過ぎて、アップする写真の選択に苦労しています。数日後にはアップしたいと思います。鴻池朋子さんは、六本木の国立新美術館で8月24日まで開催中の「古典×現代2020」展にも「刀剣×鴻池朋子」というテーマで出品しています。こちらの紹介の方が先になるかもしれません。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

プリンセス・サヤコ(Princess Sayako) バラ2020年07月29日 12時00分22秒

プリンセス・サヤコ(Princess Sayako)
プリンセス/サヤコ(Princess Sayako)

プリンセス/サヤコ(Princess Sayako)
作出年:1980年  作出国:フランス(メイアン)  系統: [ HT ] ハイブリッドティー


1980年フランスでメイアンによって作出され、ミッテラン大統領夫人が来日した折に紀宮清子内親王(のりのみやさやこないしんのう)に捧げられたバラです。
紀宮清子内親王は2005年(平成17年)11月に黒田慶樹氏と結婚し、民間人(黒田清子)となっています。
明仁(上皇)と美智子(上皇后)の第1皇女子(2男1女のうち第3子)であり、徳仁(現在の天皇陛下)及び秋篠宮文仁親王の妹で、「サーヤ」の愛称で親しまれていました。
Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.