Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

六本木ヒルズのバラ イサ・ゲンツケン ROSE2020年08月09日 10時38分30秒

六本木ヒルズのエントランス広場にあたる「66プラザ」。
ケヤキの深い緑の中にミストが漂う、自然な涼を感じる憩いの場になっています。
回廊のひさしの向こうに赤いバラが顔をのぞかせています。

この背の高いバラは、ハリウッド化粧品の創業者の一人メイ牛山さんの「世界一大きなバラが欲しいわね」との思いから、ドイツの女性芸術家イザ・ゲンツケンの「ROSE(薔薇)」という作品を、2003年の六本木ヒルズ開業時にハリウッドビューティーグループが設置し、管理しているものです。高さは8メートルもあります。
イザ・ゲンツケン(ISA GENZKEN) ROSE(薔薇) 2003年(1993年) スチール、アルミニウム、ラッカー 

ここはローズガーデンになっていて、初夏には色とりどりのバラが人々の目を楽しませます。
今は、サルスベリのピンクの花が咲いていました。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2020/08/09/9276876/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.