Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

STARS展:草間彌生2020年09月04日 09時55分00秒

六本木ヒルズ・森タワー53階にある森美術館で開催されている 「STARS展:現代美術のスターたち ― 日本から世界へ」 は、村上隆、李禹煥、草間彌生、宮島達男、奈良美智、杉本博司という、国際的に高い評価を得ている6人の現代アーティストのスター達の活動の軌跡を、初期作品と最新作をつなぐかたちで紹介する展覧会になっています。

会場内展示風景、「村上 隆」に続いて、今日は「草間 彌生」の作品をアップします。紹介する作品は展示作品の一部です。

草間彌生(くさま やよい、1929年(昭和4年)3月22日~ )は70年に及ぶキャリアの中で、多岐にわたるメディアを用いて数々の作品を発表してきました。「常同反復」や「増殖」「集積」と呼ばれる、水玉や網目模様、突起などの造形が繰り返される表現を特徴としており、これらは幼少期から度々経験する幻覚や幻聴の影響だといいます。
草間彌生
本展では、ニューヨークのアート・シーンに認められた1960年代から世界的に再評価された1990年代の作品、そして最新作までの変遷を通じて、草間作品に通底するコンセプトやメッセージを読み解くことができます。

《ミシガン湖》 1959年 墨汁、白胡粉(ごふん)、紙 所蔵:武田安正 62×75㎝

《無限の網》 1965年 油彩、キャンバス 所蔵:宮津大輔 132×152㎝
《無限の網》 部分

無題(金色の椅子のオブジェ) 1966年
《無題(金色の椅子のオブジェ)》 1966年 詰め物入り縫製布、椅子 所蔵:高松市美術館    60×64×83㎝

ピンクボート 1992年
《ピンクボート》 1992年 詰め物入り縫製布、ボート、オール 所蔵:名古屋市美術館  90×350×180cm

《芽生え》 1992年 アクリル絵具、キャンバス 所蔵:武田安正 145×336㎝
《芽生え》 部分

《天井よりの啓示(B)》 1993年 アクリル絵具、キャンバス 所蔵:武田安正 423×152㎝
《天井よりの啓示(B)》 部分

《女たちの群れは愛を待っているのに、男たちはいつも去っていってしまう》 2009年 アクリル絵具、キャンバス 所蔵:武田安正 130×162㎝
《女たちの群れは愛を待っているのに、男たちはいつも去っていってしまう》 部分

《季節に涙を流して》 2015年 アクリル絵具、キャンバス 所蔵:有限会社ティーパーティー 194×194㎝
《季節に涙を流して》 部分

たくさんの愛のすばらしさ 2019年 アクリル絵具、キャンバス 所蔵:有限会社ティーパーティー 100.3×100.3㎝


過去のブログから
六本木ヒルズ X 草間彌生」2013・08・03
草間彌生ティーウェア『私の大好きな私』 」2013・09・14
草間彌生 わが永遠の魂」2017・03・29
草間彌生 美術館」2020・08・20


開催会場:森美術館六本木ヒルズ森タワー53階)
開催期間:2020年7月31日(金)~ 2021年1月3日(日)  会期中無休
開館時間:10:00~22:00(最終入館 21:30)
   ※火曜日のみ17:00まで(最終入館 16:30)
   ※ただし9月22日(火・祝)、11月3日(火・祝)は22:00まで(最終入館 21:30)
観覧料金: 一般 2,000円  学生(高校・大学生)1,300円  子供(4歳~中学生) シニア(65歳以上)1,700円
    ※音声ガイド付きチケットはそれぞれ500円高
    ※チケットは事前予約制です。専用オンラインサイトで日時指定券を購入してください。
    ※17:00以降は、事前予約なしでも入館できます。
    ※当日空きがある場合は、チケットカウンターで当日券を販売します。 状況により変更もありますので、公式サイトにて確認して下さい。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

フリージア(Friesia) バラ2020年09月04日 12時16分56秒

フリージア(Friesia)
フリージア(Friesia) バラ

フリージア(Friesia) バラ
作出年:1972年 作出国:ドイツ(コルデス Kordes ) 系統: [ F ] フロリバンダ

澄んだ鮮やかな黄色の花がふわりと咲き、フルーティーな良い香りが漂う花です。
別名、サンスプライト(太陽の妖精)ともいわれています。

同じように黄色で甘い香りのする、アヤメ科の植物「フリージア」が有名ですが、名前の由来はその植物からではなく、育種者の出身地フリースラントからきています。
Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.