Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

3万匹の金魚が泳ぐ「アートアクアリウム美術館」2020年09月11日 11時43分50秒

2007年に「スカイアクアリウム」としてスタートし、2011年から「アートアクアリウム」へと進化して累計1,000万人の目を楽しませてきた「アートアクアリウム」は、これまで国内では北海道、長野県、石川県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県、広島県、熊本県、福岡県、沖縄県、海外では2015年にイタリア・ミラノ、2018年に中国・上海といった各地で計37回展覧会を開催してきました。
2011年から毎年開催されている日本橋(東京)では夏の風物詩となっていて、毎年鑑賞者の長蛇の列が見られました。
その「アートアクアリウム」の常設展示型美術館が「アートアクアリウム美術館」として、8月28日に日本橋(東京)に開館しました。
夏季限定で開催していた従来の会場と比較すると約3倍の広さを誇り、会場内には3万匹超の金魚が泳ぎます。金魚の幻想的なアートを過去最大の展示規模で楽しむことができます。

普段は見る機会の少ない貴重な金魚から、お祭りなどでみる馴染みのある金魚まで、様々な種類の金魚が一同に集結しています。
金魚は、フナの突然変異を人為的に選択し、観賞用に交配を重ねた結果生まれた観賞魚です。
日本では江戸時代に大々的に養殖が始まり、庶民の愛玩動物として愛されてきました。


入館前に建物の裏側(会場出口側)に回ってみると、金魚をデザインしたかわいい車が置いてあります。
アートアクアリウム美術館
車体には金魚の写真と、写真家「篠山紀信」さんのサインが!
アートアクアリウム美術館
この車は、篠山紀信の撮影した金魚の写真をあしらった、メルセデス・ベンツの「smart」というマイクロコンパクトカーで、2013年に「アートアクアリウム2013」会場で展示され、その後「週刊ビッグコミックスピリッツ」の読者プレゼントとして1名に提供された車です。
その車が何故ここに?・・・・・  帰る時にはいなくなっていました。


アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館

SNSなどでは、金魚の展示方法や飼育状態などで批判も出ていますが、古くから金魚は金魚鉢などの中で観賞用に飼育されてきたものです。金魚にとって何が幸せかは、私には分かりません。
それにしても「3密」じゃない?・・・・という水槽もたしかにありますが、水は常に循環されていて、泡もたくさん出ているので、酸素不足になるようなことは無いと思います。
ただ、開館当初は輸送や環境の変化によるストレスで病気になる金魚も少なくなかったようです。
アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館

手毬をモチーフにした「テマリウム」は、三重県の伝統工芸「伊賀組紐(いがくみひも)」を使用しています。
アートアクアリウム美術館


アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館


金魚が泳ぐ大きな水柱がフロア全体に立ち並ぶ、新作の「金魚の杜(もり)」です。
アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館
こちらの展示は1階、2階の両方から見ることができるようになっているので、2階から俯瞰的に見ることでまた違った見え方を楽しむことができるのも魅力です。
アートアクアリウム美術館


2階には、江戸時代の狩野派絵師の作といわれる「老松」を背景にした能舞台を設置したラウンジ「水戯庵(すいぎあん)」、オリジナルのグルメやスイーツをいただけるカフェ「華魚繚乱(かぎょりょうらん」、限定グッズを販売するお土産ショップ「土産(みやげ)」があります。
アートアクアリウム美術館

アートアクアリウム美術館

施設名称:アートアクアリウム美術館(ART AQUARIUM MUSEUM)
所在地:東京都中央区日本橋本町1丁目3
休館日:年中無休(メンテナンスの際、不定期で休館の場合あり)
営業時間:10:00~22:00 (変更になる場合があります) 最終受付は閉館30分前
入場料金:大人(中学生以上)2,300円 アフター6入場券は2,000円 小学生以下無料
入場券の当日販売もありますが、予定枚数に達した場合は、売り切れ・販売終了となります。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.