Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

SHARPのマスク2020年09月15日 19時02分30秒

第1回目の抽選で申し込んでから約5ヶ月。 
忘れていた頃に、抽選20週目にしてやっとSHARPのマスクに当選したと、先週メールがありました。

マスクの市場価格も落ち着いてきて50枚入りで1,000円を切る物も出てきた今、50枚入りが2,980円+税で税込3,278円、配送料が税込660円、合計3,938円はかなり高いマスクになります。
マスクも簡単に手に入るようになったし、もういらないかな・・・と思ったのですが、SHARP製の国産マスクがどんなものか気になったので、一応購入。
今朝届きました。
SHARPのマスク
中には25枚入りのパックが2袋入っています。

一見、ごく普通の3層構造使い捨て不織布マスクです。 よく見てもそうです。
SHARPのマスク
手触りはどちらかというとゴワゴワした感じでしょうか。ポリプロピレン製です。
フィルター捕集効率試験による性能評価では、
ウイルスろ過効率99%:VFE試験
細菌ろ過効率99%:BFE試験
花粉99%カット:花粉粒子捕集試験
微粒子ろ過効率99%:PFE試験
だそうですが、新型コロナウィルスに対しての効能はうたっていません。PM2.5や花粉対策としては有効のようです。
アベノマスクのような布マスクよりは、付けている効果は得られるのではないでしょうか。
性能評価を何も書いていない中国製のマスクよりは気分的に安心できます。
耳ひも部 はポリウレタンとポリエステル、ノーズフィッター はポリエチレン製です。

右下に「SHARP」のロゴが入っていますが、マスクを顔に付けると顎(あご)の下に隠れてしまうので、見えにくくなります。
SHARPのマスク
耳紐部は糸を縒(よ)ったようになっていて、普通のゴム紐とはちょっと違います。紐が細いので耳が痛くなるのでは・・・と心配でしたが、そんなことはありませんでした。

値段がかなり高めのこのマスク、牛肉でいったら黒毛和牛だと思って、しっかり味わいましょう。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2020/09/15/9295829/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.