Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

キマダラカメムシ(黄斑椿象・黄斑亀虫)2020年10月25日 10時20分37秒

コスモス畑の中にいた全長2㎝位の昆虫。
正面から向き合ってしまいました。「おまえ、誰?」
キマダラカメムシ(黄斑椿象・黄斑亀虫)

調べてみると、キマダラカメムシというカメムシの仲間のようです。
昆虫好きの人ならわざわざ調べなくても誰でも知っている、市街地、都市部の街路樹、庭木などで普通にみられる昆虫だといいます。
キマダラカメムシ(黄斑椿象・黄斑亀虫)
キマダラカメムシ(黄斑椿象・黄斑亀虫)は、カメムシ目、カメムシ科、カメムシ亜科に属する昆虫で、台湾から東南アジアを原産地とする外来生物です。
ソメイヨシノやシダレザクラなどの桜の木に多く産卵し、成虫も桜や柿、藤、桑などを好むそうです。

カメムシ亜科に属する昆虫の総称を「カメムシ」といいますが、カメムシ亜科には、タガメ・アメンボ・グンバイムシなど「カメムシ」と名付けられていない種類も多く含まれます。

頭部から前胸背板の正中線上に走る黄色の線条と、背面に散らばる黄色い斑点、たたまれた前翅と後翅の両側面に規則的に並ぶ黒褐色と黄色の縞模様がとても綺麗です。
キマダラカメムシ(黄斑椿象・黄斑亀虫)



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2020/10/25/9309450/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.