Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

RX-78 F00 ガンダム 起動しま~す!2020年12月20日 10時17分54秒

昨日、横浜港の山下ふ頭で、動くガンダム( RX-78 F00 ガンダム)の一般公開が始まりました。
「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」は、1979年にテレビ放映が始まったアニメ「機動戦士ガンダム」の40周年プロジェクトの一環で、バンダイナムコグループでつくる団体と横浜市が連携して、2020年12月19日から2022年3月31日までの予定で開催されます。

会場の最寄り駅、みなとみらい線・元町中華街駅には巨大な告知POPがあり、人々が立ち止まって写真を撮っていました。
GUNDAM FACTORY YOKOHAMA

”動くガンダム”は外部からは見えにくい構成になっていますが、会場入り口の向こうに上半身が見え、ワクワク感が増大します。
GUNDAM FACTORY YOKOHAMA

会場に入ると急いで先に進んでしまうので見逃しがちですが、ガンダム完成までの写真が展示されています。
GUNDAM FACTORY YOKOHAMA

ガンダムは横浜港を背にしたドック(格納庫)に展示されています。
GUNDAM FACTORY YOKOHAMA RX-78 F00 ガンダム
左に見える船は横浜港観光船マリーンシャトルです。

『横浜・山下ふ頭近郊において、ガンダムタイプのモビルスーツと思われるパーツが大量に発見された。  これらのパーツを解明するため、様々な領域のエンジニアたちが「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」に集結し、研究・分析・再構築することになった。それはあたかも、新型のガンダムを新たに開発していくようなプロセスであった。 』
そして遂に「 RX-78 F00 ガンダム」のフレームが完成し、起動実験が始まる!・・・・・
という設定でガンダムが動き出しました。
GUNDAM FACTORY YOKOHAMA RX-78 F00 ガンダム

GUNDAM FACTORY YOKOHAMA RX-78 F00 ガンダム
終日10:30から20:30まで、毎時と毎時30分に異なる演出を行います。
00分には起動試験が行われ、30分にはドックへ格納するというパターンのようです。見るなら00分がお奨めです。
GUNDAM FACTORY YOKOHAMA RX-78 F00 ガンダム
00分の演出では、ドックから出てきたあと2歩ほど歩行し、その直後に「不調」をきたして片膝をついてしゃがみこみます。しかし「再起動」して再び立ち上がり、起動テストを再開。天を指すポーズをとって停止します。  春日の「トゥース」みたいですね。
GUNDAM FACTORY YOKOHAMA RX-78 F00 ガンダム

GUNDAM FACTORY YOKOHAMA RX-78 F00 ガンダム

GUNDAM FACTORY YOKOHAMA RX-78 F00 ガンダム

別料金ですが、向かって右側の特別観覧デッキ「GUNDAM-DOCK TOWER」に上がって、間近で動くガンダムを見ることができます。
GUNDAM FACTORY YOKOHAMA RX-78 F00 ガンダム
ガンダムの高さは実物大の約18メートル。デッキは2層になっていて、15~18メートルになります。
人数が制限されているのでゆっくり観覧することができます。
今回は完売していたので上ることが出来ませんでした。 1月に行こうと思います。
GUNDAM FACTORY YOKOHAMA RX-78 F00 ガンダム

GUNDAM FACTORY YOKOHAMA RX-78 F00 ガンダム

GUNDAM FACTORY YOKOHAMA RX-78 F00 ガンダム

夜になるとガンダムはライトアップされ、よりメカニック感が増してきます。
GUNDAM FACTORY YOKOHAMA RX-78 F00 ガンダム

GUNDAM FACTORY YOKOHAMA RX-78 F00 ガンダム

GUNDAM FACTORY YOKOHAMA RX-78 F00 ガンダム

GUNDAM FACTORY YOKOHAMA RX-78 F00 ガンダム

夜景です。左に横浜港大さん橋国際客船ターミナルに停泊している豪華客船「飛鳥Ⅱ」が見えます。写真中央の船はマリーンシャトルです。
GUNDAM FACTORY YOKOHAMA RX-78 F00 ガンダム


”動くガンダム”の開発プロセス、その設計や構造、仕組みについてパネルや映像で紹介し、更にはARでの体験コーナーも設置して様々な技術を楽しみながら学べる「ACADEMY」という施設があります。
GUNDAM FACTORY YOKOHAMA
動く仕組みを自分で操作してその構造を知ることもできます。
GUNDAM FACTORY YOKOHAMA

施設内の「GUNDAM Pilot View SoftBank 5G EXPERIENCE」では5G通信を活用してガンダムとリアルタイムに視界を共有。まるでコクピットに乗り込んだかのような 体験ができます。
GUNDAM FACTORY YOKOHAMA


シミュレーターで「 RX-78 F00 ガンダム」を動かすことができる「ポージングシミュレータ」は、初心者コースと上級者コースが選べます。子供でも簡単に遊べます。
GUNDAM FACTORY YOKOHAMA

ARウインドウには、リアルタイムのガンダム稼働情報が表示されています。
GUNDAM FACTORY YOKOHAMA

オリジナルガンプラを中心に、横浜とのコラボ商品、公式パンフレットやここでしか手に入らないアイテムなど、様々なオリジナル商品を販売する「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」の前にはいつも入場待ちの長蛇の列ができています。
GUNDAM FACTORY YOKOHAMA
2階には「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」のオリジナルメニューや横浜ならではのご当地グルメ、会場限定のグッズも楽しめる「GUNDAM Café YOKOHAMA Satellite」があります。

「GUNDAM Café 」にも多くの人が並んでいたので、缶コーヒーで我慢!
「ジョージア」から「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」オリジナルデザイン缶が発売されていました。
GUNDAM FACTORY YOKOHAMA

入場者全員プレゼントで、「 RX-78 F00 ガンダム 1/200 ガンプラ」が貰えます。
入場時に渡されるので、A4サイズが折らずに入るバッグを持って行かないと、かなり邪魔になります。


GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」開催概要
開催会場:横浜港・山下ふ頭 特設会場
開催期間:2020年12月19日~2022年3月31日
開場時間:10:00~21:00 (20:00最終入場) 
  ※時期によって変更される場合あり
入場料:大人(13歳以上)1650円、小人(7~12歳)1100円
  ※6歳以下は大人1名につき3名まで無料
GUNDAM-DOCKTOWER観覧料金:大人/小人3300円 (入れ替え制。観覧にはGUNDAM FACTORY YOKOHAMA入場チケットの購入も必要)
  ※チケットは日時指定の予約制になります。
チケット販売期間など詳細は公式サイトへ。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

パスカリ(Pascali) バラ2020年12月20日 11時39分01秒

パスカリ(Pascali)
パスカリ(Pascali) バラ
作出年:1963年  作出国:ベルギー(レンズ Louis Lens )  系統: [ HT ] ハイブリッドティー

すっきりとした純白の薔薇です。
世界ばら会議の第9回イギリス・ベルファースト大会(1991年)で、7番目の栄誉殿堂入り品種として登録されました。
Copyright © 2005-2021 M-Hoshino All Rights Reserved.