Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

都市型循環式ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」2021年02月10日 11時22分28秒

横浜のJR桜木町駅前の広場に2階建ての建物が出来ました。これは、4月22日(木)に開業を予定している、最新式都市型循環式ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」の駅舎です。
都市型循環式ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」
横浜市は「移動自体が楽しく感じられるような多彩な交通」を目指し、2017年度に提案を公募し、ロープウェイを含む9案について提案した法人などと協議を続けてきました。案の中には「オンデマンドバス」の運行などすでに実施されたものもあり、ほかの案も引き続き実現を目指していくといいます。
都市型循環式ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」は、JR桜木町駅前から、運河パークにある複合商業施設「横浜ワールドポーターズ」横までの約630mを結びます。桜木町駅から赤レンガ倉庫や大さん橋、山下公園などの観光施設へのショートカットにもなります。
最大高さ40mからの絶景を眺めながら時間も短縮できるのは、大きな利点になります。

運河パーク前の運河の中に3本の支柱が立てられ、2つの駅舎の間を結びます。
都市型循環式ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

都市型循環式ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

左にある橋は「汽車道」という遊歩道です。ここを歩いても10分程で桜木町駅から運河パークまで行く事が出来ます。
「汽車道」は、1911年(明治44年)開通の旧横浜駅(現桜木町駅付近)と港(新港埠頭)を結ぶ臨港線の廃線跡を利用して造られた、横浜の歴史を感じられるプロムナードです。現在も当時のレールが残されています。汽車道に架かる3つの橋も、開通当時に架設されたアメリカ製とイギリス製のトラス橋を改修・保存しているものです。
都市型循環式ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

汽車道を歩いて運河パークまで行ってみましたが、運河パーク側の駅舎はまだ工事中でした。
都市型循環式ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

まだ建設中ですが、ゴンドラが動いていました。
えっ、こんなゴンドラで観光するの?落っこちたらどうするの! と思ったら、工事の人が乗る調整用のゴンドラでした。
都市型循環式ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

お客さんが乗るのはこちらのゴンドラのようです。車いすでも乗れるバリアフリー対応で、四方の景色が見られる近代的デザインです。8人乗りです。
都市型循環式ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

この事業を手掛けるのは「よこはまコスモワールド」を運営する泉陽興業株式会社で、ロープウェイの設置や運用にかかる費用はすべて同社が負担するとのことです。
「都心臨海部全体の回遊性向上と活性化につながる。日本初の都市部を運行するロープウェイであり、横浜の魅力を国内外に発信する施設になる」(林文子横浜市長)ということですが、景観を損ねるのではという反対もありました。

下の写真(昨年12月24日撮影)は、みなとみらい21地区のビル群と観覧車も一望できる定番のフォトスポット「万国橋」からですが、ビルにロープウェイの支柱が重なるので邪魔になります。中央あたり、ビルとビルの間の暗闇に支柱を入れてビルに支柱が重なるのを防ぐために撮影場所が限定されてしまいました。
アップで明るくして見るとロープウェイの支柱があるのが見えてしまいます。
ゴンドラは36台が稼働するので、この支柱の左右に多くのゴンドラが浮かぶことになります。ちょっと邪魔ではあります。
でも、考え方を変えれば横浜に新しい都市景観が生まれるかもしれません。その景観を生かして写真を撮るには新たな工夫が必要ですが、照明デザイナーとして私が一番好きな石井幹子(いしいもとこ)さんに照明計画を依頼しているということなので、楽しみでもあります。
石井幹子さんは、「その建築物は、都市や人々にとってどういう存在か」を探りつつ照明計画を立てるといいます。きっと、長い年月をかけて作り上げた横浜の景観を損ねるどころか、新たな美しい景観を生みだしてくれることでしょう。

観光施設なので仕方がないかもしれませんが、中学生以上片道1,000円、3歳から小学生500円という料金はリピーターを生むとは思えません。
空回りにならなければいいのですが・・・
都市型循環式ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」

「YOKOHAMA AIR CABIN」概要
開業日:2021年4月22日(木)
営業時間:10:00〜22:00
運行場所:「桜木町駅前」〜「運河パーク」間
所要時間:片道約5分
運賃(片道):大人(中学生以上)1,000円、子ども(3歳〜小学生)500円
施設概要: 全長:約630m ・最大高さ:約40m ・ゴンドラ数:36基 ・ゴンドラ定員:8名



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2021/02/10/9345799/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.