Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

シロテテナガザル(白手手長猿)2021年03月26日 11時30分30秒

長崎県佐世保市の九十九島動植物園「森きらら」で飼育されている、メスで10歳のシロテテナガザルが、単独で飼育していたにもかかわらず子ザルを抱きかかえているのを2月10日に職員が発見したということで、その謎の出産が話題になっています

シロテナガザルは霊長目、テナガザル科、テナガザル属に分類されるサルで、多くの動物園で飼育されているといいます。
枝から枝へ長い腕をつかってブラキエーション(=うでわたり)をして移動します。主に樹上でくらしていて、地上へはめったにおりません。腕が長いので「テナガザル」なのですが、シッポは無いということです。 「シロテ」はもちろん、手が白いから・・・・・


横浜市の金沢動物園にいるシロテテナガザル「ユウタロウ(♂)」です。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2021/03/26/9360743/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2021 M-Hoshino All Rights Reserved.