Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

栄誉の殿堂入りのバラ(9)ニュー ドーン(New Down)2021年05月24日 09時10分38秒

イギリスのロンドンに本拠地を置き世界37ヶ国のバラ会が加盟する、世界バラ会連合(World Federation of Rose Societies)が、3年に一度「世界バラ会議」という世界大会を開催しています。
1971年にニュージーランドで第1回大会が開催され、これまで第18回大会(デンマーク・コペンハーゲン)までが開催されています。
次回第19回大会は2022年10月にオーストラリアのアデレードで、20回大会は2025年5月に日本の福山市(広島県)で開催される予定です。
第19回大会は今年(2021年)10月に開催される予定でしたが、コロナ禍の為19回と20回の開催がそれぞれ延期されました。

世界バラ会議では、1976年の第3回大会(イギリス・オックスフォード)から、毎回1品種を「栄誉の殿堂入りのバラ」として選んでいます。 (2006年の第14回大阪大会では2品種が選ばれました)
本ブログでは、「栄誉の殿堂」入りをしたバラを、第3回大会で最初の殿堂入りをした「ピース」から、順に紹介しています。
 --------------------------------------------

今回は、第11回大会(1997年、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ)で選ばれた、「ニュー ドーン(New Down)」です。
ニュー ドーン(New Down) バラ
ニュー ドーン(New Down) 作出年:1930年 作出国:アメリカ(サマセット ローズ ナーサリーSomerset Rose Nursery.) 系統:ラージフラワード・クライマー(LCl :Large Flowered Climber)

ニュー ドーン(New Down) バラ
遅咲きの薔薇で、生田緑地ばら苑では、他の薔薇が見頃になっている5月10日には蕾がいくつかある程度でしたが、20日には一番上の写真のように多くの花が咲き誇っていました。

ニュー ドーン(New Down) バラ
淡く柔らかなピンク色の花を咲かせます。この優しい花色は、シルバーピンクや真珠色などと呼ばれています。
ニュー ドーン(New Down) バラ
半八重のカップ咲きで数輪の房咲きになり、花つきがとても良い品種です。
ニュー ドーン(New Down) バラ
花もちはあまりよくなく、咲いてから2~3日でハラハラと花びらを落としますが、他の蕾たちが次から次へと花を咲かせていきます。
ニュー ドーン(New Down) バラ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2021/05/24/9380694/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.