Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

皇族の名が付いたバラ(1)ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ( Diana, Princess of Wales)2021年06月04日 09時57分23秒

世界バラ会議で「栄誉の殿堂入り」をしたバラ(17品種)に続いて、皇族の名を冠した薔薇を順次紹介していきます。

まずはイギリスの、今は亡きダイアナ妃から・・・

ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ( Diana, Princess of Wales)
ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ( Diana, Princess of Wales) バラ
作出年:1998年 作出国:アメリカ(Jackson & Perkins Co. Keith W. Zary) 系統:ハイブリッド ティー (HT: Hybrid Tea)

ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ( Diana, Princess of Wales) バラ
もともと故ダイアナ皇太子妃に捧げられ、ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズという名前の薔薇でしたが、、現在は「ダイアナ記念基金」との契約が切れたため、エレガント・レディ(Elegant Lady)に改名されました。
ただ、バラ園などでの表記はダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズと書かれることが多いようです。
ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ( Diana, Princess of Wales) バラ
花びらの中心がクリーム色で、端へ行くほどピンク色が濃くなります。
故ダイアナ皇太子妃の暖かい人柄、気品あふれる美貌が見事に表現された、格調とぬくもりを感じる美しいバラです。
ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ( Diana, Princess of Wales) バラ

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2021/06/04/9384441/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.