Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

皇族の名が付いたバラ(9)クイーン・エリザベス ホワイト&イエロー2021年06月12日 11時03分25秒

世界バラ会議で「栄誉の殿堂入り」をしたバラ(17品種)に続いて、皇族の名を冠したバラを順次紹介しています。

世界バラ会議、第4回大会(1978年、南アフリカ共和国・プレトリア)で栄誉の殿堂入りをした「クイーン・エリザベス(Queen Elizabeth)」を以前アップしましたが、その枝変わり品種で「ホワイト・クイーン・エリザベス」と「イエロー・クイーン・エリザベス」というのがあったのでアップします。

ホワイト・クイーン・エリザベス(White Queen Elizabeth)
ホワイト・クイーン・エリザベス(White Queen Elizabeth)
作出年:1965年 作出国:イギリス(バナー Banner) 系統:グランディフローラ[Gr:Grandiflora]

イエロー・クイーン・エリザベス(Yellow Queen Elizabeth)
イエロー・クイーン・エリザベス(Yellow Queen Elizabeth)
作出年:1964年 作出国:ベルギー(フラミンク Vlaeminck) 系統:グランディフローラ[Gr:Grandiflora]

どちらもクイーン・エリザベスの枝変わりになります。
『 枝変わりとは、本来と異なる花の色や枝、葉などの形質がでたときに、 その枝を接ぎ木や挿し木で殖やして新しい色や形質が固定したら、新しい品種として発表するものをいいます。 
色でいえばピンクの花色の株から白い花が咲いたり、 木立ち性からつる性がでたり、花びら数が変わったりといろいろな場合があります。』
新型コロナウィルスの変異株みたいなものでしょうか(???)

『 』内は東京都立園芸高等学校のホームページより引用させていただきました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2021/06/12/9387123/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.