Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

ラ セビリアーナ(La Sevillana) バラ2021年08月21日 10時02分27秒

ラ セビリアーナ(La Sevillana)
ラ セビリアーナ(La Sevillana) バラ
作出年:1978年 作出国:フランス(メイアン Marie Louise  Meilland) 系統:フロリバンダ [ F: Floribunda ]

ラ セビリアーナ(La Sevillana) バラ
遠くからもよく目立つ朱赤の花が数輪の房咲きになり、株全体を覆うように咲きます。
ラ セビリアーナ(La Sevillana) バラ
耐寒・耐暑性に優れる非常に強健な品種で、栽培の手間があまりかからないため、修景バラとしても人気があります。

《北斎漫画》《冨嶽三十六景》《富嶽百景》「北斎づくし」展2021年08月21日 16時23分14秒

葛飾北斎生誕260年を記念して、北斎が森羅万象を描いた全15編の絵手本である『北斎漫画』の全883頁(ページ)、富士山を主題として描かれた大判錦絵の風景画揃物「冨嶽三十六景」全46点、初編・二編・三編の3冊に四季折々の富士山の姿を描いた絵本『富嶽百景』全102図を、全頁・全点・全図展示するという驚異的な展覧会「北斎づくし」が東京ミッドタウン(六本木)で開催されています。

『北斎漫画』ぜんぶ、「冨嶽三十六景」ぜんぶ、『富嶽百景』ぜんぶの他にも「椿説弓張月」、「新編水滸画伝」、「踊独稽古」などの作品が展示され、北斎が全身を包み込むような感覚が迫ってきます。


『北斎漫画』展示風景  床から天井まで「北斎づくし」です。



『北斎漫画』「冨嶽三十六景」をはじめとする、展示作品の高精細アーカイブデータを用いた、超没入シアター「Digital Hokusai」。
和紙製の縦型スクリーンと、壁面そのものを使った大型スクリーンに、展示作品から飛び出した図像が登場。ユニークな動きで、北斎が描いた江戸の世界へ誘います。


「椿説弓張月」、「新編水滸画伝」、「踊独稽古」などの展示風景



『富嶽百景』展示風景




展覧会公式図録は、なんと! 超大判の新聞紙サイズです。
夕刊紙などのタブロイド判ではなく、朝日新聞や読売新聞のようなブランケット判サイズで、縦546ミリ×横406ミリもあります。
本展覧会に出展される全作、全編、全頁を完全収録したコンプリート版です。
縦546ミリ×横812ミリの用紙を2つ折りにしてスクラム製本(綴じなし製本)していて、全40ページになります。
朝刊を読んでいるのとまったく同じ感覚で読めるのですが、折れてしまわないように読むにはちょっと気を使います。
見開き面には「神奈川沖浪裏」が特大サイズで現れました。
扱いにくいのですが、他に類を見ないおもしろい構成の図録です。
大きすぎるので、販売時には丸めてビニールの筒に入れてあって、購入すると細長い袋に入れてくれます。さすがに袋は無料でした。(今ではミュージアムショップでも袋が有料の所が大半です)


余談ですが、富嶽百景には普通に「富」を使うのに、冨嶽三十六景では上に点が無い「冨」という字を使います。
「富」でも「冨」でもどちらでも良いようですが、美術展や美術書などの表記では、殆ど上に点の無い「冨」を使っています。これは、落款に「冨嶽三十六景」と書かれているからです。
因みに、富嶽百景の表紙には上に点のある「富」が使われています。


北斎づくし」開催概要
開催会場:東京ミッドタウン・ホール (東京ミッドタウン B1)
開催期間:2021年7月22日(木・祝)~9月17日(金)
休館日:8月10日(火)、8月24日(火)、9月7日(火)
開催時間:11:00~19:00 (最終入場 18:30)
観覧料金:一般 ¥1,800、 大学生・専門学校生 ¥1,200、 高校生・小中学生 ¥900
会場で購入できる当日券も用意していますが、入場人数の制限がありますので、日時指定券を購入したほうが確実です。


「北斎づくし」開催期間中の9月17日(金)までに東京ミッドタウン(六本木)で税込5,000円以上買い物をすると、「『北斎づくし』 × 東京ミッドタウン 限定コラボトランプ」が貰えます。
配布期間によって「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」(大波)ver. 「冨嶽三十六景 凱風快晴」(赤富士)ver. 『北斎漫画』ver.があります。配布条件やデザインについては公式サイトにて確認して下さい。
東京ミッドタウン日比谷は対象外です。


「北斎づくし」とコラボした限定メニューで、「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」を表現した「北斎鱧すし」という料理を提供しているというので、「宮川町 水簾」へ行ってみたのですが、コラボメニュー「北斎鱧すし」は予約が必要だと言われました。この時期でも、鱧(はも)は入手しにくいということです。

宮川町 水簾」は、京都の宮川町に本店がある会席料理店です。
折角行ったので、何か京料理らしいものをと思い、一番人気だという「京ちらし重」というのをいただくことにしました。
10%税込で2,860円と、お店の風格からすればかなり安い値段です。メニューの中でも一番安い品でした。(サービス料10%が加算されます)

で、全然期待していなかったのですが、出された料理を見るとかなりのボリュームです。
味噌汁は甘みと旨みが強い京都の白味噌です。大きなお椀にたっぷりと入っていましたが、あまりに美味しいのでお代わりを貰ってしまいました。(お代わりも出来ますと言ってくれたからですよ。でも、「あの人、ほんまにお代わりしはったわぁ」とか思われてたりして。)

美味しい!

天ぷらと、デザートも付いていました。 鱧の天ぷらも入っています。

コラボメニュー「北斎鱧すし」は、今度予約をして食べにこよう。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2021 M-Hoshino All Rights Reserved.