Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

ジプシー ボーイ(Gipsy Boy) バラ2021年10月17日 10時11分16秒

ジプシー ボーイ(Gipsy Boy) バラ
ジプシー ボーイ(Gipsy Boy) バラ
作出年:1909年 作出国:ハンガリー(ルドルフ Rudolf Geschwind ) 系統:ブルボン [ B: Bourbon]

上の写真で赤い花と紫色の花がありますが、花色は濃赤色から咲き進むにつれて赤紫色へと変化します。
ジプシー ボーイ(Gipsy Boy) バラ

つる状に伸びる丈夫な品種ですが、開花は春のみの一季咲きです。
秋には下の写真のようなオレンジ色のローズヒップ(果実)を実らせます。
ジプシー ボーイのローズヒップ



「ブルボン」という系統はあまり聞き慣れないのですが、日本のお菓子メーカー「ブルボン(BOURBON)」ではありません。 でも、名前の由来に関連はあります。

お菓子メーカー「ブルボン」の公式サイトによると
『弊社では昭和20年代に、マダガスカル島の近くにあったブルボン島(現在のレ・ユニオン島)で 採れる良質なコーヒー豆を使いインスタントコーヒー・ブルボンコーヒーという商品名で製造販売していたことがありました。その後、洋菓子の製造販売が増加したことから、洋菓子の上品さと製品の良質さをイメージでき、 覚えやすさのあるブランド名として、「ブルボン」という商標を当時の社名 「北日本食品工業株式会社」と 併用して使用するようになりました。 さらに、平成元年6月に、社名とブランド名を統一し現在の「株式会社ブルボン」に社名を変更致しました。』 とあります。
(『 』内は原文のまま引用)

バラのブルボン系統も、1800年代にフランスの植民地・ブルボン島(現在のレ・ユニオン島)で発見された「ローズ・エドワード」という品種を親とするバラが、ブルボン系統といわれています。

ブルボン島の名は、1642年に “ブルボン朝”第2代のフランス国王・ルイ13世によって命名されました。

「Bourbon」は、ハンガリー語やフランス語では「ブルボン」のように発音しますが、英語の発音では「バーボン」と表します。
アメリカのケンタッキー州で作られる「バーボン・ウイスキー」のバーボンですが、このバーボンという名前もフランスの “ブルボン朝” に由来します。アメリカ独立戦争の際に “ブルボン朝” がアメリカ側に味方したことに感謝し、後に合衆国大統領となるトーマス・ジェファーソンがケンタッキー州の郡のひとつを「バーボン郡」と名づけました。バーボン・ウイスキーの誕生地としてよく知られています。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2021/10/17/9432713/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2021 M-Hoshino All Rights Reserved.