Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

L.D.ブレイスウェイト(L.D.Braithwaite) バラ2021年10月26日 15時41分38秒

L.D.ブレイスウェイト(L.D.Braithwaite) バラ
L.D.ブレイスウェイト(L.D.Braithwaite) バラ
作出年:1988年 作出国:イギリス(オースチン David Austin ) 系統:イングリッシュローズ[ ER: English Rose]、(シュラブ [ S:Shrub ])

L.D.ブレイスウェイト(L.D.Braithwaite) バラ
この花色、クリムゾンレッドというそうです。色名としては「クリムゾン」だけでこの赤色を指しますが、薔薇の色としては分かりやすいように「クリムゾンレッド」というようです。
明るく鮮やかだけど濃い赤色で、少し紫色がかりますが、ワインレッドよりも紫色が薄い色合いになります。
最初は大輪のカップ咲きで、開いていくうちに幅が広く美しいロゼット咲きになり、次から次へとたくさんの花をつけます。

花名の「L.D.ブレイスウェイト」は、作出者(デビッド・オースチン)の義理のお父さんである 「レオナルド・ダッドリー・ブレイスウェイト(Leonard Dudley Braithwaite)」から。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2021/10/26/9435191/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2021 M-Hoshino All Rights Reserved.