Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

帆船・日本丸(2代目)横浜へ入港2021年10月30日 15時45分17秒

海技教育機構が保有する航海練習船「日本丸」が昨日(10月29日)横浜港に入港してきました。
横浜ベイブリッジの下を通っていきます。
横浜ベイブリッジの下を行く帆船日本丸
背後の緑と青の船は、大黒埠頭に停泊している自動車運搬船です。

横浜へ入港する帆船日本丸(2代目)
左の端の橋は、首都高速湾岸線の大黒埠頭と扇島を結ぶ、「鶴見つばさ橋」です。

この「日本丸」は、初代日本丸の後継として、1984年(昭和59年)に就航した航海練習船で、「日本丸2世」になります。
退役した初代日本丸は現在「日本丸メモリアルパーク」に係留展示されています。

横浜へ入港する帆船日本丸(2代目)
2隻のタグボートがぴったりと寄り添ってエスコートしています。
新日本海洋社のタグボートで、前にいるのが「白馬(HAKUBA)」、後ろが「穂高(HODAKA)」という同型船(総トン数:192トン)です。
横浜へ入港する帆船日本丸(2代目)
急角度で左に旋回する為、ロープで引っ張っています。このまま直進して「横浜港大さん橋国際客船ターミナル(大さん橋)」に右舷着岸します。

帆船日本丸(2代目)
日本丸(2世)は、総トン数2,570トン、全長110.09m、幅13.8m、マスト高約50mで、最大搭載人員は190人(内実習生定員は120人)です。

船首に付けられたフィギアヘッド(船首像)は、「藍青(らんじょう)」と呼ばれる女神像です。樹齢約300年のケヤキの木で作られ、全長は2.4メートルもあります。
帆船日本丸(2代目)


昨日、「横浜港大さん橋国際客船ターミナル(大さん橋)」には「飛鳥Ⅱ」も接岸しました。
3隻の船は左から横浜港観光船(クルーズ&レストラン船)「ロイヤルウイング」、大型クルーズ客船「飛鳥Ⅱ」、練習帆船「日本丸(2世)」で、左の一番高いビルは「横浜ランドマークタワー」です。

飛鳥Ⅱと日本丸。飛鳥Ⅱの向こうに横浜ランドマークタワーが顔を出しています。
帆船日本丸(2代目)

帆船日本丸(2代目)

「日本丸(2世)」は神戸港をメインに行動しており、たまに東京(有明)や横浜へも来るようです。
11月2日(火)10時に名古屋へ向けて出航し、11月19日(金)9時45分頃に又、横浜に寄港する予定です。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2021/10/30/9436235/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2021 M-Hoshino All Rights Reserved.