Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

幸運・金運を呼ぶ?金魚の展覧会@上野の森美術館2022年01月03日 12時41分29秒

江戸時代から庶民の愛玩物として親しまれ、風水では色によって幸運や金運を呼ぶといわれている金魚。
その金魚に特化して描き続ける現代美術家・深堀隆介氏の展覧会「深堀隆介展『金魚鉢、地球鉢。』」が、上野の森美術館で開催されています。
深堀隆介展『金魚鉢、地球鉢。』

透明樹脂にアクリル絵の具で金魚を断面的に描き、何層も重ねることで本物と見まごう立体的でリアルな姿を作り出す、“2.5Dペインティング(積層絵画)”という斬新な手法は、絵画でありながら圧倒的な立体感と躍動感を生みだし、まるで生きているような金魚が表現されています。

開会前日に会場内にてライブペインティングで描かれた最新作「緋照(ひしょう)」です。
深堀隆介展『金魚鉢、地球鉢。』

酒桝や碗、空き缶、机の引き出しの中など、自由な空間に漂う、永遠の命を宿した“深堀金魚”が館内を泳ぎ回ります。

深堀隆介展『金魚鉢、地球鉢。』


深堀隆介展『金魚鉢、地球鉢。』

深堀隆介展『金魚鉢、地球鉢。』

大型インスタレーション「僕の金魚園」では、昔懐かしい金魚すくいの風景が再現されています。
深堀隆介展『金魚鉢、地球鉢。』

深堀隆介展『金魚鉢、地球鉢。』

今年は金魚を飼って運気をアップさせるのも良いかもしれませんね。
「叶わぬ時の金魚頼み」です。


開催会場:上野の森美術館
開催期間:2021年12月2日(木)〜2022年1月31日(月)
休館日:2021年12月31日(金) 、2022年1月1日(土)
開館時間:10:00〜17:00 (最終入場時間 16:30)
観覧料:一般1,600円 高校・大学生1,300円 小・中学生800円
 ※当日チケットの会場販売あり。WEBチケットは公式サイトのこちらから。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

上野東照宮2022年01月03日 18時44分13秒


上野東照宮

テレビ朝日の「博士ちゃん」で「上野東照宮」を放送しているので、写真をアップしてみました。(18:30~21:00放送)
上野東照宮は、徳川家康(東照大権現)・徳川吉宗・徳川慶喜が祀られている、国の重要文化財です。
寅年の今年は特に、ここに初詣をすると強運が得られるんだとか・・・
2022年は上野東照宮の御祭神、徳川家康公の生まれ年とおなじ壬寅(みずのえとら)で、60年に一度の記念すべき年なんだそうです。

上野東照宮公式ホームページはこちら
Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.