Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

フロリック(Frolic) バラ2022年03月03日 07時02分38秒

フロリック(Frolic)
フロリック(Frolic) バラ
作出年:1953年 作出国:アメリカ(スイム Herbert C. Swim ) 系統:フロリバンダ [ F: Floribunda ]

フロリック(Frolic) バラ
ブライトピンクの半八重平咲きで大きなスプレー咲きになり、花壇を賑やかに彩ります。
フロリックは英語で「浮かれさわぎ」「陽気な集まり」という意味があります。 名前のように、房状にたくさんの花が咲く華やかな薔薇です。

フェルメールの絵にキューピッドが出現?2022年03月03日 17時03分11秒

上野の東京都美術館で「ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展」が開催されています。

本展では、古典絵画館が所蔵するレンブラント、メツー、ファン・ライスダールなどオランダ絵画の黄金期を彩る珠玉の名品から絵画・版画 約70点が来日しました。

本展の目玉は何といってもフェルメールの《窓辺で手紙を読む女》です。
この作品の手紙を読んでいる女性の背後の壁にキューピッドの画中画が隠されていることは、1979年、サンフランシスコでの展覧会に出品された際に行われた×線調査で判明していました。
ただ、長い間 このキューピッドの画中画に上塗りをして消したのは、フェルメール本人だと考えられていたんです。

しかし、2017年からの修復作業の中で、キューピッドが消されたのは絵が描かれてから少なくとも数十年後であることが判明し、この絵が描かれて17年後に亡くなったフェルメール自身の手によるものではないことが分かりました。

本展のチラシです。
このチラシの右半分が右側へめくれるようになっています。
右半分をめくるとキューピッドが描かれた絵が現れます。告知用のチラシにしては手が込んでいます。

キューピッドが上塗りされた理由は分かっていませんが、この絵がドレスデンのコレクションに加わった際の手紙には「レンブラント作」とされていたということです。
当時はフェルメールは知名度が低く、レンブラント作の方が作品の価値があったので、レンブラントの作品に似せるためにキューピッドを消してしまったのかもしれませんね。所有者の好みや、画風の流行のせいで消されてしまったのかもしれません。

2018年2月に全ての上塗り層を取り除く「修復プロジェクト」が始まりました。
そして、2021年9月に長い修復作業を終えて、画家が描いた当初の姿が所蔵館(ドレスデン国立古典絵画館)でお披露目されたのです。
所蔵館以外での公開は、本展が世界初となります。

ヨハネス・フェルメール 《 窓辺で手紙を読む女 》 1657–59年頃 油彩、カンヴァス

この絵では「愛の神キューピッド」が、弓を杖のように地面に立て、左手を掲げる姿が描かれています。
キューピッドが描かれていることにより、女性が読んでいる手紙が恋愛に関する手紙であることが暗示されますが、よく見るとこのキューピッドは仮面を足で踏みつけています。
《ヴァージナルの前に立つ女》という作品にも同じようなキューピッドの画中画が描かれていますが、こちらには仮面はありません。この仮面が何を意味するのか?・・・興味は尽きません。

ポスターやチラシなど、フェルメールの 《 窓辺で手紙を読む女 》にだけ焦点が当てられていますが、
  レンブラントとオランダの肖像画
  複製版画
  レイデンの画家―ザクセン選帝侯たちが愛した作品
  《窓辺で手紙を読む女》の調査と修復
  オランダの静物画―コレクターが愛したアイテム
  オランダの風景画
  聖書の登場人物と市井の人々
と、7つの章から構成され、17世紀のフェルメールが活躍した時代のオランダ絵画を様々な面から見つめなおした展示になっています。


図録の表紙も 《 窓辺で手紙を読む女 》ですね。
左が修復前、右が修復後ですが、修復時に変色した古いニスが剝がされたため、色調も少し鮮やかになりました。



開催会場:東京都美術館 企画展示室
開催期間:2022年2月10日(木)~4月3日(日)
休室日:月曜日、3月22日(火)  ※3月21日(月・祝)は開室
開室時間:9:30~17:30 ※入室は閉室の30分前まで
夜間開室:金曜日は9:30~20:00 ※入室は閉室の30分前まで
観覧料: 一般 2,100円 / 大学生・専門学校生 1,300円 / 65歳以上 1,500円
  ※本展は日時指定予約制です。
  ※高校生以下は無料(日時指定予約が必要です)
  ※18歳以下(2003年4月2日以降生まれ)は無料(日時指定予約が必要です)
  ※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料(日時指定予約は不要です)
  ※未就学児は日時指定予約不要です
  ※学生、18歳以下、65歳以上、各種手帳をお持ちの方は、証明できるものの提示が必要です

詳細は展覧会公式サイトをご覧ください。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.