Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

水産大学校の練習船「天鷹丸」横浜入港2022年04月16日 21時02分52秒

下関にある水産大学校の練習船「天鷹丸(てんようまる)」が今日の12時30分頃、横浜に入港してきました。
水産大学校の練習船「天鷹丸(てんようまる)」

横浜ベイブリッジの下をくぐってきます。紅白の船は大黒ふ頭に停泊している「POLARIS HIGHWAY」という自動車運搬船です。
水産大学校の練習船「天鷹丸(てんようまる)」

向こうの橋は「鶴見つばさ橋」、手前の船は観光船「マリーン ルージュ」です。
水産大学校の練習船「天鷹丸(てんようまる)」

赤灯台(横浜北水堤灯台)の前を通過していきます。東京湾内最古の現役灯台です。
水産大学校の練習船「天鷹丸(てんようまる)」

未明に降っていた雨も上がって、青空が見えてきました。
横浜港

船首の向こう、遠くの方に東京スカイツリーが見えます。 (写真をクリックして拡大して下さい)
水産大学校の練習船「天鷹丸(てんようまる)」

横浜港大さん橋国際客船ターミナル(大さん橋)には「飛鳥Ⅱ」が停泊しています。「天鷹丸」はその後ろに着岸します。
水産大学校の練習船「天鷹丸(てんようまる)」

横浜・みなとみらい21地区の高層ビル群が「天鷹丸」をを迎えます。手前にある茶色い建物は「横浜赤レンガ倉庫」です。
水産大学校の練習船「天鷹丸(てんようまる)」

水産大学校」は、水産庁が所管する国立研究開発法人水産研究・教育機構が設置・運営する教育訓練施設です。 「耕洋丸」、「天鷹丸」という2隻の練習船を所有しています。
本船は「天鷹丸」としては4代目になり、三菱重工業(株) 下関造船所で建造され、2017年10月31日に竣工しました。
国内総トン数は995トン、国際総トン数は1,354トン、全長64.67メートル、全幅11.90メートルで、「耕洋丸」よりも小型になります。
「天鷹丸」は、主に水産大学校の学生を乗船させ、所定の学科目の教授、実習の指導や水産に関する調査・研究を行っています。

横浜港大さん橋国際客船ターミナルの「天鷹丸」と「飛鳥Ⅱ」です。「飛鳥Ⅱ」、やっぱり大きいですね。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2022/04/16/9482348/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.