Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

上野動物園プレーリードッグの赤ちゃん2022年05月19日 18時55分18秒

上野動物園にいる オグロプレーリードッグ の赤ちゃんがかわいいと、人気を呼んでいます。
上野動物園のプレーリードッグの赤ちゃん
プレーリードッグは、北米の草原で巣穴を掘って生活をする齧歯類(ネズミのなかま)で、リス科プレーリードッグ属の小動物です。
上野動物園でも毎年、放飼場の土の中に掘った巣穴の中で出産します。赤ちゃんは毛のない状態で生まれ、そのまま1ヶ月から1ヶ月半前後を巣穴の中で過ごし、ある程度成長すると放飼場に出てきます。

上野動物園のプレーリードッグの赤ちゃん

まだ、お母さんのおっぱいを飲んでいるようです。

上野動物園のプレーリードッグの赤ちゃん

上野動物園のプレーリードッグの赤ちゃん

プレーリードッグにも種類がありますが、オグロプレーリードッグは最も一般的な種で、日本で「プレーリードッグ」という場合は、基本的にオグロプレーリードッグを指します。
その名の通り、尾が黒いのが特徴です。
上野動物園のプレーリードッグの赤ちゃん

上野動物園のプレーリードッグの赤ちゃん

来園者の「かわいい~!!」という歓声に驚くこともなく、放飼場で青草を食べたり、遊びに夢中になったりして元気に動き回っています。

上野動物園のプレーリードッグの赤ちゃん


上野動物園のプレーリードッグの赤ちゃん



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2022/05/19/9492038/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.