Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

国営昭和記念公園のサギソウ(鷺草)2022年08月11日 15時41分47秒

国営昭和記念公園で、「サギソウ涼み2022」というイベントが開催されています。
サギソウ(鷺草)
公園内の、西立川口ゲート近く  さざなみ広場  花木園菖蒲田  渓流上流部など、各所にサギソウが自生あるいは展示されています。

サギソウ(鷺草)

サギソウ(鷺草)は、ラン目、ラン科、サギソウ属の多年草です。
サギソウ(鷺草)

日本では本州、四国、九州の湿地に自生しますが、乱獲や生育環境の破壊により現在では自生のものを見る機会は少なく、環境省のレッドリストでは準絶滅危惧種に指定されています。
サギソウ(鷺草)

白鷺(シラサギ)が羽を広げたような姿の、純白の花を咲かせるので「サギソウ(鷺草)」の名が付きました。
花びらのうち、唇弁(しんべん)は大きく3つに分かれ、中央の中裂片は披針形(ひしんけい)、両側の側裂片は扇形でその縁に細かい切れ込みが入ります。この側列片が白鷺の羽のように見えます。
文章では分かりにくいので、図にしてみました。
サギソウ(鷺草)
距(きょ)は、花冠の基部が後ろに飛び出たもので、サギソウの場合は3~4cmと長く垂れ下がります。この末端に蜜が溜まります。


開催場所:国営昭和記念公園 (西立川口ゲート近く  さざなみ広場  花木園菖蒲田  渓流上流部)
開催期間:7月30日(土)~8月21日(日)
休園日:開催期間中無休
開催時間:10:00~15:00(開園時間とは異なります)
参加費:無料(別途入園料が必要です)



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2022/08/11/9516888/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.