Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

昭和記念公園のサンゴジュ(珊瑚樹)2022年08月18日 17時17分17秒

国営昭和記念公園に真っ赤な花が咲いた大きな木がありました。
サンゴジュ(珊瑚樹)

近付いてみると花ではなく、赤い実が生っているようです。サンゴジュの大木です。
サンゴジュ(珊瑚樹)

サンゴジュ(珊瑚樹)は、6月頃に咲く花の色は白色ですが、夏から秋にかけて真っ赤な実をたくさん付けます。果軸まで赤くなって珊瑚のように見えるので、珊瑚樹(サンゴジュ)という名が付きました。
サンゴジュ(珊瑚樹)

サンゴジュは、マツムシソウ目、レンプクソウ科、ガマズミ属に属する常緑広葉樹で、大きいものは樹高20メートル位まで成長するということです。
火をつけても燃えにくいため、高さ2~4メートル位にして、生け垣や庭木(防火樹・防風樹・防音樹)として利用されることが多いようです。
サンゴジュ(珊瑚樹)
赤朱色の鮮やかな色をしていますが、秋が深まるにつれて黒く熟していきます。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2022/08/18/9518703/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.