Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

横浜市港湾局の港務艇 4艇2022年09月14日 15時35分24秒

横浜市港湾局の船舶係留場所です。
左に少しだけ見えるのが「おおとり」、その右が「ひばり」、右に2艇同じ形の双胴船が係留されていますが手前が「パトロール02」、奥が「パトロール01」です。

横浜市港湾局の港務艇とパトロー艇は、海上・岸壁や周辺河川を巡視し、航路上の油流出や漂流物の発見、不法係留の抑止、不法行動への注意などの活動をしています。

横浜市港湾局のパトロール艇「パトロール01」です。
横浜市港湾局のパトロール艇01
双胴になっているので、安定した走行ができます。25ノット(約46km/h)の速度が出る高速艇です。
横浜市港湾局のパトロール艇01

横浜市港湾局のパトロール艇01


パトロール艇「パトロール02」です。01と同型です。
横浜市港湾局のパトロール艇02

向こうの「ROYAL WING」は、横浜港の観光・レストラン船です。
横浜市港湾局のパトロール艇02

向こう岸は、米陸軍・海軍の施設「横浜ノース・ドック(ノース・ピア)」です。
横浜市港湾局のパトロール艇02


横浜市港湾局の港務艇「ひばり」です。
海上保安庁施設に、巡視船「PLH32 あきつしま」が停泊しています。
横浜市港湾局の港務艇「ひばり」

後方の灯台は「横浜北水提灯台(よこはまきたすいていとうだい)」といい、1896(明治29)年5月の初点灯以来126年間横浜に出入りする船を見守ってきました。東京湾最古の灯台として、今でも光を灯しています(LEDですが)。
横浜市港湾局の港務艇「ひばり」

遠くに東京スカイツリーが見えます。直線距離で32km離れていますが、高さが634mって、やっぱり相当高いんですね。
横浜市港湾局の港務艇「ひばり」


横浜市港湾局の港務艇「おおとり」です。
横浜市港湾局の港務艇「おおとり」

横浜市港湾局の港務艇「おおとり」



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2022/09/14/9525924/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.