Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

漁業取締船「照洋丸」横浜入港2022年09月15日 17時40分07秒

午前8時過ぎ、水産庁・漁業取締本部所属の漁業取締船「照洋丸(SHOYO MARU)」が横浜へ入港してきました。

後方のグレーの船は、アメリカ海軍の軍事海上輸送司令部に所属する補給給油艦「USNS Tippecanoe(ティピカヌー)」です。その右に横浜市の風力発電所「ハマウイング」が見えます。
漁業取締船「照洋丸(SHOYO MARU)」

この「照洋丸(SHOYO MARU)」は、1956年竣工の「初代」、1972年竣工の「2代」の後継として1998年に竣工した「3代目 照洋丸」になります。
就航当初は漁業調査船でしたが、2014年に漁業取締船に転用されました。
水産庁・漁業取締本部所属の漁業取締船「照洋丸(SHOYO MARU)」

水産庁の公表値で、総トン数:2,183トン(国際総トン数:2,553トン)、全長:87.60メートル、型幅:14.00メートルになります。
漁業取締船「照洋丸(SHOYO MARU)」
船首の向こうに見える船は海上保安庁の巡視船「PLH32 あきつしま」です。その後方はみなとみらいのビル群です。一番背の高いビルが「横浜ランドマークタワー」です。


船体に大きく「FISHERIES INSPECTION」と書かれています。相手に取締船だと認識させるためでしょうか。
「INSPECTION」は普通「検査」と訳されますが、「FISHERIES INSPECTION VESSEL」だと「漁業取締船」という意味になるようです。
本船は、日本周辺水域等において、違法な操業及び漁具の設置を行う外国漁船等の指導・取締を行うことを目的としています。
漁業取締船「照洋丸(SHOYO MARU)」

水産庁漁業取締本部配属だからでしょうか、定繋港(船籍港)は東京になっています。
漁業取締船「照洋丸(SHOYO MARU)」

横浜港大さん橋国際客船ターミナル(大さん橋)に着岸しました。
漁業取締船「照洋丸(SHOYO MARU)」

大さん橋の向こうに、横浜ベイブリッジの主塔が顔を出しています。
漁業取締船「照洋丸(SHOYO MARU)」



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2022/09/15/9526175/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.