Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

金沢自然公園の白花彼岸花(白花曼殊沙華)2022年09月23日 09時01分31秒

金沢自然公園の遊歩道に「白花彼岸花(白花曼殊沙華)」が咲いていました。
白花彼岸花(白花曼殊沙華)
白花彼岸花(白花曼殊沙華)

ヒガンバナ(彼岸花)は、キジカクシ目、ヒガンバナ科、ヒガンバナ属の多年草です。
曼珠沙華(マンジュシャゲ)といわれる場合も多く、普通の赤いヒガンバナは学名からリコリス・ラジアータとも呼ばれます。
白花彼岸花(白花曼殊沙華)

何故「白花」になったのかは諸説あります。遺伝学が専門の奈良女子大学の鈴木孝仁先生の見解が、日本植物生理学会のサイトにありましたので、興味のある方はご覧ください。(こちら
白花彼岸花(白花曼殊沙華)

彼岸花はやっぱり赤い色がしっくりきますね。

金沢動物園のコアラ2022年09月23日 14時44分01秒

オーストラリアからコアラが初来日した1984~85年頃に起きた「コアラブーム」を記憶している人は少ないと思いますが、現在、日本でコアラが見られる動物園は7園しかありません。
北から、
埼玉県「埼玉県こども動物自然公園」(東松山市)
東京都「多摩動物公園」(日野市)
神奈川県「金沢動物園」(横浜市)
愛知県「東山動植物園」(名古屋市)
兵庫県「神戸市立王子動物園」(神戸市)
兵庫県「淡路ファームパーク イングランドの丘」(南あわじ市)
鹿児島県「鹿児島市平川動物公園」(鹿児島市)
です。
以前は、沖縄こどもの国と大阪市天王寺動物園でも飼育していましたが、死亡したり譲渡したりで今はいません。

その中の一つ、金沢動物園にいるコアラです。
金沢動物園のコアラ
金沢動物園では5頭のコアラが飼育されています。
メスの ぼたん、コハル、たんぽぽ、ひなぎく と、オスのチャーリーです。ひなぎくは、昨年12月に生まれました。
金沢動物園のコアラ
コアラの展示室は前面がガラス張りになっていて、木の上に登ったコアラを間近に見ることができます。
金沢動物園のコアラ

コアラは一日のうち18~20時間を眠って過ごすといいます。もっとも活動的になる時間は早朝と夕方だそうです。
金沢動物園のコアラ
昼前に行ったのですが、寝ていたり、起きていても今にも寝てしまいそうな状態で木につかまっていました。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.