Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

アオバネ ワライカワセミ2022年10月07日 17時33分53秒

横浜の金沢動物園にいた「アオバネ ワライカワセミ」です。
アオバネワライカワセミ
ブッポウソウ目、カワセミ科の鳥で、カワセミより大きく、ワライカワセミより少し小さいくらいの大きさです。嘴(くちばし)が大きく、ちょっと頭でっかちに見えます。
アオバネワライカワセミ
遠目には目つきが悪いように見えますが、それは目の周りの毛並のせいで、近くで見るとクリッとしたつぶらな瞳をしています。
アオバネワライカワセミ
鳴き声がヒトの笑い声に似ていることから「ワライカワセミ」といい、尾羽がきれいな青い色をしているので「アオバネ」が付きます。肩の部分の羽も、ワライカワセミよりもきれいな青い色をしています。
英名でも「Blue-winged kookaburra(青い翼のワライカワセミ)」といいます。
アオバネワライカワセミ
私がいるときは後ろを向いてくれなかったので、尾羽の写真が撮れませんでしたが、尾羽が青いのはオスで、メスは尾羽が茶色い縞模様になるということです。
アオバネワライカワセミ
この大きい嘴(くちばし)に餌をくわえ、生きた魚をいやというほど止まり木などに叩きつけてから食べるそうです。
嘴が丈夫じゃなきゃ、やってられまへんわな。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2022/10/07/9531531/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.