Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

D51型蒸気機関車 「D51 296」2023年10月03日 11時04分40秒

府中市郷土の森公園内の交通遊園に保存されている、D51型蒸気機関車「D51 296」です。
D51型蒸気機関車 「D51 296」
D51型蒸気機関車は、1936年(昭和11年)から戦後まで1000台を超す車両が製造され、「デゴイチ」の愛称と共に蒸気機関車の代名詞になっています。
蒸気機関車を「エスエル(SL)」と呼ぶのは、「Steam Locomotive」の略です。
D51型蒸気機関車 「D51 296」

この「D51 296」は1939年(昭和14年)に川崎車両(株)が製造し、30年余りにわたって約242万キロメートルを走行した後、1972年(昭和47年)3月に引退したものです。
D51型蒸気機関車 「D51 296」
同年12月に国鉄(当時)から貸与を受けてこの場所に展示されました。
D51型蒸気機関車 「D51 296」

1928年に制定された形式称号規程により、D51の「D」は動軸数を表します。
「D」は動軸数(横から見た駆動輪の数)が4、「C」だと動軸数が3になります。
D51型蒸気機関車 「D51 296」

「51」は機関車の種類を表す形式番号で、50から99は「テンダー機関車」を表します。テンダー(炭水車)とは蒸気機関車が使用する燃料(主に石炭)や水を積載した車両(下の写真)で、これを装備した機関車を「テンダー機関車」といいます。
「296」は、同一形式内の製造番号です。
D51型蒸気機関車 「D51 296」
「D51 296」は、動軸数4軸の炭水車(テンダー)付きの蒸気機関車で、同形式の中で296番目に製造された車両であることを表します。

公園の中(入園無料)で一般開放されているからか保存状態は悪く、計器類は壊されたものが目立ちます。
D51型蒸気機関車 「D51 296」

この他、EB10形電気機関車の一号機「EB10 1 」や、路線バス、消防自動車、都電6000型(下の写真)などが展示されています。
6000型都電 「6191」



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

沈む太陽2023年10月03日 21時34分21秒



Copyright © 2005-2024 M-Hoshino All Rights Reserved.