Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

立川飛行場のヘリコプター2024年04月23日 19時03分59秒

立川飛行場は、1945年(昭和20年)から1977年(昭和54年)まで「米軍立川飛行場」として在日米軍の空軍基地となっていました。その前は「立川陸軍飛行場」として使用されており、現在は「立川飛行場」として自衛隊や各官公庁のヘリコプターが運用されています。この地は陸上自衛隊立川駐屯地の一部になります。

国営昭和記念公園は米軍立川飛行場が返還された跡地に作られた国営公園で、立川飛行場から飛び立つヘリコプターを眺めることができます。
公園内を花を見ながら歩いている間に、いろいろなヘリコプターが飛んでいきました。

東京消防庁の「JA14TD (AW139) ちどり」です。
東京消防庁 JA14TD (AW139) ちどり
アグスタウエストランド社(Agusta Westland NV) 製造の「AW139」という機体を使っています。
プラット・アンド・ホイットニー社(Pratt & Whitney)のエンジンを搭載し、最大速度は306km/h、航続時間は5時間13分になります。
2017年から運用されています。
JA14TD (AW139) ちどり

東京消防庁の「JA24HB (AW189) ひばり」です。
東京消防庁 JA24HB (AW189) ひばり
アグスタウエストランド社製造の「AW189」という機体です。
イギリスとイタリアに拠点を置くアグスタウエストランド社は、ドイツのレオナルド社(Leonardo S.p.A.)の子会社になったため、「レオナルド AW189」という場合もあります。同じ会社の設計なので「AW139」とよく似ています。
ゼネラル・エレクトリック社のエンジンを使用し、最大速度は313km/h、航続時間は6時間11分になります。2020年から運用されている、東京消防庁が運用している8機のヘリコプターの中では、一番新しい機体です。
東京消防庁 JA24HB (AW189) ひばり

ドクターヘリが飛んでいました。 日本法人所有の「H135 (JA840H) 」という機体で、機体上部に「HIRATA GAKUEN」と記されているところから、ドクターヘリ運航を主体に教育・チャーター・遊覧飛行・航空コンサルタント・航空機格納、整備・航空機ハンドリングサービス等を行う「ヒラタ学園」が運航しているようです。
ドクターヘリ Airbus Helicopters H135 (JA840H)
エアバス・ヘリコプターズ(Airbus Helicopters)のH135という機種です。

陸上自衛隊のヘリコプターも飛んでいました。
逆光で機種コードが識別できませんが、UH-1J のようです。ベル・エアクラフト社の UH-1 Iroquois(愛称ヒューイ)を、日本では富士重工業(現:SUBARU)が、アメリカからのライセンス生産として自衛隊仕様の改良型 UH-1J の製造を行っています。
陸上自衛隊のヘリコプター
陸上自衛隊のヘリコプター
陸上自衛隊のヘリコプター
自衛隊のヘリコプターは、メインローターのブレードが2枚しかないものがあるんですね。
2枚ブレードでは、ベル・エアクラフト社製のヒューイと呼ばれる「UH-1 Iroquois・イロコイ」の他、コブラと呼ばれる「AH-1 Cobra・コブラ」が有名です。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策の為よろしくお願いします。

日本語50音の最初の文字は? 答えは「 あ 」です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hoshino.asablo.jp/blog/2024/04/23/9678350/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright © 2005-2024 M-Hoshino All Rights Reserved.