Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

「えぼし」の日替わり小鉢膳2015年03月09日 23時39分43秒

久し振りに、ららぽーと横浜のフードコート「FOURSYUN(フォーシュン)」でランチです。
フードコートとは言っても、有名店が軒を揃え、高級でゆったりとした雰囲気があります。
注文も普通のフードコートのように各店の前に並ぶのではなく、オーダーカウンターで一括して行います。なので、一緒に行った人の注文するお店が違っても、まとめて注文できるので便利です。
会計を済ませると、お店ごとの呼出機が渡されるのでそれが鳴るのを席で待ちます。
呼出機が鳴ったら各店へ受け取りに行くのですが、持ちきれない場合はすぐにスタッフの方が来て運んでくれます。
席は店内のテーブル席、ソファー席と、セントラルガーデンが見下ろせるテラス席があります。
食べ終わった食器類はそのまま置いておけばOK!というのが嬉しいです。私だけかもしれませんが、食べ終わって食器を返却口まで運ぶ時って、何だか侘しい気持ちになります。

今日は私が大好きな、茅ケ崎に本店がある「えぼし」の「小鉢膳」を注文しました。
地魚刺身定食や地魚煮付定食、釜揚げしらす丼など、一品でも食べられる料理がセットになって一度に楽しめます。税込1,890円です。
「えぼし」の日替わり小鉢膳 

地魚の煮付です。
おおっ!これはメバルです。春告げ魚(はるつげうお)という別名があるように、ちょうど旬の時期に入ります。
スーパーで買うと、大きさによりますが1尾600円から1,000円以上する高級魚です。
メバルの煮付け
私は基本、煮魚の味付けは薄味が好きなのですが、この店の煮汁の色はすごく濃くていかにも「関東風」という感じがします。
でも、すごく美味しい。醤油辛さを全く感じない魚の味を生かした味付けになっているのが不思議です。残ったご飯の上に煮汁をかけて食べてしまいました。美味しい!

地魚の刺身です。
食材は1日3回、茅ケ崎の本店から運ばれてくるそうです。
「えぼし」の日替わり小鉢膳 刺身
私、魚のお刺身はそんなに好きではありません。握り寿司のようにすると大好きなんですけど。
でも、この刺身はサーモンも臭みが全くなく、他の魚も甘みが感じられるとても美味しい味です。
新鮮だからでしょうか。

釜揚しらす丼です。ミニサイズになっています。
釜揚げ しらす丼
湘南地方のしらす漁は2014年12月28日から2015年3月10日まで禁漁になっています。
3月11日の解禁日を過ぎると、大漁の日にはこの店でも「生しらす」が食べられます。
本店で使う量よりも多く獲れた時にこの店にも回してくれるので、メニューには載っていません。入荷すると店頭に「生しらすあります」の張り紙が掲示されます。

中に海老とタマネギがたくさん入っている、かき揚げのようなものです。
ふわふわ食感で、つなぎに使っているのが小麦粉だけではないような味がします。たぶん、魚のすり身みたいなのを混ぜ込んでいるのではないでしょうか。
「えぼし」の日替わり小鉢膳  揚げ物

これに、お豆腐、お新香、味噌汁とミニデザートが付きます。
今日のデザートは「白玉ぜんざい」でした。
「えぼし」の日替わり小鉢膳 白玉ぜんざい
上品な甘さと、つぶつぶ小豆が美味しいです。 甘~~~い♡

世田谷 宮川 「鰻とろろ丼」2014年08月22日 19時30分43秒

甲子園では高校球児の熱い戦いが繰り広げられていますが、暑い暑い暑い~~!
こんな時はショッピングモールへ行って涼んでいるのが一番!

早速「ららぽーと横浜」へ。
平日は駐車場料金が無料なので、とても便利です。

午後2時頃になってお腹が空いたので、私のお気に入りフードコート「FOURSYUN(フォーシュン)」で遅いお昼ご飯を食べることにしました。
ここは、「茅ケ崎 えぼし」「横浜中華街 梅蘭」「浅草 今半」「青山 鶏味座」「麻布飯倉 アルカフェキャンティ」「世田谷 宮川」など有名専門店が集まっていて、他のショッピングモールのフードコートとはちょっと趣が違います。

私が好きなのはテラス席です。
こんなに暑い日でも、緑の木々の間から風が通って、暑さを感じません。
ららぽーと横浜

このところの暑さで夏バテ気味なので、体力を維持しなくちゃ!という理由を付けて、今日は鰻だぁ!
昭和6年創業のうなぎの老舗「世田谷 宮川」、夏の限定メニュー「鰻とろろ丼」です。
世田谷 宮川 「鰻とろろ丼」
とろろの上に鰻が乗って、下のごはんには鰻のたれがしみ込んで、美味しい~!
世田谷 宮川 「鰻とろろ丼」
「鰻」と「とろろ」という夏のスタミナメニューが合体して、夏バテ解消効果満点です。
山芋のヌルヌルとしているムチンという成分と、でんぷん消化酸素の ジアスターゼがタンパク質やビタミンB1等の栄養吸収率を高めるとの事。
鰻の体表のぬめりもムチンだそうです。
ムチンと言っても無賃ではなく、税込1,680円しっかり払いました。

えぼし 夏のおすすめ御膳2014年06月18日 12時51分13秒

フードコートと言えば、昔は「安く簡単に食べられればいいや」というお店が多かったのですが、最近は大型商業施設が乱立して競争が激しくなっているのか、美味しいお店や有名店がどんどん導入されています。
数人で食事をする時も、それぞれ好みのジャンルの専門店の料理を同じ席で食べられるというのがファミリーや女性たちに受けているようです。
ららぽーと横浜のフードコート「特選ダイニング FOURSYUN(フォーシュン)」はそんな人たちにピッタリです。
テラス席はこの時期新緑に囲まれて、明るく開放的な雰囲気の中で食事が出来ます。
ららぽーと横浜 特選ダイニング FOURSYUN

湘南茅ヶ崎の海鮮和食「えぼし」、韓国家庭料理「吾照里」、すき焼き「浅草今半」、パスタ&洋食「飯倉アルカフェキャンティ」、うどん・天丼「銀座 佐賀昇」、うなぎ「世田谷 宮川」、とんかつ「まい泉」、青山に本店を構える鶏料理専門店「鶏味座(とりみくら)」、高級中華料理「南国酒家」、梅蘭やきそばで有名な横浜中華街「梅蘭」と、有名店が揃っています。
価格もリーズナブルな数百円から、頑張った自分へのご褒美価格の2,000円超までいろいろ。

私が大好きなのは新鮮な食材を本店から1日3回直送しているという海鮮料理のお店「えぼし」です。
タイミングが良ければ裏メニューの「生しらす」も食べられます。生しらすはメニューには載っていないので、店頭で確認する必要があります。
残念ながら今日は生しらすは入荷していませんでした。

そこで、「夏のおすすめ御膳」をチョイス。
ららぽーと横浜「えぼし」の夏のおすすめ御膳
人気のしらす丼です。
ららぽーと横浜「えぼし」の夏のおすすめ御膳
たっぷりのアボカドと魚介類が入ったサラダはマリネになっていて、夏に食欲をそそる一品です。
ららぽーと横浜「えぼし」の夏のおすすめ御膳
上質な白身魚のすり身を使った自家製さつま揚げです。タコがいっぱい入っていて食感も最高です。
ららぽーと横浜「えぼし」の夏のおすすめ御膳
お豆腐です。
ららぽーと横浜「えぼし」の夏のおすすめ御膳
グレープフルーツがたっぷり乗ったゼリーのデザートです。大きくて食べ応えがあります。
ららぽーと横浜「えぼし」の夏のおすすめ御膳
これらに香の物と味噌汁が付いて税込1,460円。
う~ん、大満足です。

ららぽーと横浜で生しらす丼2014年04月28日 19時27分18秒

ららぽーとのポイント2,500円分が5月で消滅してしまうのでららぽーと横浜へ買い物に行く事にしたら、ゴールデンウィークで家でゴロゴロしていた息子が「お昼食べに行くなら俺も行く」。
うっ、こいつ、ちゃっかり奢ってもらうつもりでいるな・・・

ららぽーと横浜のフードコート「FOURSYUN」に入っている「えぼし」という店の煮魚が美味しいので時々食べに行くのですが、この店では大漁の時には朝獲れた生しらすを茅ヶ崎本店から直送で提供していることがあります。
メニューには載っていない商品なので店頭に確認に行くと、「本日生しらす入荷しました」の張り紙があるではないですか!ラッキー!
去年と一昨年は一度も巡り会えなかったので、3年ぶりの生しらすです。

煮魚はいつでも食べられるので、今日は生しらす丼にしました。税込1,050円です。
えぼしの生しらす丼
ご飯の上にはワカメ、キュウリ、おろし大根、生姜、ネギと一緒に大量の生しらすが乗っています。
生しらす達も、待っていてくれたかのように銀色の目を輝かせています。
えぼしの生しらす丼
しらすは釜揚げにした方がコクがあって美味しいのですが、なかなか口にすることが出来ない新鮮な生しらすの味は、また格別です。

で、息子はというと、表参道駅近く(青山)に本店がある鶏味座(とりみくら)の鶏味座御膳(税込1,580円)を注文しました。
右下の鶏のスープは味が濃厚でめちゃくちゃ美味しいです。
鶏味座御膳
鶏スープにポテトサラダ、鶏の唐揚げ、串焼き、デザートと、メディアでもよく取りあげられている「究極の親子丼(ミニ)」がセットになっています。
親子丼の上には色の濃い黄身が乗っています。出汁の味が美味しいので、ご飯とお汁だけでも十分頂けます。
究極の親子丼

隣の席ではスズメが両足を踏ん張りながら食事をしていました。
スズメのお食事

セットドリンク280円を含めて、トータル3,190円。結局690円足が出てしまったじゃないですか。
気を取り直して、GODIVAのソフトクリーム(ミックスチョコレート)を食べたら、HAPPYな気分いっぱいになりました。
GODIVAのソフトクリーム ミックスチョコレート
お腹もいっぱいです。

夏野菜と海鮮山かけ丼ぶり2013年08月20日 21時56分46秒

全国的に暑い日が続いています。
そこで、ららぽーと横浜の「らら横夏グルメ」から、FOURSYUN内の「えぼし」という海鮮和食店のメニュー「夏野菜と海鮮山かけ丼ぶり」。
8月29日までの期間限定メニューで、夏バテ解消にはピッタリです。
えぼしの夏野菜と海鮮山かけ丼ぶり
ナス、オクラ、ミョウガ、キュウリの夏野菜に大葉をトッピング。
とろろの下には茹でたタコにマグロ、金目鯛の刺身がいっぱい隠されています。
ワカメも入って、さっぱり味なのに栄養たっぷりです。
豆腐と味噌汁、漬物が付いて1,480円。う~ん。まぁ妥当な値段でしょうか。
茅ヶ崎の本店から1日3回食材が運ばれてくるそうなので、お魚も野菜も新鮮です。
味付けは自分でわさび醤油を調合します。
新鮮な素材の味が生かされていて、爽やかな味が○です。

FOURSYUNのテラス席は緑がいっぱいで開放的です。
ららぽーと横浜 FOURSYUN テラス席
テラスからは噴水で遊ぶ子供たちの姿が見えます。
ららぽーと横浜 セントラルガーデン POPジェット
POPジェット(噴水)は毎時00分と30分に稼働します。
噴水の5分前くらいになると子供がいっぱい集まって来て、噴水が終わると蜘蛛の子を散らす様にいなくなってしまうのが印象的でした。
いったい何処に隠れていたんだろう・・・

銀座 佐賀昇の大海老天ぷらうどん2013年05月21日 23時54分05秒

ららぽーとの「ららポイント」3,000円分の有効期限が今月末で切れるので、お買物券と引き換えに ららぽーと横浜へ。
以前頂いた商品券が2万円分あるので、これも使っちゃお!

アルマーニ・エクスチェンジで買い物をしたら、折り畳み傘をくれました。
折り畳み傘、ちょうど欲しかったので超ラッキー\(^o^)/
2万円以上の買い物で貰えるそうです。色もブラック・ダークブルー・ピンク・ライトグリーンから選べます。なくなり次第終了~。
ダークブルーも良かったけど、A|X の基本色ブラックにしました。
ARMANI EXCHANGEの折り畳み傘

気を良くしてFOURSYUNで遅いお昼御飯です。
「銀座 佐賀昇(さがのぼり)」といううどん屋さんで、大海老天ぷらうどんを注文しました。
本店は銀座にある、佐賀県出身の元幕内力士「佐賀昇」が開いたちゃんこ屋さんで、「相撲茶屋 佐賀昇」といいます。
銀座・佐賀昇の大海老天ぷらうどん
大海老天ぷらうどんと言うだけあって、大きな海老天が2本入っています。
写真で黒く見えるのはワカメです。
天ぷらの油が浮いて見えますが、全然油臭さがありません。

お汁が美味しい!すごく上品な味です。
やっぱり、うどんのお汁はこのくらいの味じゃないと。お蕎麦と違うんだから。
だし汁には利尻昆布と枕崎特産の鰹節をふんだんに使っているそうです。
久しぶりに、だしの風味を感じるうどん汁に出会いました。

1,230円。ちょっと高いかもしれないけど、大満足です。

茅ヶ崎えぼし 鴨居店2013年04月07日 09時32分38秒

3月に湘南でのしらす漁が解禁になったので、「生しらす」を楽しみにしているんですが、しらすは足が早いので湘南まで行かないとなかなか食べられません。(足が早いと言っても、逃げ足が速いという意味ではなく・・・)

そんな中、ららぽーと横浜に入っている「えぼし」では、時々「生しらす丼」を提供してくれます。
鴨居店には茅ヶ崎の本店から1日3回新鮮な食材が送られてくるそうなので、しらすが大量の日には鴨居店にも回してくれます。
メニューには載っていないので、ホームページか店頭で確認しないとその存在が分かりません。

生しらすが入荷していなかったので、「浜降膳」を注文しました。
茅ヶ崎では毎年「浜降祭(はまおりさい)」というお祭りが行われています。
寒川・茅ヶ崎から集まってきた神輿が海に入る壮大なお祭りです。
以前は海中に神輿を叩き込むような荒っぽい祭りだったのですが、最近は軟弱になって(?)天候によっては海に入らないこともあるそうです。

そんなお祭りにちなんだ名前の「浜降膳」です。
茅ヶ崎えぼしの浜降膳
「浜降膳」は、釜揚げしらす丼に、天ぷら、刺身、さつま揚げ、豆腐、味噌汁、漬物、デザートがセットになっています。

釜揚げしらすは生しらすよりもコクがあって美味しいんですが、やはり年に1度は生しらすが食べたいですね。
釜揚げしらす丼

この店のお刺身はいつも新鮮です。
茅ヶ崎えぼしの浜降膳

茅ヶ崎えぼしの浜降膳
天ぷらに付いたおろし大根のおろし方が荒いので、シャキシャキ感があって美味しいです。
茅ヶ崎えぼしの浜降膳

さつま揚げの中にはゲソやゴボウや玉ねぎなどがゴロゴロ入っています。
茅ヶ崎えぼしの浜降膳

茅ヶ崎えぼしの浜降膳
デザートは白玉ぜんざいでした。
茅ヶ崎えぼしの浜降膳

南国酒家のつゆそば専門店2013年01月24日 08時16分31秒



ららぽーと横浜が近々大規模なリニューアルをするらしく、閉店セールや店舗移転セールでバーゲンを行っているお店がたくさんあります。
最終売り尽くしセールは27日(日)までということで、行ってみました。
平日限定でポイントアップもあります。これはお得!

平日なのに店内は混んでいて、ランチタイムも重なってレストランはどこも行列が出来ていました。

そんな中、数十人の行列が出来ていても10分くらいで順番が来るのが、「特選ダイニングFOURSYUN」です。
なんだ、フードコートじゃん!と言ってしまえばそれまでなんですが、シネマコンプレックス(複合映画館)のチケット売り場のように窓口が並んだオーダーカウンターで、全11店舗の注文を一括して受け付けています。
複数店舗の注文も各店に並び直す必要が無いので、とても便利です。
注文すると各店舗の呼び出しブザーを渡されるので、ブザーが鳴ったら夫々のお店に取りに行けばいいんです。
品数が多い時や手が塞がってしまった場合は、スタッフが席まで一緒に運んでくれます。食べ終わった食器もそのまま置いておけば片付けてくれます。
和食も中華も韓国料理もピザやパスタも、一括で注文出来て皆が同じ席で食べられるので、私はとても気に入っています。
入っているお店も特色のある有名店が多いので、かなり楽しめます。

でも、ちょっと値段はフードコートにしては高めになるかな・・・

東京の原宿に本店がある南国酒家が「つゆそば」に特化したお店を出しています。
(「東京の」と書いたのは、横浜にも原宿という所があるからです)
原宿本館では会社のイベントで2度ほど食事をしたことがありますが、特に美味しいという印象が無かったので、チェーン店を見かけても個人で利用したことはありません。

そこで、前から気になっていた「気仙沼産肉厚ふかひれつゆそば」というのを食べてみました。
気仙沼産肉厚ふかひれつゆそば
白髭ねぎの下に隠れている、3枚のフカヒレちゃんと、ごたいめ~ん。
気仙沼産肉厚ふかひれつゆそば

スープはしょうゆ味で少しとろみがついています。
まずはスープから。えっ?どうしてこんなに甘いの?
砂糖をぶち込んだようなこの甘さは何なんでしょう。

調理人さん、分量を間違えたんじゃないの?とか、文句をつけながらも最後の一滴までスープを飲んでしまった私。
なんて卑しいんでしょう。

今日は土用の丑の日2012年07月27日 23時52分55秒

今日は土用の丑の日なので鰻を食べることにした。

鰻屋さんのうな重なんて、こういったきっかけがないとなかなか食べられない。
ううっ、何年ぶりのご対面。
世田谷 宮川のうな重

日本テレビの「ヒルナンデス」やテレビ朝日の「シルシルミシルさんデー」でも紹介された、世田谷 宮川 ららぽーと横浜店。
世田谷 宮川のうな重
愛知県の矢作川の清流水を使って、しらす(稚魚)からより天然に近い環境で育成されたというブランド鰻を使った「三河鰻咲(みかわまんさく)」。国産の養殖鰻です。
肝吸いと香の物が付いて3,180円。ちなみに、うな重松は2,680円、竹は1,980円。
今年は全国的に鰻が高値だが、ここも300円前後お高くなっている。

タレは上品な味だが、ちょっと醤油味が強く感じる。世田谷区で昭和6年創業以来秘伝の味を守り続けているというから、まさに江戸の味なんだろう。
たぶん1度蒸しているんだろうが、脂が乗って肉厚で柔らかい。鰻の味もしっかりして美味しい。

私が今まで食べたうな重で一番がっかりしたのは銀座の竹葉亭。
一番コストパフォーマンスが高かったのは銀座6丁目にある「ひょうたん屋」というお店。この店は鰻を蒸さないで焼くので、脂の乗った鰻のプリプリした食感がたまらなく良い。さばき方は関東風に背開き。
松が2,520円、竹2,100円、梅1,790円だが、お昼のうな丼1,300円は昼休みの間に売切れてしまう。去年の7月に価格改定をしているので、値段は上がっていないと思いますが・・・。


[今日のつぶやき]
土用の丑の日。子供の頃は土曜に牛の肉が食べられるのかと思って、毎週土曜を心待ちにしていたけど、期待は裏切られ続けました。もしかしたら土曜の給食が牛の日なんだと期待したけれど、土曜に給食が出たことはありませんでした。残念!

ららぽーと横浜 えぼし2012年06月14日 20時00分35秒

久しぶりの好天に誘われて、ららぽーと横浜へウィンドウショッピングに行った。
セントラルガーデンの噴水ではたくさんの子供達が水遊びをしている。
ららぽーと横浜

特選ダイニングFOURSYUNにはテラス席があって、この季節は新緑を眺めながらのんびりと出来るので、よく利用する。
緑の枝を伸ばしているのはケヤキ。春には白木蓮が白い大きな花を咲かせていた。
ららぽーと横浜
遠くから聞こえる、噴水と戯れる子供達の歓声が耳に心地良い。

肉や揚げ物が好きで魚をあまり食べないので、今日は茅ヶ崎の鮮魚料理店「えぼし」の支店で「えぼし鴨居店」にした。
このお店は、魚を毎日3回茅ヶ崎から直送しているという、新鮮な生しらすが食べられる数少ないお店。
しらす漁は3月11日に解禁されたが、水温が低い為鴨居店まで廻すだけの漁(量)が無いという。生しらすはお預け!

注文したのは、えぼしの料理がこれ1つで楽しめるという「日替わり 小鉢膳」。
メニューを見ると、1,890円と書いてある。高い!
でも、出来上がった料理を見て半分納得。食材はその日に獲れた新鮮な魚を使うので、日替わりになっている。
えぼし 日替わり小鉢膳

魚の煮付けの味付けが少し甘めで、お汁だけでも飲んで美味しい。
えぼし 日替わり小鉢膳

お刺身もその辺の飲み屋の刺身とはちょっと違う新鮮さが感じられる。カンパチなどはコリコリとした食感がさらに美味しさを増す。
えぼし 日替わり小鉢膳

ご飯はしらす丼。釜揚げしらすは生しらすよりもコクがある。
えぼし 日替わり小鉢膳

エビの入った揚げ物は抜群の味。エビの風味が効いている。
えぼし 日替わり小鉢膳

お豆腐。
えぼし 日替わり小鉢膳

デザートには白玉餡。甘すぎなくて美味しい。白玉団子はもう少し小さくてもいいかも・・・
えぼし 日替わり小鉢膳

食べている途中で、1,890円は安いなと思わせる絶品料理でした。


[今日のつぶやき]
肉や揚げ物と言っても、肉は吉野家の牛丼、揚げ物は揚カレーパンと揚あんぱん。タマにはおいしい魚も食べなくては・・・