Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

海上保安庁の灯台見回り船「LS223はまひかり」2022年05月15日 18時21分14秒

海上保安庁の灯台見回り船「LS223 はまひかり」が遠くの方を走っていきました。
海上保安庁の灯台見回り船「LS223はまひかり」
灯台見回り船ってあまり聞かないですし、横浜港は時々行くのですが始めて見ました。

海上保安庁の「船艇」欄を見たら、確かに「灯台見回り船」というのがあります。
LSは、「Light-House service vessel Small」の略です。
灯台、灯浮標、電波標識などの航路標識の維持、管理などを行うようです。これも海上保安庁の仕事なんですね。

LS223は名前がコロコロ変わっていて、最初 舞鶴に配備された際は「まいひかり」と命名され、横須賀に移って「うらひかり」、千葉に配属された時は「ちばひかり」と変更され  横浜に来て「はまひかり」になりました。すべてが「〇〇ひかり」になっているのは灯台の「光」に因んでだと思います。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

帆船日本丸の満船飾と鯉のぼり2022年05月05日 12時40分59秒

今日は「こどもの日」です。

横浜・みなとみらいの「帆船日本丸」がお祝いの満船飾をしています。
満船飾とは、船舶が国の祝祭日や記念日、特別の行事などに祝意を表すために国旗や国際信号旗を掲揚することをいいます。
日本丸の横で、鯉のぼりが元気よく泳いでいました。

今朝、家の近くの用水路横を歩いていたら、鯉が滝のぼりをしていました。
鯉の滝登り
実は滝登りというのはウソで、ほんの少しの段差を超えようとしているだけです。 でも、バシャバシャと勢いよく登っていきました。

広島カープも滝を登る鯉(カープ)のような勢いで勝ち進んでほしいものです。
(私、中学2年生まで広島県の因島という所に住んでいたので、野球は広島カープのファンです。)



今日もご覧いただき、ありがとうございます。

海上保安庁のヘリ「MH 690 あきたか2号」2022年04月24日 16時18分34秒

知床半島沖で観光船「KAZU I」が浸水した事故で、海上保安庁の巡視船や航空機、ヘリコプターが捜索・救助に懸命な努力をしています。
今日の15時40分現在で10人が発見されたようです。

徹夜で捜索活動を続けた職員たちの事を思いながら、4月18日に横浜で撮影した写真をアップします。

北海道は第一管区海上保安本部の管轄ですが、横浜は第三管区海上保安本部になります。
第三管区が所有する日本最大の巡視船「PLH32 あきつしま」が搭載するヘリコプター、「MH 690 あきたか2号」が帰ってきました。
「PLH32 あきつしま」搭載ヘリ「MH 690 あきたか2号」
「MH 690 あきたか2号」は、スーパーピューマ225型で 、全長19.50メートル ・全高4.97メートル ・自重6,762kgです。
MHとは、 「Medium Helicopter」の略で、中型回転翼航空機(最大離陸重量2,500kgを超え15,000kg以下のもの)を指します。

ヘリコプターのプロペラが起こす水しぶきが、同心円状に舞い上がります。
「PLH32 あきつしま」搭載ヘリ「MH 690 あきたか2号」
後ろに見える曲線が多い建物は、2020年9月にオープンしたラグジュアリーホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」です。
「PLH32 あきつしま」搭載ヘリ「MH 690 あきたか2号」

海上保安庁第三管区海上保安本部横浜海上保安部の横浜海上防災基地に停泊している「PLH32 あきつしま」の後方甲板ヘリポートに着艦します。
「PLH32 あきつしま」搭載ヘリ「MH 690 あきたか2号」

巡視船「あきつしま」は、1992年4月に就役した「しきしま」に次ぎ、しきしま型巡視船の2番船として2013年11月に第三管区海上保安本部に就役しました。 全長約150m、総トン数約6,500トンと、巡視船としては世界最大級を誇ります。
 「しきしま」は、2018年3月に第十管区(鹿児島)に配属替えされています。
巡視船「PLH32 あきつしま」
「PLH32 あきつしま」の「PLH」は「Patrol Vessel Large with Helicopter」の略で、ヘリコプター搭載大型巡視船を指します。「あきつしま」はヘリコプターを2機搭載しています。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

海上の戦い!海上保安庁第3管区のPL10-M2/M32022年04月23日 16時44分00秒

横浜港の海上を疾走する2隻の黒い船。 乗っている人も黒ずくめで、超 怪しい!
PL10-M2/M3 ぶこう搭載複合艇


クリーム色の船を追いかけます。

クリーム色の船は左へ旋回してかわそうとしますが、2隻の黒い船は執拗に追い回します。
PL10-M2/M3 ぶこう搭載複合艇


後で知ったのですが、これは海上保安庁の テロ容疑船捕捉制圧訓練でした。

2隻の黒い船は海上保安庁の巡視船「PL-10ぶこう」搭載の複合艇「PL10-M2」と「PL10-M3」です。
この2隻が、容疑船の役をしているクリーム色の船を捕捉・制圧する訓練をしていたのでした。

容疑船役のクリーム色の船は海上保安庁の監視取締艇「SS-67 れお」です。海上保安庁の旗を掲げているので、てっきり海上保安庁の船がテロリストに いじめられているんだと思いました。


さて、追いかけっこは続きます。黒い船が容疑船の周りを旋回し始めました。クリーム色の船はスピードを緩めるしかありません。
PL10-M2/M3 ぶこう搭載複合艇
ほぼ真横になっちゃってます。

2隻の黒い船が左右から容疑船に乗り上げるような形になって隊員が乗り移り、捕捉・制圧しました。
めでたし、めでたし。
PL10-M2/M3 ぶこう搭載複合艇


巡視船「PL-10ぶこう」搭載の複合艇「PL10-M2」と「PL10-M3」は、通常は下の写真赤い矢印のところに搭載されています。

尚、「ぶこう」は煙突の右舷側に、高速警備救難艇「PL10-M1」も搭載しています。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

今日の横浜港2022年04月18日 19時00分40秒

横浜赤レンガ倉庫では、4月24日まで「Flower Garden 2022 (フラワー ガーデン 2022)」が開催されています。
赤レンガ倉庫の向こうに、「飛鳥Ⅱ」が見えます。

にっぽん丸」が入港してきました。右端に見えるのは飛鳥Ⅱです。


横浜港大さん橋国際客船ターミナル(大さん橋)に停泊している「飛鳥Ⅱ」の向こう側にバックで接岸します。

船首の向こうに氷川丸横浜マリンタワーが見えます。横浜マリンタワーは今夏まで改装の為休業中です。

「にっぽん丸」のラットガードにはかわいいイラストが描いてありました。
やっぱりネコの絵が多いですね。 でも、著作権とか大丈夫なんでしょうか?
ラットガードは、ネズミなどの小動物がロープを伝って船に侵入してくるのを防ぐために取り付けられます。

「にっぽん丸」が着岸してしばらくしたら、「飛鳥Ⅱ」が出港していきました。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

水産大学校の練習船「天鷹丸」横浜入港2022年04月16日 21時02分52秒

下関にある水産大学校の練習船「天鷹丸(てんようまる)」が今日の12時30分頃、横浜に入港してきました。
水産大学校の練習船「天鷹丸(てんようまる)」

横浜ベイブリッジの下をくぐってきます。紅白の船は大黒ふ頭に停泊している「POLARIS HIGHWAY」という自動車運搬船です。
水産大学校の練習船「天鷹丸(てんようまる)」

向こうの橋は「鶴見つばさ橋」、手前の船は観光船「マリーン ルージュ」です。
水産大学校の練習船「天鷹丸(てんようまる)」

赤灯台(横浜北水堤灯台)の前を通過していきます。東京湾内最古の現役灯台です。
水産大学校の練習船「天鷹丸(てんようまる)」

未明に降っていた雨も上がって、青空が見えてきました。
横浜港

船首の向こう、遠くの方に東京スカイツリーが見えます。 (写真をクリックして拡大して下さい)
水産大学校の練習船「天鷹丸(てんようまる)」

横浜港大さん橋国際客船ターミナル(大さん橋)には「飛鳥Ⅱ」が停泊しています。「天鷹丸」はその後ろに着岸します。
水産大学校の練習船「天鷹丸(てんようまる)」

横浜・みなとみらい21地区の高層ビル群が「天鷹丸」をを迎えます。手前にある茶色い建物は「横浜赤レンガ倉庫」です。
水産大学校の練習船「天鷹丸(てんようまる)」

水産大学校」は、水産庁が所管する国立研究開発法人水産研究・教育機構が設置・運営する教育訓練施設です。 「耕洋丸」、「天鷹丸」という2隻の練習船を所有しています。
本船は「天鷹丸」としては4代目になり、三菱重工業(株) 下関造船所で建造され、2017年10月31日に竣工しました。
国内総トン数は995トン、国際総トン数は1,354トン、全長64.67メートル、全幅11.90メートルで、「耕洋丸」よりも小型になります。
「天鷹丸」は、主に水産大学校の学生を乗船させ、所定の学科目の教授、実習の指導や水産に関する調査・研究を行っています。

横浜港大さん橋国際客船ターミナルの「天鷹丸」と「飛鳥Ⅱ」です。「飛鳥Ⅱ」、やっぱり大きいですね。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

「ぱしふぃっくびいなす」が横浜を出港していきました2022年04月05日 20時09分59秒

今日の午後1時頃、「ぱしふぃっくびいなす」が横浜港を出港していきました。
ぱしふぃっくびいなす
行先は東京で、乗船客はいません。 明日の16:30に東京を出港して、「~ボニンブルーの海へ~ 世界自然遺産 小笠原オーシャンクルーズ」 5泊6日の旅に出ます。
ぱしふぃっくびいなす

横浜港大さん橋国際客船ターミナルの近くにある「横浜公園」には、約12万本のチューリップが植えられています。4月中旬頃までが見頃になります。
横浜公園のチューリップ
向こうの建物はプロ野球・横浜ベイスターズの本拠地、横浜スタジアムです。

横浜では「ガーデンネックレス横浜2022」というイベントが市を挙げて行われていて、街の中が花と緑であふれています。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

「ぱしふぃっくびいなす」横浜入港2022年04月02日 06時05分54秒

昨日(4月1日)16時頃、「ぱしふぃっくびーなす」が「春爛漫 黒潮海道クルーズ」の旅を終えて横浜に帰ってきました。 横浜ベイブリッジの下をくぐっています。
ぱしふぃっくびいなす
帰ってきたといっても、「ぱしふぃっくびーなす」は大阪に本社を置く日本クルーズ客船(株)が運航するクルーズ客船で、母港は大阪です。
下の写真右に見えるのは、首都高速湾岸線にかかる「鶴見つばさ橋」です。
ぱしふぃっくびいなす

タグボートの補助を受けて船首をこちらに向けます。
ぱしふぃっくびいなす

横浜ベイブリッジが船首の向こうに小さく見えます。
ぱしふぃっくびいなす

ぱしふぃっくびいなす

16時30分、横浜港大さん橋国際客船ターミナルに接岸しました。
ぱしふぃっくびいなす

ぱしふぃっくびいなす
船名はアルファベットでも表記されていますが、「ぱしふぃっくびいなす」と“ひらがな”で書かれ、優しいイメージを与えます。
「びーなす」ではなく「びいなす」というのも、かわいいですね。 🍆



今日もご覧いただき、ありがとうございます。

「ぱしふぃっくびいなす」横浜入港2022年03月28日 17時23分00秒

今朝8時頃、「ぱしふぃっくびいなす(PACIFIC VENUS)」が横浜港へ入港してきました。
なんだか久しぶりに見かけたような気がします。
ぱしふぃっくびいなす(PACIFIC VENUS)

ぱしふぃっくびいなすの船名は、ひらがなで「ぱしふぃっくびいなす」と書きます。

日本クルーズ客船が運航するクルーズ客船で、1998年4月に就航しました。 国内クルーズが多いのですが、コロナ禍でなければ海外や世界一周クルーズなども行います。
ぱしふぃっくびいなす(PACIFIC VENUS)

総トン数:26,518トン、全長:183.4 m、全幅:25.0 mで、日本に船籍があるクルーズ客船としては2番目に大きい船です。 1番目は「飛鳥Ⅱ」(総トン数:50,444トン)です。
ぱしふぃっくびいなす(PACIFIC VENUS)

横浜港大さん橋国際客船ターミナル(大さん橋)に着岸しました。 飛鳥Ⅱロイヤルウィングも停泊しています。
ぱしふぃっくびいなす(PACIFIC VENUS)
ぱしふぃっくびいなすは「春爛漫 黒潮海道クルーズ」運航の為、17時に大さん橋を離岸しました。 和歌山県や高知県を巡って、4月1日16:30に横浜へ帰ってくる予定です。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

横浜に にっぽん丸が入港してきました2022年03月25日 20時41分03秒

今日の午後3時頃、横浜港に にっぽん丸が入港してきました。
上の写真の橋は横浜ベイブリッジ、下の写真の橋は鶴見つばさ橋で、どちらも首都高速・湾岸線に架かる橋です。  羽田空港を飛び立った飛行機が飛んでいます。
にっぽん丸

横浜港の観光船ロイヤルウイングが大さん橋を離岸して、にっぽん丸の前を横切っていきました。

にっぽん丸は、商船三井客船が運航する外航クルーズ客船です。
本船は、1958年に竣工した初代にっぽん丸から数えて3代目になり、1990年から就航しています。
総トン数:22,472t/全長:166.65m 最大幅:24.0m/乗客定員:532名/乗組員数:230名で、安心、安全なクルーズを提供しています。
横浜港大さん橋国際客船ターミナル(大さん橋)に着岸します。
前港は神戸で、明日17時頃に函館へ向けて出港します。

大さん橋には飛鳥Ⅱも停泊していました。

のんびりと船旅・・・・・してみたいものですね。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.