Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

俺のフレンチ 横浜2018年09月12日 13時15分07秒

俺のフレンチの「牛フィレ肉とフォアグラのロッシーニ」が食べたくなったので、俺のフレンチ横浜へ行ってみました。

このお店は平日の18時20分から21時20分まで1時間毎にライブ演奏が入ります。
土・日・祝日はランチタイムも含めて1日5回のライブ演奏になります。
お通し代とミュージックチャージ合わせて一人500円が必要です。(平日のランチタイムはライブ演奏が無いのでお通し代だけ300円)

お通しの「フォアグラとトリュフのフラン」です。
フォアグラとトリュフのフラン
表面が薄くキャラメリゼされていて、プリンのような食感にフォアグラが香ります。
上の粒々がトリュフだと思うのですが、香りはよく分かりません。

「一匹丸々 ! ! オマール海老のロースト 〜テルミドール仕立て〜」 1,580円(価格は全て税抜)。
一匹丸々!!オマール海老のロースト 〜テルミドール仕立て〜
オマール海老をまるまる一尾使って、豪快にローストしています。アメリケーヌソースでいただきます。
アメリケーヌソースは、オマール海老の殻を炒めて使用することで甲殻類独特の甘味とコクが堪能できます。生クリームが、濃厚ながらも滑らかでクリーミーなソースを作りあげています。
「オマール海老の出汁が出ているので、ソースも残さずお召し上がりください」とのことです。

俺のフレンチの看板料理「牛フィレ肉とフォアグラのロッシーニ 〜トリュフソース〜」です。
牛フィレ肉とフォアグラのロッシーニ 〜トリュフソース〜
牛フィレ肉200g、フォアグラ100gを使用しているそうです。下の白っぽいのはマッシュポテトです。
トリュフソースがたっぷりと掛けられています。プラス500円でトリュフのスライスをトッピングしてくれますが、注文するのを忘れていました。
柔らかい牛フィレ肉が堪能出来て、フォアグラの濃厚な味も楽しめます。1,980円です。 安い!


「和牛とフォアグラのパイ包み」1,380円です。
和牛のパイ包み
パリッパリでしっかりとしたパイの中に、ミンチにした牛肉とフォアグラが入っています。
赤ワインソースでいただきます。
和牛のパイ包み

混雑時には2時間という制限が設けられているので、あまり食べられません。
今回はサラダ類を頼まなかったのですが、お腹が一杯になったのでデザートです。

「俺のシュークリーム 3種盛り合わせ」580円です。
俺のシュークリーム 3種盛り合わせ
左からオレンジ、チョコナッツ、プレーンです。
皮が硬めのパイ生地で、私の好きなタイプです。

「抹茶のクレームブリュレ」480円です。
抹茶のクレームブリュレ
抹茶のアイスクリームが濃厚です。

飲み物は、キリン一番搾り・生ビール(600円)と、俺の赤ワイン(580円)をグラスで2杯いただきました。 デザートにはホットコーヒー(350円)です。

全体的に一品ごとの量は多いです。
値段が安いからといって最初に注文し過ぎると、後悔します。1品か2品頼んで様子を見ながら追加注文をしましょう。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。



とびっちょ2018年09月05日 07時44分38秒

昨日の台風21号は、主に近畿・東海地方に甚大な被害をもたらしました。被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

横浜周辺でも昨日は台風21号の影響で朝から強い雨が降っていました。
朝ご飯を食べようと冷蔵庫を漁ってみたのですが、食材が何もありません。
午前11時頃には雨が止んでいたので、朝食を兼ねて早めの昼食をとろうと「ららぽーと横浜」のフードコート「特選ダイニング FOURSYUN」へ。

「FOURSYUN」はフードコートらしからぬ高級感のあるガーデンレストランです。
席は椅子席、ソファー席、喫煙OKのテラス席など約720席があり、お子様連れでも安心して食事を楽しむことが出来ます。
「FOURSYUN」は2階にあり、窓側の席やテラス席からは「セントラルガーデン KiLaLa」を見渡すことが出来ます。
ららぽーと横浜
普通のフードコートのように各店での注文・支払いではなく、フードコート中央にある「オーダーカウンター」で注文・支払いを済ませると、各店ごとの呼び出しブザーが手渡されます。
料理が出来上がるとブザーが鳴るので、それぞれのお店へ取りに行くだけです。
量が多くて持ちきれないときは、すぐにスタッフの方が来て運ぶのを手伝ってくれます。
どこのフードコートにもある、食後の「返却口」なんて野暮なものはありません。食後はそのまま席を立てばスタッフの方が片付けてくれます。

「FOURSYUN」には多くの有名店や老舗が出店しています。
「浅草今半」、横浜中華街名物梅蘭やきそばの「梅蘭」、昭和6年創業うなぎの「世田谷 宮川」、「とんかつ まい泉」、仙台名物牛たんの「仙臺たんや利久」、1961年創業の中国料理店「南国酒家」、「比内地鶏生産責任者の店 本家あべや」、港区麻布台に本店を持つイタリアンレストラン「飯倉アルカフェキャンティ」、タイ料理の「マンゴツリーキッチン」、江ノ島に本店があるしらす問屋「とびっちょ」、食事とのセットドリンクも提供するカフェ「CRAIGHTON’S Cafe」と、計11店舗があります。

今回はマグロが食べたくて、「とびっちょ」にしました。
「三崎マグロ丼(特上)」です。
三崎マグロ丼(特上)
写真上にあるのはサービスの温泉玉子です。「お好みによってかけてお召し上がりください」との事。
その右は「生のり味噌汁」、右下は「しらす茶碗蒸し」です。
「しらす茶碗蒸し」はしらすの出汁(だし)を効かせた茶碗蒸しです。中にはしらすや海老、シイタケ、鶏肉などが入っていました。薄めの上品な味付けながらコクがあって美味しい茶碗蒸しです。
恨めしそうに見つめる、しらすの目が印象的でした。
しらす茶碗蒸し
マグロ漁港として有名な三崎の本マグロの刺身はスーパーでは買えない美味しさがあります。
大トロが2切れ。口の中に入れるとトロ~~ととろけ、上品な脂の味が口の中に広がります。旨い!
赤身が3切れ。かと思ったら、口の中に入れると、これは中トロです。程よい脂が赤身のようなしっかりとした「マグロ」の味に絡みついて、マグロらしさを堪能できます。食感もマッタリ、気分もマッタリです。
ネギトロも回転寿司のネギトロとは脂の味が違います。美味しい。
ネギがほんの少ししかありませんが「ネギトロ」でいいのかな?「中落ち」と言うべきかな?
でも、「ネギトロ」は中落ちをスプーン等でそぎ取ることを指す「ねぎ取る」という言葉に由来するというので、たとえネギが無くても、「ネギトロ」でいいのかな?
こういう屁理屈はさておいて、大変美味しくいただくことが出来ました。ごちそう様でした!



今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

29日は「肉の日」2018年08月30日 18時58分00秒

毎月29日は「肉の日」です。2月は29日が4年に1回しかないので、「肉の日」無いんじゃない?と思ったら、2月9日がありました。この日がほんとの「ニ・ク」の日ですよね。

で、昨日「肉の日」に「牛角」に行ってみました。実は私、「牛角」は長い人生の中で初体験です。

「とろーり温玉とベーコンのシーザーサラダ」 690円(価格は全て税別です)
牛角 とろーり温玉とベーコンのシーザーサラダ
チーズたっぷりで美味しい。 ベーコンとガーリックチップが味を引き立てます。
焼肉屋さんでシーザーサラダかよ・・・と自分でも思ったのですが、美味しそうだったのでなんとなく・・・

生ビールは、アサヒスーパードライ税別500円です。

「厳選四種盛り」 1,650円
牛角 厳選四種盛り
左上は「黒毛和牛くらした」です。
「くらした」は、牛の背中の筋肉であるロースの首に近い部位です。適度の霜降りで、きめは細かく、風味が良い部位です。
右上は「黒毛和牛中落ち(ゲタ)」です。
カルビの中でも特にあばらの間に位置するお肉を指して「ゲタ」といいますが、「中落ち」の別称ととらえてもいいと思います。カルビに比べ脂が多いようですが、肉自体の味はカルビらしくしっかりとしています。
左下は「黒毛和牛特上カルビ」です。
右下は「霜降り上タン塩」です。牛タンの柔らかい部分のみを使用したということです。牛タン独特のコリコリ感もあって、味も濃厚で美味しい。

「上ハラミ」 690円
牛角 上ハラミ
「ハラミ」は、牛の横隔膜の背中側(上部)にあたる部位です。
分類としては内臓系になりますが、赤身肉に近い食感で柔らかく、脂肪も豊富で濃い味がします。

「ロース」 590円
牛角 ロース
黒毛和牛でも「上」でもない普通の「ロース」です。
30日間熟成肉だそうですが、器も食べ放題で提供されるのと同じ白いお皿にのせられていて、全体から「安さ」を醸し出しています。
いくら安いからといって、もっと見た目の美味しさを考慮してほしいものです。

〆で「石焼ビビンバ」(790円)をいただきましたが、写真を撮るの忘れました。
石焼ビビンバ、普通に美味しいです。別添えの甘辛い味噌(コチュジャン)を混ぜて食べるとさらに美味しくなります。

「牛角」は初めてなので、上質の肉から安い肉までいろいろ試してみました。
美味し目のお肉を食べたい時は「黒毛和牛」や「厳選肉」などを、安く上げたい時は普通のお肉を、大量に食べたい時は「食べ放題」を注文するようにすれば、その時の財布の中身と相談して焼肉をいただくことが出来ます。
全体的にはコスパの良いお店だと思いました。

ただ、食べ放題を選ばなくてアラカルトでも90分制で、落ち着いて食事をすることが出来ませんでした。
いろいろなランクの肉を揃えていて価格も安いお店ですが、再訪は無いと思います。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

鮎と鱧を食べに「隠れ房川崎店」へ2018年08月08日 12時57分56秒

隠れ房 川崎店」で夏の季節限定食材として鮎(アユ)と鱧(ハモ)を提供していると聞き、行ってみました。

神奈川県の相模川などでは、川によって多少の違いがありますが6月上旬から10月中旬頃の間、鮎漁が解禁になります。
相模川では今年4月、5月頃に鮎が大量発生していると話題になりました。

「鮎の岩塩焼き」 900円です。(価格表示は全て税別です)
鮎の岩塩焼き
器に入っているのは「たで酢(蓼酢)」です。タデ科の植物「蓼(たで)」をすりつぶし、酢でのばしたものです。蓼にはぴりりとした独特の辛味があり、焼いた鮎を食べる際に鮎の香りをより引き立てる調味料として用いられます。
大き目の鮎なので頭から食べることは出来ませんでしたが、身のほぐれが良く、頭の一部分と背骨と尻尾以外はきれいに食べつくすことが出来ます。
塩加減もちょうど良く、お塩自体が美味しくてしょっぱい感が無く美味しくいただけました。
スーパーで買ってきた鮎を自宅で塩焼きにするのとは美味しさが全然違います。


京都の祇園祭の頃には欠かせない食材になる鱧(ハモ)も今が旬です。真夏になると産卵のため少し味が落ちるのですが、10月頃に産卵を終えた鱧は脂が乗って2度目の旬を迎えるということです。

「鱧の天婦羅」 1,000円です。
鱧の天婦羅
天つゆも付いてきますが、花藻塩でいただく鱧の天ぷらも格別です。
レンコンもカリカリに揚げられていて、食感も抜群です。

「鱧の湯引き 御造り」 1,200円です。
鱧の湯引き 御造り
身の花がふわっと開き、ボリュームも満点です。
私は山葵でいただくのが好きですが、梅醤油でもまた違った味が楽しめます。
骨切りも上手に出来ていて、たまに感じる小骨のコリコリ感が食感にアクセントを与えてくれ、夏の清涼感を存分に味わうことが出来ます。


「湯むき冷やしトマト 土佐酢のジュレ」 650円。
湯むき冷やしトマト 土佐酢のジュレ
まるごとお出汁に漬け込んだトマトを、さっぱりとした土佐酢のジュレと共にいただきます。
見た目にも爽やかなジュレのすっぱさが、トマトの味を引き立てます。

「長芋とつぶ貝のわさび漬け」 690円です。
長芋とつぶ貝のわさび漬け
つぶ貝のコリコリとした食感にすりおろした長芋が絡みつき、わさびのピリッとした刺激が後を引く旨さです。
生ビールが進みます。

「イタリア産プロシュートと千葉県産濃厚赤玉子のシーザーサラダ」 950円です。
イタリア産プロシュートと千葉県産濃厚赤玉子のシーザーサラダ
好みによってグラナパダーノチーズをかけてくれます。たっぷりと「チーズだく」でお願いしました。せっかくの温泉玉子が隠れてしまいましたね。お店の名前が「隠れ房」だから、まっいいか。

「熟成牛の石焼きトリュフバター添え」 2,300円です。
熟成牛の石焼きトリュフバター添え
熟成肉の良さがまだ分かっていない私ですが、柔らかくて美味しいお肉です。
バケットを貰ってトリュフバターを付けて食べたくなりますが、お腹いっぱいなのでやめました。バケット、メニューに見当たらなかったし。

この辺りから生ビールをグラスワインに変更。
生ビール(スーパードライ)600円、グラスワイン(赤・白)850円です。
グラスワインは、赤はシラー種とカベルネ種のブレンド、白はシャルドネ100%で、レンジビューヒルというブランドです。白はさっぱり系というか、ちょっと薄目な感じの「飲みやすい」ワインでした。赤は思いのほか美味しい、シャープな味わいです。

これからはおつまみ系の料理にして、ゆっくりとワインを楽しみます。

「チーズ盛り合わせ」 990円です。
チーズ盛り合わせ
ワインといえば、やっぱりチーズです。

「からすみクリームチーズ」 690円です。
からすみクリームチーズ
クリームチーズに「からすみ」をまぶした、ちょっとしょっぱい大人の味です。
チーズの味が濃厚なので、ワインにもよく合います。

デザートです。
「エスプレッソティラミス」 590円。
エスプレッソティラミス

「安納芋と小豆の最中アイス」 590円。
安納芋と小豆の最中アイス
アイスクリームはバニラと抹茶から選べます。抹茶アイスにして、無料の緑茶と共に美味しくいただきました。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

東京ディズニーランドホテル ドリーマーズ・ラウンジ(Dreamers Lounge)2018年07月28日 08時24分06秒

東京ディズニーランドホテルのドリーマーズ・ラウンジ(Dreamers Lounge)で朝食です。
ドリーマーズ・ラウンジでの朝食は、コンシェルジュ又はスイートの客室に宿泊の場合は無料でいただけます。(当然、宿泊料に組み込まれているんでしょうけど・・・)
プライオリティ・シーティング(レストランの事前受付)の対象では無いのですが、コンシェルジュ又はスイートを利用する場合は宿泊予約時からチェックインまでに希望時間の予約を入れます。

古き良きイギリス・ヴィクトリア時代の雰囲気漂う優雅な空間の中でゆったりと食事をすることが出来ます。
東京ディズニーランドホテル ドリーマーズ・ラウンジ(Dreamers Lounge)

東京ディズニーランドホテル ドリーマーズ・ラウンジ(Dreamers Lounge)
東京ディズニーランドステーションが真正面に見えます。ステーションの向こうが東京ディズニーランドです。
東京ディズニーランドホテル ドリーマーズ・ラウンジ(Dreamers Lounge)

何だか、お肉類ばかり選んでしまいました。
東京ディズニーランドホテル ドリーマーズ・ラウンジ(Dreamers Lounge)
クロワッサンがサクフワで美味しいので3つも食べてしまいました。
牛乳やジュース類はセルフですが、コーヒー・紅茶はテーブルサービスで、飲み終わった頃に注ぎに来てくれます。

フルーツも新鮮でみずみずしく、シャキッとしています。美味しい。
東京ディズニーランドホテル ドリーマーズ・ラウンジ(Dreamers Lounge)
食べるのに夢中で、デザートケーキの写真は撮り忘れてしまいました。


今日もご覧いただき、ありがとうございました。

瞬間スモークしたウナギ蒲焼の炊き込みご飯2018年07月20日 21時56分13秒

今日7月20日(金)は、どようのうしの日。鰻を食べます。
「金曜の鰻」なのにどうして「土曜の牛」って言うんだろうという疑問は残りますが、とりあえず土用の丑の日。
で、ちょっと変わった「ウナギご飯」の紹介です。

「瞬間スモークしたウナギ蒲焼の炊き込みご飯 干し貝柱とカツオ出汁のコラーゲンスープと共に」
瞬間スモークしたウナギ蒲焼の炊き込みご飯 干し貝柱とカツオ出汁のコラーゲンスープと共に
南部鉄の釜で炊いた炊き込みご飯です。
肉厚の国産ウナギを瞬間スモークしたということですが、これに関しては良く分かりません。
味はちょっと美味しめの鰻重です。

他と違うのは、この薬味の数です。
瞬間スモークしたウナギ蒲焼の炊き込みご飯 干し貝柱とカツオ出汁のコラーゲンスープと共に
山椒だけでも、粉山椒、実山椒、仁淀川山椒の3種類。仁淀川山椒は、高知県仁淀川流域で生産されている山椒で、GABANなどからも販売されています。
お茶漬けにも使える薬味として、コリアンダー、胡麻、紫蘇と茗荷、お茶漬けあられ、青葱、山葵が用意されています。
薬味だけでご飯3杯はいけそうな量です。
料理が運ばれて来た時から、山椒の良い匂いが香ります。

下の写真が「干し貝柱とカツオ出汁のコラーゲンスープ」です。
瞬間スモークしたウナギ蒲焼の炊き込みご飯 干し貝柱とカツオ出汁のコラーゲンスープと共に
ご飯と鰻の上に薬味を乗せてお茶漬け(スープ漬けかな?)にすると、こんな感じ。スープが美味しい。カツオ香るスープです。
瞬間スモークしたウナギ蒲焼の炊き込みご飯 干し貝柱とカツオ出汁のコラーゲンスープと共に

この「瞬間スモークしたウナギ蒲焼の炊き込みご飯 干し貝柱とカツオ出汁のコラーゲンスープと共に」という長ったらしい名前の鰻料理は、東京ディズニーランドホテル1階にある「CANNA」というレストランで頂くことが出来ます。
9月30日(日)までの期間限定で、3日以上前からの料理予約が必要です。もちろん、席の予約も必要ですが、希望の時間帯を確保するには3日前では間に合わないかもしれません。
東京ディズニーランドホテルに宿泊しなくても利用することが出来ます。

今年は「二の丑」まであって、8月1日が「二の丑」になります。
ウナギを食べて、今年の猛暑を乗り切ろう!!



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

パイナッポー2018年06月30日 19時02分33秒

6月中(29日)に関東地方で梅雨が明けるという異常気候の中、今日も暑い、暑い!
余りにも暑くて喉が渇いたので自販機で飲み物を購入。
キリン・トロピカーナの期間限定100%常夏パイン。 美味しそう。
でも、いざ飲んでみると甘い、甘い、甘ぁ~~い!糖分たっぷりの激甘です。
なんだか1年分の糖分を摂取してしまった感じ。
これでもう、当分糖分は要らないぞ!

肉肉野菜肉野菜2018年06月27日 14時40分41秒

にくにくやさい、にくやさい!
にくにくやさい、にくやさい!
にんにくくさい、にくやさい!

暑い日が続いているので、焼肉屋さんでスタミナ補給です。

韓の台所(はんのだいどころ)」という焼肉居酒屋が通勤途中の駅のそばにあります。
駅のそばとは言ってもそば屋さんではなく、ちゃんとした焼肉屋さんです。

このお店は、「山形牛一頭買い」を売りにしていて、山形牛の希少部位を食べることが出来ます。
1品ずつで頼むと種類が食べられないので、10点盛りを注文しました。
『山形牛一頭 極み盛り』 税込10,584円です。
山形牛一頭 極み盛り
高~~~!と思うのですが希少部位といわれるものを中心に10種類、2切れずつなので20切れあります。こんなものなのでしょう・・・。

「カイノミ」は、牛のバラ肉の中でもヒレに一番近い部位。バラ肉だけれどヒレの持つ赤身の柔らかさを兼ね備えた多才な部位になります。
「中落カルビ」は、「ナカバラ」ともいい、牛の肋骨についたお肉、腹の上側部位の総称で、赤身と脂肪が薄い層となって交互に重なっている部位です。
「クリ」は、牛の肩から前脚上部。肩肉の一部のミスジとつながる部位。肉質は、運動量が多い部位のため脂肪が少なくややかため。タンパク質が豊富で、うま味が強いといいます。
「ミスジ」は、牛の肩甲骨の裏側の部位で、1頭から2キログラムほどしか取れないセレブな部位です。
「しきんぽ」は、牛のソトモモに内包される部位のなかで内側の部分。食感はやや硬め。ほどよく霜降りが入っているため、ウチモモに比べ甘い味わいがあるのが特徴です。
「とうがらし」は、牛の肩から腕にかけての部位で肩甲骨付近のお肉。牛一頭から少量しかとれない希少部位です。
「リブロース」は、牛のロースの真ん中で厚みのある部位。肩ロースとサーロインに挟まれた部位の総称です。牛肉の中でも平均点(キメの細かさ、見た目、旨味、柔らかさ、脂の甘み)が高い優等生だといわれます。
「サーロイン」は、リブロースに続く背中の後半部位で、運動量が少ない部位のため筋肉は少なくきめ細やかで脂を多く含みます。食すと、柔らかい肉の中から脂が溶け出し、肉の旨味と脂の甘みが口の中に広がります。ステーキ肉としてよく使われる牛肉の王様的部位になります。
「ササミ」は、「ササバラ」ともいい、牛のバラ肉でも腹側にあるトモバラ(ソトバラ)の一部で、ももの付け根の部位です。
「友三角」は、牛の後ろ脚付け根側に広がる三角形の部位です。比較的サシが入っていますが、赤身の旨味の方がややインパクトあり、口の中に入れると濃い肉汁の波が広がり、脂の甘みが第二波として押し寄せる、一口で二度美味しい部位です。

肉肉野菜!なので、サンチュで巻いて食べていますが、サンチュはサンチュで味噌をつけて食べた方が美味しいのです。
サンチュ
野菜はこのほかにタマネギとエリンギがあるのですが、1種類の量が多い! 2切れずつくらいで野菜盛り合わせがあればいいのにな・・・と思います。
サンチュ、税込626円。シイタケ、ピーマンはそれぞれ税込410円です。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

シャンシャン1歳誕生日記念フード2018年06月13日 09時44分12秒

6月12日に1歳の誕生日を迎えたジャイアントパンダの「シャンシャン(香香)」をお祝いして、上野動物園では様々なイベントが行われています。

園内フードショップでは、シャンシャン1歳をお祝いした特別なメニューもお目見えしました(6月12日から販売、売切れ次第終了)。
その中から、東園・藤棚休憩所で販売されている「冷し鶏天うどん」(税込680円)を食べてみました。
シャンシャン1歳誕生日お祝い「冷し鶏天うどん」
うどんは、動物園のフードショップとは思えない程、コシがあって美味しい。
麺が緑色なのは、パンダの好きな笹のパウダーが練り込まれているからだそうです。
お汁は爽やか系で、レモン果汁をかけると清涼感がさらに増します。昨日のような暑い日にはピッタリです。
うどんの上には鶏天はもちろん、大根おろし、レモン、パンダの形に切った海苔、お祝いの蒲鉾がトッピングされています。
箸袋もお誕生日祝い特別バージョンになっていました。

動物園の外でも、上野の街全体がお祝いムードで盛り上がっています。
JR上野駅の駅ビル、「アトレ( atré )上野」には、こんなに可愛いポスターが随所に掲示されています。通りがかった女性たちの「わぁ、カワイイ!」という声が聞こえてきました。

あっ、パンだ!パンダのパンだ!
アンデルセン(ANDERSEN)アトレ上野店ではパンダのパンを数種類販売しています。
『パンダのクリームパン』です。税込216円。
アンデルセンの「パンダのクリームパン」
ちょっと見タヌキにも見えますが、パンダです。上野店限定なんだから、パンダです。

アンデルセンの『パンダのデニッシュ』税込259円。
アンデルセンの「パンダのデニッシュ」
中にはチョコレートクリームがたっぷり入っています。サクサクした食感とバターの風味が美味しさを引き立てます。 軽~い!これなら5個くらい平気でいけます。
話はそれますが、デニッシュって日本ではアンデルセンで販売されたのが最初だそうです。
1959年に、アンデルセンの基となったタカキベーカリーの創業者高木俊介がはじめて欧州旅行にでかけた時、デンマーク・コペンハーゲンのホテル・ヨーロッパで食べた朝食のデニッシュペストリーに感動したのがきっかけで、販売を始めたとされています。
アンデルセンの名はデンマークの童話作家ハンス・クリスチャン・アンデルセンに由来しています。
お客さん自身がトンクを使ってパンをピックアップするという、今では当たり前の販売方式もアンデルセンから始まっています。

JR上野駅構内の「エキュート(ecute)上野」でも6月1日から7月1日まで「Pandaful Party」というキャンペーンを行っています。
こんなに可愛い買い物袋も用意されていて、買い物をするとこの袋に入れてくれますが、この袋を持って電車に乗るのはちょっとハズイのです。

とんかつ まい泉」が販売している『まい泉ポケットサンド「たまとろメンチかつ」エキュート上野店限定焼印』(税込410円)です。ちょっと長いネーミングになってしまいました。
エキュート上野の公式キャラクター「うえきゅん」パンダと子パンダの焼印が施されています。
まい泉ポケットサンド「たまとろメンチカツ」
「メンチかつ」「ソース」「たまとろ(黄身がとろりとした玉子)」をまい泉のパンで挟み、専用の焼き機でプレスした、まん丸のサンドです。縁がプレスされているので中身がはみ出ることもなく、食べやすく作られています。
分厚いメンチかつにとろ~りとかかる黄身が食欲をそそります。メンチかつもソースも美味しい。
まい泉ポケットサンド「たまとろメンチカツ」

(株)グレープストーンの『東京ばな奈 パンダ バナナヨーグルト味、「見ぃつけたっ」』です。これまた長いネーミングです。
東京バナナ パンダ
8個入りで1,080円(税込)です。お買い得パック4個入りで515円という簡易パックもあるので、家庭用なら4個入りを2つ買った方がお得です。
東京バナナ パンダ
上野駅改札内、東京駅改札内、東京スカイツリータウン・ソラマチ、大丸東京店での限定販売中ですが、シャンシャンの一般公開開始日の2017年12月19日(火)に、JR上野駅で先行発売されました。
東京バナナ パンダ
ふかふかにくるまれた、甘いミルクのにおいがする子をイメージして、バナナヨーグルト味になっています。中からはヨーグルト味バナナクリームがとろけだしてきます。
バナナクリームのとろみは無くなりますが、冷やしても美味しいし、家庭の冷蔵庫で冷凍しても美味しいのが「東京ばな奈」の特徴です。
東京バナナ パンダ

これも余談ですが、東京メトロ銀座線上野駅ホームでは、壁面に透明な素材を使い向こう側が見える「透過型ハーフハイトタイプ」のホームドアが設置されています。
ホームドアに描かれたパンダが可愛いと、こちらも人気を呼んでいます。
銀座線のホームドア
シャンシャンも2歳になったら中国へ帰す(返す)契約になっています。
リーリーもシンシンもレンタルなので仕方がないのですが、1年後には寂しくなりますね。


今日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

イル ピノーロ(IL PINOLO)ラチッタデッラ2018年06月06日 15時02分28秒

イル ピノーロ( IL PINOLO )川崎ラチッタデッラ店の割引クーポンが手に入ったので行ってみました。
通常10,450円のコースが2名以上で1名分無料になるという豪快なものです。本当か?

イタリアのヒルタウン(丘の上の街)をモチーフに作られたLA CITTADELLA(ラ チッタデッラ) 。
ヨーロッパを思わせる石畳の小道。華やかに軒を連ねる店々。人々が憩う噴水のある広場。ロマンスに満ちた光と音と水の饗宴…。
イル ピノーロ( IL PINOLO )は、そんな街の一角にあるマッジョーレ棟3階に店を構えるイタリアンレストランです。
イル ピノーロ( IL PINOLO )川崎ラチッタデッラ店
店内は高級レストランを思わせる落ち着いた雰囲気。
イル ピノーロ( IL PINOLO )川崎ラチッタデッラ店
案内された席からは、ラチッタデッラ・マッジョーレ棟の街並みを見下ろすことが出来ます。
イル ピノーロ( IL PINOLO )川崎ラチッタデッラ店

食前酒のグラスワインは500円。グラスワインは800円と1,000円。グラススパークリングワインはモエ エ シャンドン ブリュット アンペリアル1,500円。ボトルワインは4,500円から50種類くらい用意されています。

「アミューズ」は豆腐のパンナコッタにレモンの生果汁がかけてあります。
酸っぱいのでよくかき混ぜて召し上がって下さいとのことでした。この甘酸っぱい味は、初恋の味・・・かな?
アミューズ
アミューズと一緒に、自家製のパンとオリーブオイルが出てきました。

「冷前菜 盛り合わせ」です。
冷前菜 盛り合わせ
イタリア産モッツァレラとトマトのカプレーゼ、北海道産ミズダコのカルパッチョ、イタリア産生ハムなど。

「温前菜」です。説明されたけど、忘れてしまった。すんごく美味しいけど、何だかよく分からない・・・
前菜

「パスタ料理」です。
パスタ料理
タコと茄子と季節野菜のカポナータ? みたいなの イカ墨を練り込んだタリオリーニ。
ちょっといい加減なネーミングですが、そんなようなもの。

「魚料理」。
魚料理
カジキのサルターテ バルサミコソース添え。勝手に名前付けてますが、まあ、こんなもんかなと・・・
入荷した食材によって料理が変わるのか、印刷されたコースメニューが無いんです。

「肉料理」。
肉料理
肉料理は、アンガス牛のタリアータです。
ナイフで切るときはちょっと硬い感じがしました。1万円を超すコースなんだから、黒毛和牛にして欲しかったな!なんて思って口にしたら、柔らかくて味もしっかりしていて美味しい。
アンガス牛、侮(あなど)れないですね。
アンガス牛はスコットランド東部のアバディーンシャイア、アンガスの両州が原産地で、霜降りの部分と赤身の部分のバランスが良く、肉質が柔らかいのが特徴だそうです。

「ドルチェ」
ドルチェ
マンゴーのジェラートです。マンゴーの果肉が入っていて、ちょうどいい甘さで美味しい。

食後のドリンクにはコーヒーか紅茶が付いています。

そんなに高級食材を使っているわけではありませんが、味付けが美味しいので大満足です。
見た目にも綺麗に盛り付けてあります。
スタッフの対応も高級店なみに感じが良く、よく気が付いてくれます。2時間の設定の所、気が付いたら3時間以上居座っていたのに嫌な顔一つされませんでした。

アラカルトの価格も、前菜1,000円~2,400円、パスタ1,700円~2,000円、メインディッシュ2,400円~霧峰牛(霧島連峰産の牛肉)フィレ肉のタリアータが3,600円、ドルチェ600円~1200円と、雰囲気の割にリーズナブルです。
(価格は全て税抜きで、サービス料10%がプラスされます。)

接待などで利用しても十分満足してもらえるお店で、機会があればまた利用したいなと思います。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。