Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

トリュフ料理 アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ (Artisan de la TRUFFE Paris)2020年10月23日 12時00分00秒

東京ミッドタウン(六本木)にある「アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ (Artisan de la TRUFFE Paris)」で、ワインのペアリングコースをやっているので行ってみました。
要予約なので、Go To Eatを利用しました。


食事をおいしく食べるためにはワインと料理の組み合わせはとても重要で、料理の種類によって合うワインはそれぞれ異なるため、ワインとの相性を考慮して選ぶことはとても大切だといいます。
でも、料理ごとにボトルワインを1本ずつ注文していたら、大変な金額になってしまいますし、とても飲みきれません。

ソムリエのいるお店では料理に合ったワインを選んでくれたり、ワインに合った料理を提供したりしてくれますが、最初からお店の方で選んだ、料理とワインの両方の味を引き立たせる組み合わせで、料理一品ごとに違ったワインを少しずつ提供してくれるのがペアリングコースです。
1,000円クラスのワインと数万円のワインも区別できない私にとってはとても貴重なシステムですが、ペアリングコースをやっているお店はそんなに多くありません。

「Artisan de la TRUFFE Paris」 本店は、パリの観光名所の1つでもある「ベー・アッシュ・ヴェー(BHV)」に店を構えるトリュフ専門店です。
東京ミッドタウン店で使用するフランス産トリュフも、パリ本店同様に可能な限りオーガニックにこだわった高品質なトリュフを使用しているということです。

「アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ 」は、都営大江戸線六本木駅に直結する東京ミッドタウンの1階にあります。
ミッドタウン・ガーデンに面していて、窓際の席やテラス席からは桜並木やイルミネーションがきれいに見えます。
窓際の特等席を用意してくれましたが、スマホで撮っているので室内の反射がすごいです。


パンはベルギー発祥のベーカリーレストラン、ル・パン・コテディアンのオーガニックパンを使用しているとのことです。東京ミッドタウンにもお店があります。

スパークリングワイン、「クレマン ド ブルゴーニュ - ポール ショレ」

【アミューズ・ブッシュ】  「卵の殻に入ったスクランブル エッグとフレッシュトリュフ ブイヤード」
料理を運んできただけでトリュフが香ります。本物の卵の殻を使っています。

白ワインの「ランゲ アルネイス - ロベルト サロット」が注がれましたが、料理があまりにも綺麗だったので、写真を撮るの忘れちゃいました。
【冷菜】 「紅ズワイカニと根セロリのレムラード 和ハーブの香り カルダモンとアーモンドミルクのアングレーズソース」


赤ワイン 「ブルゴーニュ コート ドール - ユベール ヴェルドロー」
「料理の写真を撮ってもいいですか?」と事前に聞いていたので、「ボトルと一緒の方がいいでしょう」と、ボトルも置いてくれました。親切ですね。ワインは少し飲んじゃいました。
ワインの銘柄と、「このような料理なのでこのようなワインを合わせました」というワインの特徴を説明してくれます。

【温菜】 ~秋のスペシャリテ~
「フォアグラのポワレ シャインマスカットとハニーステビア 紫蘇のパピエとスパイス風味のピスタチオ ソースヴェルジュテ」
紫蘇のパピエがかぶさっていてフォアグラが見えません。パピエ、英語で言うとペーパーです。
ちょっとめくってみました。


白ワイン 「サヴィニ レ ボーヌ プルミエ クリュ オー マルコネ - ドメーヌ シャンソン」

【リゾット】 「フレッシュトリュフのチーズリゾット」
リゾットはまさに "al dente" の仕上がりで、芯が残っているという感じではない絶妙な歯ごたえがあります。トリュフの香りが鼻腔をくすぐります。微香というよりかなり強い香りです。

ロゼワイン 「コート ド プロヴァンス - シャトー ド ロムラード」

【魚料理】 「オマール海老のブイヤベース イカスミトリュフとハーブのラヴィオリ風 レモン風味のルイユとフレッシュトリュフ」


赤ワイン 「ベルジュラック - アダージョ - シャトー デ ゼサール」

【肉料理】 「牛フィレ肉の藁焼き ラルドのラメルとエシャロットコンフィ バターナッツのニョッキとペコロスのムーレット 赤ワインソース フレッシュトリュフと」
牛フィレ肉の藁焼き
メニューを見ると、この料理だけ単品で注文すると税込4,400円でした。コースにした方が割安になるのかもしれません。

デザートにはコーヒー又は紅茶が付きます。

【デザート】 「自家製トリュフアイス」と「トリュフ風味のプチデザート」



ワインはそれぞれ90mlくらいの少量ですが、6杯も飲むと酔っぱらっちゃいます。
帰りの電車で反対方向行きに乗ってしまいました。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

疫病退散! アマビエ饅頭2020年10月03日 12時15分18秒

茨城県議会が、新型コロナウイルス感染者の情報を登録者に通知するシステム「いばらきアマビエちゃん」を導入・義務化する条例を可決し、昨日10月2日に施行されたということで話題になっています。

アマビエは日本に伝わる妖怪で、コロナ禍の中、疫病退散の効果があるということで政府・厚労省公認のキャラクターになる程人気が急上昇してきました。 困った時の妖怪頼みですね。


浜離宮恩賜庭園の売店「濱見世」で、「アマビエ饅頭」というのを売っていたので買ってみました。1個税込300円です。
形が崩れないように気を付けてバッグに入れて持って帰ったのですが、少し潰れてしまったようです。
アマビエ饅頭

アマビエは、江戸時代後期に製作されたとみられる瓦版に類する刷り物に、絵と文とが記されています。 
『肥後国海中の怪(アマビエの図)』 (京都大学附属図書館所蔵 京都大学貴重資料デジタルアーカイブ
『 肥後国海中に毎夜光物出ル 所之役人行 見るニ づの如し者現ス 私ハ海中ニ住アマビヱト申者也 當年より六ケ年之間 諸国豊作也 併 病流行 早々私ヲ写シ人々ニ見せ候得と 申て海中へ入けり 右ハ写し役人より江戸え 申来る写也
 弘化三年四月中旬 』
と書かれています。弘化三年は西暦1846年(江戸時代後期)になります。

肥後国(現・熊本県)の夜ごとに海に光り物が起こったため、土地の役人がおもむいたところ、アマビエと名乗るものが出現し、役人に対して「当年より6ヶ年の間は諸国で豊作がつづく。しかし同時に疫病が流行するから、私の姿を描き写した絵を人々に早々に見せよ。」と予言めいたことを告げ、海の中へと帰って行ったというような文章です。


さて、「アマビエ饅頭」ですが、作っているのは東京都の大泉学園にある、1950年(昭和25年)創業の老舗和菓子店「あわ家惣兵衛」です。
かわいいアマビエの中には胡麻餡(ごまあん)がたっぷり入っていました。胡麻餡は甘さが抑えられていて、胡麻がほんのりと香る上品な味です。アンコだけでもいくらでも食べられます。
アマビエ饅頭
胡麻の脂質に含まれるリノール酸やオレイン酸などの不飽和脂肪酸は、免疫力を高める効果があるといいます。
みんなで食べて新型コロナウィルスを撃退しましょう。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

クロックマダムと海老アボカドサンド2020年09月30日 18時07分45秒

今日は会社の健康診断。仕事は今日は有休を取ったので、健康診断のためだけに会社に行きました。 何だか、馬鹿らしい感じ~!
ここ3日くらいカロリーの高いものとアルコール類は我慢していたので、お昼ご飯はVIE DE FRANCEで「クロックマダム(シャンピニオン)」(税込300円)と「海老アボカドサンド」(税込400円)をテイクアウト。

お皿が小さいので、「海老アボカドサンド」の上に「クロックマダム」を乗せちゃいました。
クロックムッシュに目玉焼きを乗せた物をクロックマダムといいますが、鶏のクリーム煮をサンドイッチしたものもクロックマダムといいます。このクロックマダムはそれを両方いいとこ取りした感じになっています。シャンピニオン(キノコ類、日本では主にマッシュルームを指します)のクリーム煮と、クロックムッシュ(ハム&チーズ)が層になっていて、上にはとろーり玉子とケチャップが味をひき締めています。コクがあって美味しい。
「海老アボカドサンド」は海老、アボカドの他にもグリーンリーフ、レタス、玉ネギ、ブロッコリー、パプリカなどがマヨネーズ味のドレッシングで和えてあります。パンの上のチーズがアクセントになります。
野菜たっぷりでも味は濃いです。

サイドメニューでハムエッグも作っちゃいました。珍しくきれいに焼けた(?)ので、これもアップ!

明日からビールの酒税が下がるので今は買い控えて、代わりに発泡酒の酒税が上がるので「本麒麟」(税抜148円+消費税14.8円)を買ってきました。家に置いてあると際限なく呑んでしまうので、買いだめはしません。
ぷふぁ~~!、健康診断の後のビールは旨い!  (発泡酒ですけどね)



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

KitKat 秋栗・秋芋2020年09月13日 09時33分12秒

やっと涼しくなって、秋の気配が感じられるようになってきました。

昨年の秋に期間限定商品として売っていた、キットカット・ミニの「秋栗」と「秋芋」を今年も売っていたので買ってきました。税込各210円です。
KitKat 秋栗・秋芋
昨年の売れ残りじゃないかと思って、他のレギュラー商品と賞味期限を見比べてみたのですが、同じでした。 でも、パッケージはプラスチック包装です。

秋栗は12枚、秋芋は11枚入っています。
KitKat 秋栗・秋芋

個包装の封を切ると、両方ともホワイトチョコレートでした。 栗の方がちょっと茶色が濃いですね。
KitKat 秋栗・秋芋
秋芋は、焼き芋の皮が焦げたような香りがフワ~っと口の中に広がります。 焼き芋だぁ。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

世田谷「宮川」の二色鰻重2020年08月29日 19時58分58秒

立秋(8月7日)を過ぎて3週間以上経つというのに、まだまだ暑い日が続いています。
そういえば、今年はまだウナギを食べていなかったなぁ・・・と思い、ららぽーと横浜へ。
ここには「特選ダイニング・“FOURSYUN”(フォーシュン)」というフードコートがあり、鰻の「世田谷 宮川」、「南国酒家」、「横浜中華街 梅蘭」、「香川 一福(讃岐うどん)」、「浅草 今半」、「仙臺たんや利久」、「とんかつ まい泉」など有名店の味がフードコート形式で楽しめます。

世田谷 宮川」の二色鰻重(税込3,250円)です。肝吸いが付いてきます。
二色鰻重
ウナギの蒲焼と白焼き、2つの味が楽しめるのでお得感があります。「二色鰻重」という名称は世田谷 宮川の登録商標だそうです。

う巻(税込920円)と肝焼き(2本税込770円)です。
う巻と肝焼き
う巻の鰻も肉厚で、なんといっても玉子焼きが美味しい。誰が考えたんだか知らないけれど、この組み合わせは最高ですね。
一人では食べきれないので、シェアして美味しくいただきました。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

すぐおいしい すごくおいしい2020年08月25日 11時36分56秒

今日は「即席ラーメン記念日」です。 私は勝手に「チキンラーメンの日」と言っています。
1958年(昭和33年)8月25日、商業的に成功した世界初の即席ラーメンである「チキンラーメン」が日清食品株式会社より発売されました。
チキンラーメンは、日清食品創業者の安藤百福(あんどうももふく 1910-2007)が大阪府池田市の自宅の敷地内に建てた研究小屋で試行錯誤した末に生まれた、お湯をかけて3分間待つだけで食べられるインスタントラーメンです。

「即席ラーメンの日」だからかどうか分かりませんが、5食パックが税抜き318円でチラシ商品になっていました。
早速購入。
久し振りに食べましたが、やっぱり美味しい!

「ぺこぱ」のTVCMも楽しいです。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

ONUが壊れてしまいました その22020年08月15日 15時19分29秒

auひかりのONUが壊れてしまったので交換になりましたが、10年前のTEPCOひかりの頃の設置なので光ケーブルが直結タイプのため、訪問サービスになると言われてしまいました。
19日に交換に来るそうです。

パソコンでインターネットが使えないと何かと不便です。
iPadもWi-Fiタイプなので、通信が出来ません。

仕方が無いので、今日もiPhoneで送信です。


VIE DE FRANCE(ヴィ・ド・フランス)で、モーニングセットをいただきました。
クロックムッシュとヨーグルトにホットコーヒー。
VIE DE FRANCEって、フランスのパン屋さんみたいですが、山崎製パンの完全子会社で、日本の会社なんですね。

パソコンは不調だけど、仕事は頑張らなくては。


今日もご覧頂き、ありがとうございました。

俺のBakery&Cafe でお持ち帰り!2020年08月13日 11時39分44秒

新型コロナウィルスの感染が怖いので、今日のお昼は「俺のBakery&Cafe」でテイクアウト。
この店はカフェもあるので店内でもいろいろな物が食べられるのですが、店内での飲食はなるべく避けたいので、お持ち帰りにしました。
「奥久慈卵のたまごサンド」と「小倉バターのサンドイッチ」。 税込540円です。

茨木県産のブランド卵「奥久慈(おくくじ)卵」をふんだんに使ったたまごサンドと、たっぷりの小倉あんと有塩バターを挟んだサンドイッチ。 使っている食パンは「銀座の食パン~香~」です。
見えないですけど、下の方まで同じ厚さで具が入っています。

上は、「プレミアムクロワッサン」。フランス産の最高級バター「エシレバター」をふんだんに使用した超贅沢なクロワッサンです。バターの香りが大好きなのですが、焼き上がり時間に合わせていかないとなかなか買えません。1個税込410円です。

テイクアウトだと消費税が8%なのでお得です (^◇^)



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

小さな抹茶のロールケーキ パータ・ブリックのアクセント2020年08月11日 11時23分23秒

建築家・黒川紀章(1934-2007)の設計で知られる、国立新美術館。
国立新美術館
この独特の曲線部分はガラス張りになっていて、館内に入っても見上げる曲線美に圧倒されます。

午後3時頃だったので、円錐状の建造物の上にある「Salon de thé ROND(サロン・ド・テ ロンド)」でちょっと休憩。
Salon de thé ROND
店名の「ROND」は大勢が輪になって歌いながら踊るフランスで発達した輪舞曲のことで、客席も輪になっています。
「thé(テ)」はeの上の「´」がなければ英語の「the(ザ)」になってしまいますが、「Tea(ティー)」のフランス語で「thé(テ)」です。紅茶やお茶を意味します。
Salon de thé ROND

ケーキとコーヒー又は紅茶のセット(税込1,386円)というのがあって6種類のケーキから選べますが、お腹も空いていなかったので「小さな抹茶のロールケーキ パータ・ブリックのアクセント」というのにしました。
甘みがちょうど良く、スポンジケーキと抹茶クリームの食感が絶妙にマッチします。抹茶の味もまろやかで、抹茶パウダーを付けて味の調整が出来ます。私はたっぷりと付けていただきました。
thé じゃなくてコーヒー(ホット)と共に。
小さな抹茶のロールケーキ パータ・ブリックのアクセント 
ロールケーキに刺さっているクレープの皮をパリパリにしたようなものを、パータ・ブリック(pate brick)というんですね。
抹茶ロールケーキは今まで食べたこと無いと思うけど、こんなに美味しいものなんだぁ。

「サロン・ド・テ ロンド」の抹茶ロールケーキがあまりにも美味しかったので、近所のマイバスケットへ寄った時に「濃い抹茶の手巻きロール」というのを見つけて買ってみました。
大きなロールケーキが4切れ入っていて、価格は300円台後半だったと思います。8月31日頃までの期間限定販売だとか。
濃い抹茶の手巻きロール
独特の渋味がある抹茶の味は感じられますが、コクがないというか・・・・
モンテールの製品なので「ハズレ」は無いと思ったのですが、 ざんね~~ん!
期待が大きすぎたんでしょうね。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ピラルクのアマゾン煮2020年08月05日 10時37分50秒

7月17日にオープンした「カワスイ 川崎水族館」で「ピラルクのアマゾン煮」というのを売っていたので買ってきました。
ピラルクのアマゾン煮
ピラルクは、世界最大級の淡水魚として有名で、体長4m以上、体重200㎏の記録があります。
進化において1億年間ほとんど姿が変わっていないと考えられ、生きた化石とも言われています。
主に南米のアマゾン川流域に分布し、生息地では重要な食用魚としてアマゾン先住民により古来から漁が行われてきたといいます。

パッケージを開くと、カラフルなピラルクが現れます。裏面にはピラルクや生息地などに関する情報が楽しいイラストと共にいろいろ書かれています。

ピラルクは白身魚のようで、食感は鶏のささみに似ています。ココナッツミルク煮になっていて、トマト、タマネギ、パプリカなどが入っています。特に美味しいというものではありません。(不味くはないです。普通に食べられます)
ピラルクのアマゾン煮
価格は税抜で1,300円。1,300円も出せばもっと美味しいものが食べられると思うのですが、まあ、お土産価格ですから・・・

「カワスイ 川崎水族館」は、JR川崎駅前の商業施設「川崎ルフロン」の9階と10階にオープンした水族館です。
「世界の美しい水辺」をテーマに、近くを流れる多摩川からアジア、アフリカ、南米アマゾンの熱帯雨林まで、世界の様々な環境に暮らす生きものを最新の照明・音響・映像技術を駆使して展示しています。
カワスイ 川崎水族館

商業施設ビルの中にあるので、巨大水槽は作れません。
カワスイ 川崎水族館

巨大水槽のように見えますが、200度の巨大スクリーンにアマゾンカワイルカや世界のクジラなど水族館では見れない動物たちをCGで再現したものです。スクリーンの近くに行くとイルカが近寄ってきてあいさつしてくれます。
カワスイ 川崎水族館

水槽内の生物の名前や解説は表示されていません。
なので、小さな子供が水槽横の表示を見て「あっ、お母さん、これデンキウナギだよ!」などという光景は見られません。
小さな「QRコード」があるので、それをスマホで読み込んでスマホ画面に表示するようになっています。大人同士のカップルならそれでいいのでしょうが、親子で名前を調べながら楽しむにはちょっと難があるようです。



カピバラ
世界の水辺をテーマにした水族館なので、水族館だか動物園だかよく分からない展示になっています。
この時は見られませんでしたが、コアラもいるようで・・・

オフィシャルショップも水族館と動物園のお土産が混在していて、見ているだけでも楽しめます。

「カワスイ 川崎水族館」の詳細はカワスイ公式サイトをご覧ください。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.