Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

グランメゾン東京×俺のフレンチ「クスクス アラメゾン」2019年11月08日 11時43分47秒

TBS系列で放映中の木村拓哉主演ドラマ「グランメゾン東京」と、「俺のフレンチ」がタッグを組みました。
第1話で早見倫子さん(鈴木京香)の家で尾花夏樹(木村拓哉)と京野陸太郎(沢村一樹)と3人で食べていた、尾花夏樹が作る賄い料理「クスクス アラメゾン」を、「俺のフレンチ」10店舗で食べることが出来ます。

横浜店へ行ってみました。
スタッフの方の話によると、「グランメゾン東京」側から話が持ち込まれたということで、10月20日に第1話が放送された翌日から提供されています。税抜1,480円です。(以降、価格は全て税抜)
グランメゾン東京×俺のフレンチ「クスクス アラメゾン」
数種類の肉をアニス、カルダモンなど様々な香辛料とニンニク、お肉のブイヨンで味付けしたトマト煮込みをクスクスの上に載せていただきます。
クスクスというのは、硬質小麦の一種であるデュラム小麦の粗挽粉に水を含ませ、調理後の大きさが約1mm大の小さな粒になるように丸めてそぼろ状にしたもので、少しパサパサとした食感です。
クスクスとスープが混ざることにより、しっとりとした食感に変化します。
このスープのまた、美味しいこと、美味しいこと。いろいろなお肉と野菜の出汁に香辛料が程よく効いていて、スープの方を先に食べつくしてしまいました。 そう、天井を仰ぎながら・・・・・
「グランメゾン東京」とのコラボメニューはこれからも随時登場するということなので、楽しみです。
「グランメゾン東京」の番組の方も見逃せませんね。

俺のフレンチ横浜、今回のメルマガ読者特別メニューは、「一尾丸ごとオマール海老と魚介のブイヤベースリゾット」にボトルワイン(白)が付いて1,580円という破格なメニューです。

アミューズの「黒トリュフとキノコのフラン」です。
俺のフレンチ横浜

テーブルチャージとミュージックチャージを合わせて一人500円が料金に加算されます。
生演奏を聴きながらの食事は心を豊かにさせてくれます。

俺のフレンチ横浜

ボトルワインは「フルール ・ド・シャルロット シャルドネ」というフランスワイン(白)です。
俺のフレンチ横浜

たっぷり野菜の「俺ん家サラダ」(680円)です。
俺のフレンチ横浜
アボガド、水菜、ベビーリーフ、サニーレタスの具材の上に、豚のリエットを真ん中に、生ハム、トマトが乗っています。フレンチドレッシングでいただきます。

ボトルワイン付特別メニューの「一尾丸ごとオマール海老と魚介のブイヤベースリゾット」です。
俺のフレンチ横浜
ムール貝や海老、魚の出汁の効いたリゾットの上にオマール海老が丸ごと一匹乗っています。
「クスクス アラメゾン」の魚介とお米版のようになってしまいましたが、味は全く違います。
リゾットの海老も美味しいし、オマール海老も美味しいし、魚介の出汁の染み込んだリゾットも美味しいし・・・・・💛

クスクスもリゾットもどちらもボリュームのある料理なので、お腹一杯になってしまいました。

別腹のデザートは「チョコバナナとクルミのタルト」(480円)にしました。
左から、ハチミツを混ぜ合わせて作ったクルミのタルト、一口サイズのほのかに香るココナッツのチョコバナナ、メレンゲと卵黄でつくったふわふわなスフレグラッセです。
チョコバナナにチョコレートのソースとお皿にちりばめられたピスタチオを付けていただくと、また違った風味を楽しめます。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

寿司屋の親子丼=築地青空三代目2019年10月28日 09時24分35秒

築地青空三代目は、築地に店を構える「青空鮨」の三代目と魚問屋の三代目がタッグを組んだ、築地にある江戸前寿司店です。
その名店の味を気軽に楽しめるのが「築地青空三代目 ららぽーと横浜店」です。
ららぽーと横浜のフードコート「FOURSYUN(フォーシュン)」に入っています。

北海道では、8月後半から9月初めにかけて秋鮭漁が解禁となり、10月になると卵が成熟してきてイクラに適した状態になります。
鮭もイクラもちょうど今が旬。

そこで、築地青空三代目の「寿司屋の親子丼」をいただくことにしました。税込1,890円です。
鮭は信用のあるお店でないと臭みがあって美味しくないので、私はあまり食べません。でも、質のいい鮭は大好きです。う~ん、美味しい!
寿司屋の親子丼

フードコートの良い所は、一つの席でいろいろな名店の料理をいただけるところです。
数人で行っても、それぞれが好みの料理を一緒の席で食べられます。
世田谷 宮川の「う巻」(税込920円)もいただきました。
この店の「う巻」は鰻はもちろん、玉子焼きもすごく美味しいのです。
鰻がちょっと小さくなったみたいだけど、気のせいかなぁ・・・
世田谷 宮川の「う巻き」



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

日本大漁物語きじま2019年10月23日 10時21分15秒

先日( と言っても2ヶ月位前ですが )新横浜プリンスホテルの「きじま」で食事をして美味しかったので、今度は川崎店へ行ってみました。

店内は和風の落ち着いた雰囲気で、窓際の席からは川崎駅前の夜景が広がります。

いただいたのは「天然まぐろ 極三昧(きわみざんまい)」というコース料理です。税別3,780円。

イカの箸置きが、かわいいです。

前菜です。
左上は天然まぐろほほ肉の南蛮漬け。その右は有機白胡麻クリーム豆腐。手前はMSC認証鰹のカルパッチョです。

お造り。 
味わいの違う5種類の天然まぐろが楽しめます。
左上から右に、メバチマグロ、カジキマグロ、ビンチョウマグロ。
下段左からホンマグロ・トロ、ホンマグロ赤身です。
薬味も、レモン、塩、大根おろし、茗荷、本山葵、生姜と好みによって選べます。

天然まぐろのねぎま鍋。
出汁はちょっと濃いめの醤油味ですが、これだけで飲んでも美味しくいただけます。ご飯にかけると、もっと美味しいかも。

天然まぐろのユッケ丼。お吸い物が付きます。
お米は自然栽培ササニシキを、卵は平飼い有機蘭の黄身を使っているとの事です。
程よく漬け込まれた鮪に、濃い卵の黄身の味が絡まって美味しい。

デザートはアイスクリームです。
焙煎玄米を使ったアイスクリームだそうです。
玄米だと言われなければ、胡麻味かと思ってしまいます。私の味覚もいいかげんです。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

俺のフレンチ横浜10月の特別企画2019年10月14日 08時52分10秒

俺のフレンチ横浜、10月のメルマガ読者限定特別メニューは「ムールフリットと丸ごとオマール海老」にボトルワイン(白)が付いて1,580円(税抜)です。

アミューズの「黒トリュフとキノコのフラン」です。
黒トリュフとキノコのフラン
テーブルチャージとミュージックチャージを合わせて一人500円(税抜)です。
以降、価格は全て税抜きです。10%の消費税が加算されます。
この日のライブ演奏はブギ・ウギ・ピアニストの高瀬 啓伍さんです。

ボトルワインは「フルール ・ド・シャルロット シャルドネ」というフランスワイン(白)。
このお店のボトルワインの中では一番安いコスパワインですが、普通にこのワインを注文すると、ワインだけで税抜1,980円です。

「贅沢キャビア乗せ タラのふわふわムース」はこの店へ来るとほぼ毎回注文します。380円。
贅沢キャビア乗せ タラのふわふわムース
俺のフレンチ横浜店の藤井シェフがフランス修行時代に三ツ星レストランからレシピを貰ったスペシャリテで、タラのすり身にクリームとガスを加えてふわふわに仕上げた魚介のムース『ブランダード』にキャビアをたっぷりとあしらって、ガラスの小鉢の中にはイタリアンパセリのオイルでマリネした海老とホタテとジャガイモがたっぷりと詰まっています。

「チーズ盛り合わせ」780円。
チーズ盛り合わせ
カマンベール(白かび)フルムダンベール(青かび)ミモレット(6ヶ月熟成、ハードタイプ)の盛り合わせです。レーズン&クルミのバケットとハチミツが添えられています。

「秋刀魚と茄子のテリーヌ」680円。
秋刀魚と茄子のテリーヌ
秋刀魚、ドライトマト、ナス、大葉の4層になったテリーヌ。秋刀魚と茄子の絶妙なバランスに、大葉のアクセントがきいています。サンマは脂がたっぷりのってすごく美味しい。
バルサミコ酢とバジルのソースが添えられています。

特別メニューの「ムールフリットと丸ごとオマール海老」です。これにボトルワイン1本が付いて1,580円です。
ムールフリットと丸ごとオマール海老
ムールフリット(Moules-frites)はフランス語で、ムール貝とフライドポテトのセットをメインとする代表的なベルギー料理です。フランスを中心に北欧の国々で多く食べられているといいます。
オマール海老は丸ごと一匹で、ミソも食べられます。ムール貝のスープが美味しいので、全部飲んでしまいました。

デザートは「モンブラン」580円。
モンブラン
底の方から、カシスシロップ、チーズムース、刻んだ栗、マロンムース、バシュラン(メレンゲ)、バニラアイス、最後にチュイールが乗せてあります。
チュイール(Tuile)は薄いクッキーのようなもので、フランス語でタイルを意味します。フランスの屋根タイルに形が似ているところから名付けられたといいます。
写真左上に見えるように、この店はオープンキッチンになっています。

「洋梨のコンポート」480円。
洋梨のコンポート
洋梨(ラフランス)を1個まるごとコンポートにしたものです。半分に切ると、種まで残っています。
洋梨のソルベ、濃厚な洋梨のムースケーキが添えられた、贅沢な三種盛り合わせです。
これ全部で480円は安い!


10月のメルマガ読者限定特別メニューは前半と後半、2回実施されます。
後半は、「牛肉の三種盛り(リブ、ハツ、タン)」合計400gにボトルワイン(赤)1本が付いて1,680円です。
スマホやPCで俺のフレンチに予約をする時にメルマガ配信希望欄にチェックを入れると、俺のシリーズ各店からメールが届くようになります。全店含めて月に4~5件ですので、そんなにウザイ回数ではありません。
予約をしてから来店しこのメール画面を見せるか、PCの場合はプリントアウトしたものを見せると、特別メニューが食べられます。
店内にはメニューを含めて一切掲示されていないので、メルマガ読者のみの特典になります。
近くにお住まいの方は是非ご利用ください。コストパフォーマンス抜群です。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

台湾甜商店でタピオカミルクティー2019年10月09日 11時55分13秒

横浜高速鉄道みなとみらい線のみなとみらい駅はクイーンズスクエア横浜の地下3階にあります。
改札を出てすぐの所にミスタードーナッツのお店があったのですが、7月頃に「台湾甜商店」に替わりました。
先日、横浜中華街へ行った時に、タピオカ飲料を扱っているお店が爆発的に増えているのに驚きましたが、みなとみらいにもタピオカのお店がたくさんあります。
台湾甜商店

喉が渇いていたので「タピオカミルクティー」を一杯。
この店ではミルクティーなどは、甘さが4段階、氷の量が3段階あり、好みによって選べます。
トッピングも10種類以上用意されています。
台湾甜商店
テーブルの上には台湾の観光案内雑誌がおいてありました。

あ~ おいしい!
タピオカミルクティーは、いつも最後にタピオカがいくつか残ってしまいます。
太いストローで思いっきり吸うと、そのまま直通で喉の奥まで入っていってしまうのが怖いのです。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

Pandora(パンドラ)2019年10月02日 11時58分38秒

ホテル雅叙園東京(旧 目黒雅叙園)へ「いけばな展」を見に行って、小腹が空いたのでカフェラウンジ「Pandora(パンドラ)」でケーキセットをいただきました。

ホテル雅叙園東京は目黒川沿いにあるホテルで、「和敬清心」をコンセプトに、茶室の侘び寂びに代表される精神性、自然への想いや光の演出など、落ち着いた空間作りを心掛けています。

カフェラウンジ「Pandora」の入り口です。
ホテル雅叙園東京のカフェラウンジ「Pandora(パンドラ)」
2匹の金のウサギが出迎えてくれます。
耳を閉じたウサギと開いたウサギ。鈴木丘(すずき きゅう)という、1947年静岡県生まれの芸術家による「兎月(とげつ)」という作品です。

まるで温室のような開かれた空間の外に緑が広がります。
ホテル雅叙園東京のカフェラウンジ「Pandora(パンドラ)」

テーブルにも緑が映り込み、ゆったりとしたソファーでくつろぎながら森の中にいるような雰囲気が味わえます。
ホテル雅叙園東京のカフェラウンジ「Pandora(パンドラ)」

テーブルに映った緑とマスカットの緑がベストマッチです。
ホテル雅叙園東京のカフェラウンジ「Pandora(パンドラ)」

「ごゆっくりお過ごしください」と言われたのでマッタリとしていたら、「コーヒーのお代わりをお持ちしましょうか?」だって。お代わり無料なんだ。
2杯目のコーヒーを飲み終わった頃に又同じことを聞かれたのですが、そんなに飲んだらお腹一杯になっちゃう。
そろそろお店も混む時間帯(正午前)なので丁重にお断りして退出することにしました。

ケーキセットは1,500円。ホテル雅叙園東京の会員なので10%OFFになりますが、サービス料(13%)と消費税が加算されます。
キャッシュレス・ポイント還元には対応していないようです。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

俺のフレンチ横浜2019年09月18日 12時18分12秒

俺のフレンチ横浜、9月のメルマガ読者限定特別メニューは「ウェリントン風 牛フィレ肉のパイ包みと 牛ロースのグリエ」にボトルワイン(赤)が付いて1,880円(税抜)です。

スマホやPCで俺のフレンチに予約をする時にメルマガ配信希望欄にチェックを入れると、俺のシリーズ各店からメールが届くようになります。全店含めて月に2~3件ですので、そんなにウザイ回数ではありません。
予約をしてから来店しこのメール画面を見せるか、PCの場合はプリントアウトしたものを見せると、この特別メニューが食べられます。
店内にはメニューを含めて一切掲示されていないので、メルマガ読者のみの特典になります。

テーブルチャージとミュージックチャージを合わせて一人500円(税抜)取られますが、「黒トリュフとキノコのフラン」が提供されます。
フランと言ってもフランス等で使われている通貨単位のことではありません。
フランスでは、タルト生地にカスタードクリームを流し込んで焼いたものを「フラン」と言いますが、これは日本でいうプリンのような感じで、スペインでいう「フラン」に近いものです。
キノコの味にトリュフが香ります。
9月17日の奏者は、ピアノ 楠 直孝 、トランペット 赤塚 謙一 です。

無料でいただけるボトルワインは「De BORTOLI  LORIMER  Shiraz Cabernet(デ・ボルトリ ロリマー シラーズ・カベルネ)2018」というオーストラリアの赤ワインです。
俺のフレンチ横浜


「贅沢キャビア乗せ タラのふわふわムース」はこの店へ来るとほぼ毎回注文します。
380円。以降、価格は全て税抜です。
『贅沢キャビア乗せ』タラのふわふわムース

俺のフレンチ横浜店の藤井シェフがフランス修行時代に三ツ星レストランからレシピを貰ったスペシャリテで、タラのすり身にクリームとガスを加えてふわふわに仕上げた魚介のムース『ブランダード』にキャビアをたっぷりとあしらって、ガラスの小鉢の中にはイタリアンパセリのオイルでマリネした海老とホタテとジャガイモがたっぷりと詰まっています。
混ぜて食べると、絶妙に美味しいのです。


「ハチノスのパン粉焼き(タブリエ・ド・サブール)」680円です。
ハチノスのパン粉焼き(タブリエ・ド・サブール)
ハチノスといっても「蜂の巣」ではなく、牛のホルモンで第二胃袋のことを指すそうです。
ダブリエ(tablier)=エプロン ド(de)=の サブール(sapeur)=工兵 で、直訳すると「工兵のエプロン」になります。昔、料理上手な兵士が考案した料理だと言われています。
マスタードと赤ワインとビネガーを使ったソースでいただきます。


「鳥取県大山鶏フォアグラと野菜のテリーヌ」680円です。
鳥取県大山鶏フォアグラと野菜のテリーヌ
大山鶏のムースとフォアグラ、インゲン、人参、ゴボウ、シイタケをテリーヌ型にして、その周りをベーコンで巻き上げたものです。 粒マスタードにマヨネーズを合わせた濃厚ソースでいただきます。
鳥取県大山鶏フォアグラと野菜のテリーヌ
ベーコンの旨味と大山鶏のムースの相性は抜群です。


「ウェリントン風 牛フィレ肉のパイ包みと 牛ロースのグリエ」。ボトルワインが付いて1,880円です。
ウェリントン風 牛フィレのパイ包みと 牛ロースのグリエ
牛フィレ肉を、フォアグラなどのパテと、キノコ、玉ねぎ、エシャロットなどを細かく刻んでバターなどで炒めたデュクセルで覆い、さらにその上からパイ生地で包んでオーブンで焼いたものです。
黒トリュフをたっぷり使った濃厚ペリグーソースでいただきます。
ウェリントン風 牛フィレのパイ包みと 牛ロースのグリエ

デザートも欲しかったのですが、お腹いっぱいで食べられません。 残念!



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

銀座・銀のぶどうのプティ・ガトー2019年09月12日 11時58分53秒

一昨日、10日間アルコールとスイーツを断って挑んだ「血液検査」が終わりました。

結果は1時間後に出ました。いつも肝臓の値「ALT」「AST」と「血糖値」が高いので、お酒と甘いものをかなり制限したのですが、結果はあまり変わりません。
ALT=46(上限値30)、AST=45(上限値30)です。先生(医者)の話では「個人差があるので毎年の健康診断で様子を見る形で良いでしょう」ということです。
血糖値は97(上限値109)と100を切っているので、まあまあ今のところは安心です。

で、病院の帰りに銀座・銀のぶどうでケーキを買って「大人食い」。
「モンブランローズ」と「ハニーレモン」です。
「モンブランローズ」は、マロンクリームでバラの花びらを表現しています。中の生クリームにはキャラメルソースがしのばせてあり、ラム酒「オールドジャマイカラム」を使ったカスタードクリームからはラム酒がほのかに香ります。ベースはマロンタルトです。
「ハニーレモン」はスペイン産のレモンを使ったゼリーの爽やかな風味が生クリームの甘さを引き立てます。 めちゃくちゃ美味しい!
血糖値、当然のように急上昇していることでしょう ( ^ω^)・・・・・



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

ステーキ俺のグリル 銀座並木通店2019年09月11日 10時17分21秒

「ステーキ俺のグリル 銀座並木通店」が「A5ランク和牛ステーキ」を始めたということで、記念としてメルマガ読者限定でボトルワインサービスを行なっていました。
9月2日(月)・3日(火)・9日(月)・10日(火)の期日限定で、注文時にメールマガジンの画面を見せて「和牛ステーキ盛り合わせメニュー」を注文するとボトルワイン(赤)1本が付いてきます。

昨日がボトルワインサービスの最終日だったので、予約をして席を確保したうえで電車を待っていたら黄色い電車がホームに滑り込んできました。「KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN(京急イエローハッピートレイン)」の「ONE PIECE 麦わらストア」バージョンです。
KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN
「KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN」は1編成のみの運行で、なかなかお目にかかることが出来ず、「しあわせの黄色い電車」と呼ばれています。
今日は良いことあるかな?


「ステーキ俺のグリル 銀座並木通店」はその名の通り、ステーキとグリル料理をメインとするお店です。銀座8丁目の、高級ブランドショップが連なる銀座並木通り沿いにあります。

ワインは「セパス・プリヴァダス・マルベック 2016」です。
アルゼンチンのメンドーサ州で栽培されたブドウを使っているそうです。
「セパス・プリヴァダス・マルベック」という ワインの銘柄も発音がしにくくてメンドーサ!
テーブルチャージとして300円(税抜)を取られますが、「銀座の食パン~香~」が出されます。

1コインタパスは480円(税抜)です。日替わり3種盛りだと3品で980円(税抜)になります。
3種盛りにしました。左上から「彩り野菜の自家製ピクルス」、「オマールソースのポテトクリーム」、「トリュフクレープ」です。
3種のタパス
「トリュフクレープ」には黒トリュフが乗っていますが、プラス500円で「ハニートリュフ」をスライスしてくれます。
ハニートリュフはハンガリーのハリエンジュ林でしか収穫できないという珍しいトリュフです。私はその名も知りませんでした。7月から9月が収穫時期だそうです。
見た目は小さな白いじゃがいもみたいですが、甘いキノコの香りがします。
1枚食べてみると、最初はとても心地良く滑らかなマッシュルームのような味が舌に広がり、その後に蜂蜜のような甘さが襲ってきます。甘い!
トリュフクレープ
輸入業者のサイトを見ると、1㎏87,800円(税抜)だとか。高いですね。

本日の魚料理で「ヒラメのカルトッチョ」1,480円(税抜)です。カルトッチョ?カルパッチョじゃないの?
お店の人が教えてくれました。カルトッチョ(Cartoccio)とはイタリア語で紙包みの事をいうそうです。
調べてみると、イタリア語で紙の意味の「カルタ(Carta)からきているようです。
ヒラメのカルトッチョ
雲丹をトッピングしてもらいました。
ヒラメのカルトッチョ

「A5ランク米沢牛3種の部位盛り合わせ(450g)」です。
左から「ザブトン」「内もも」「サーロイン」。
和牛3種盛り合わせ
ザブトンは肩ロースの一部分で、1頭から数kgしかとれない希少部位です。ロースの中でも最もきれいなサシが入っている部分になります。
内ももは、赤みが多くて、肉の味がしっかりと味わえます。

もう、お腹一杯。

全部食べきれないうちに2時間が経ったので店を出されてしまいました。
店の外には予約の人が並んで待っていたので仕方ないけど、ほんの少しだけど食べ残してしまったのは残念です。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

韓の台所 京急川崎店2019年09月04日 11時24分29秒

京急川崎駅を出てすぐの所にある「韓の台所 京急川崎店」へ行ってみました。
「かんのだいどころ」と言う人が多いのですが、「はんのだいどころ」と読んで下さい。

最高級A5ランクの山形牛を一頭買いして提供することを売りにしているお店で、韓国料理の一品料理も充実しています。
焼肉もリーズナブルな価格から高級な和牛(山形牛)の希少部位まで、予算と好みに合わせて選ぶことができます。

まずは生ビール。大生780円(税抜)です。ク~~ッ!うまい!

「サンチュ」(税抜580円)です。とても新鮮な葉っぱです。
普通はお肉を巻いて食べるのですが、このお店では付属の味噌が凄く美味しくてたっぷりとあるので、肉を巻かないで葉っぱに味噌をたっぷり付けて全部食べてしまいます。
サンチュと生ビールだけでお腹いっぱいにすることもできそうです。

「ケランチム」(税抜680円)です。
韓国料理は好きなのですが、韓国料理店に入ることはほとんど無いので、料理名はよく分かりません。
この「ケランチム」というのも知りませんでした。
朝鮮語で「ケラン」は「鶏卵」、「チム」は「蒸す」を意味する言葉だそうで、朝鮮風茶碗蒸しのようなものです。
海鮮出汁の効いた茶碗蒸しで、玉子がフワッフワです。「冷めると玉子が硬くなるので温かいうちにお召し上がりください。」と言われました。

「特選山形牛箱盛り(4種)」税抜4980円です。
リブ巻き、友三角、サーロイン、カメノコの4種類。その部位の場所が図で示されていて判りやすくなっています。
「リブ巻き」は、一般の焼肉店では特上ロースという部位です。霜降りが多く舌の上でとろけます。
「友三角」は、内モモの下の部分にある「しんたま」と呼ばれる部位の中の一部です。1頭からわずかしか取れない貴重な部位だそうです。モモの部分の割には柔らかく、適度な霜降りで風味があります。
「カメノコ」も、「しんたま」の一部で、断面の模様が亀の甲羅に似ていることから亀の子と呼ぶそうです。
肉質がきめが細かく脂が少なくて、赤味の旨みが強く感じられます。

「上タン塩」です。税抜1,280円。
このお店には2,980円(税抜)の「和牛特上タン塩」まで5種類のタン塩がありますが、その中でも一番安いものです。それでもかなり分厚くて、牛タン独特の食感と味が楽しめます。

〆は「石焼きビビンバ」(税抜880円)です。
お店の人が「かき混ぜてからお持ちしますか?」と聞いたので、「はい」と言ってしまったおかげで、原形が分からなくなってしまいました。
おこげが好きじゃない人はすぐに食べて、おこげが欲しい人は少しこのまま置いてから食べると美味しいおこげが出来るそうです。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2019 M-Hoshino All Rights Reserved.