Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

北信越の郷土料理と日本酒の店「方舟」2020年02月18日 20時01分42秒

北信越の郷土料理が味わえる本格派日本酒レストラン「方舟(はこぶね)」へ行ってみました。
北信越(ほくしんえつ)とは、北陸3県(富山県、石川県、福井県)と信越地方(長野県、新潟県)を合わせた地域をいいます。
常時80種類以上の日本酒を取り揃え、店舗専属の利き酒師もいるので、言えば、料理に合ったお酒や好みの味の日本酒をセレクトしてくれます。

お通しです。「凍り豆腐と真砂煮」と言われたような・・・  お薦めの日本酒も付いてきます。

お酒は錫(すず)の器で提供されます。
科学的に証明されたわけではありませんが、錫製品は水を浄化して雑味が取り除かれ、お酒がまろやかになると言われているとか。


「白子ポン酢」です。
白子ポン酢

「寒鰤(ブリ)刺身」
寒鰤(ブリ)刺身
スーパーで売っているブリはこんなにピンク色をしていなくて、もっと白っぽい色をしています。
血合いの部分も少なくて、すごく新鮮な感じです。食べてみると、ブリッブリの食感で美味しい!
ブリの季節もそろそろ終わってしまいます。今のうちに美味しいブリをたくさん食べておかないと。

「柳八目(ヤナギハチメ)姿造り」
柳八目(メバル)姿造り
柳八目(ヤナギハチメ)はメバルの一種で、日本海沿岸部で撮れる魚です。太平洋側ではあまり見かけません。旬は春だといいますが、能登では通年水揚げがあるそうです。

「海老の唐揚げ」
海老の唐揚げ

「蛍烏賊(ホタルイカ)沖漬け」
蛍烏賊(ホタルイカ)沖漬け

ホタルイカが美味しいので、ホタルイカを使っているという「いか黒造り揚げジャガバター」というのも注文しました。出てきたのはこれ。
蛍烏賊(ホタルイカ)黒造り
これって単なる「ホタルイカ黒造り」じゃない? 揚げジャガバターは何処?
お店の人に言うと、「あっ、すみません」って。
これが「いか黒造り揚げジャガバター」です。
いか黒造り揚げジャガバター

奢ってもらったので、値段はよく分かりません。




今日もご覧いただき、ありがとうございました。

俺のフレンチ横浜 水迫牛と鹿児島の美味い物2020年02月05日 12時03分23秒

「俺の」シリーズ全店で「原価じゃぶじゃぶ祭り」が2月29日まで開催されています。

鹿児島県指宿市の畜産農場「水迫ファーム」が、「獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分」の原料の酒粕と山田錦の米粉を与えて育てた黒毛和牛「水迫牛」をはじめ、鹿児島の食材を使用した料理、「獺祭」の酒粕・山田錦の米粉を使用した料理など、各店で工夫を凝らした逸品を提供してくれています。

俺のフレンチ横浜」へ行ってみました。

まずは、アミューズの「黒トリュフとキノコのフラン」です。これはいつ行っても変わりません。
テーブルチャージとミュージックチャージを合わせて一人500円(税抜)取られます。
この日のミュージシャンは、ボーカル・吉村 樹里 、ギター・ 愛川 聡です。


「錦江湾ブリと彩り野菜のアスピック」1,380円。(以降、価格は全て税抜です)
錦江湾ブリと彩り野菜のアスピック
錦江湾は、鹿児島湾ともいわれる、桜島が有名な湾です。
アスピック(aspic)はフランス料理の一種で、肉や魚を煮たブイヨンをゼリー状にしたもの。日本料理でいう「煮こごり」みたいなものです。
ニンジンやブロッコリーなどの野菜と一緒にブリが大量に入っています。海老も添えられ、トマトのソースとほうれん草のソースでいただきます。
上品な味の「煮こごり」が、食材に絡んでとても美味しいです。

「獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分」をグラスでいただきました。大きなワイングラスに半分ほど入って1,200円です。これは安い!
ワイングラスから花の様な豊な香りが漂ってきます。水のようにまろやかなお酒かな?と想像していたのですが、しっかりと「お酒」を感じられる芳醇な味でした。アルコール度数は16度とちょっと高めです。

「水迫牛のパイ包み と グリル」2,580円です。
水迫牛のパイ包みとグリル
レフォールソースとマデラソースでいただきます。
ローストビーフの薬味としてよく使われている「レフォール」。 ホースラディッシュとか、西洋わさびとも言われます。
マデラソースは、ポルトガル領のマデラ島で造られるマデラ酒を使って造られる甘みのあるソースで、「牛ステーキ」や「フォワグラ」「ジビエ」などの肉料理に合うということです。
「水迫牛のパイ包み」を割ってみると、ひき肉にした水迫牛の中にフォアグラが入っていました。
美味しい~~!

今回のメルマガ読者限定特別メニューは「オマール海老と海老のアヒージョ」です。
単品でオマール海老を注文すると1,580円です。それに海老のアヒージョとボトルワインが付いて同じ値段ですから、超お得です。

「オマール海老と海老のアヒージョ」
オマール海老と海老のアヒージョ
オマール海老は一匹丸ごとです。シンプルに海老の味が楽しめます。少しですが、ミソも食べることが出来ました。
アヒージョの海老もプリップリです。

おまけのワインは「SANTA LUZ ALBA  CHARDONNAY(サンタルーズ アルバ シャルドネ)」です。
シャルドネ種のブドウを原料にした、フルーツ系の甘い香りと軽やかな口当たりが特徴のチリ製白ワインです。
SANTA LUZ ALBA  CHARDONNAY(サンタルーズ アルバ シャルドネ)

デザートは、
「イチゴロールとタルト」580円。
イチゴロールとタルト
イチゴをたっぷり使ったタルト、フワフワなロールケーキ、冷たいバニラアイス。イチゴのジャムをつけていただきます。
タルトは、サクサクのタルト生地の中にキル酒をきかせたカスタード。その上に苺が乗っています。

「りんごと獺祭のマリアージュ」480円。
りんごと獺祭のマリアージュ
獺祭の酒粕を使ったチーズケーキの中にはスライスリンゴとリンゴのピューレが入っており、日本酒の香りがほんのり香る大人のデザートです。
ソルベにもリンゴの果肉がたっぷり入っていて、口いっぱいにリンゴが広がります。
獺祭を紅茶で割ったソースと一緒に食べると、一気に大人の味わいになります。

コーヒーは350円です。

「獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分」の段階ですでに酔っぱらっていたのでボトルワインは飲み残してしまいましたが、ワインボトル用のプチプチの袋に入れて「お土産」にしてくれました。
親切なお店です。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

天ぷらと穴子の店「助六酒場」2020年02月04日 14時02分45秒

穴子料理と天ぷらが美味しいと聞いて、「天ぷら 穴子蒲焼 助六酒場」に行ってきました。
場所は京急・青物横丁駅から歩いて2分位の所です。

お通しは「金平牛蒡」です。300円(価格は全て税込なので、支払いは10%増しになります)

飲み物は「まるごと果実ゴロゴロサワー」のグレープフルーツです。ゴロゴロ入っているグレープフルーツをグラスの中で押しつぶして飲みます。果実感をたっぷり味わえます。580円ですが、お代わりは1杯300円です。

「穴玉焼き」720円。分厚い玉子焼きの中に穴子が入っています。
穴子はウナギを使った「う巻き」より淡泊な味になりますが、その分、玉子本来の味を楽しめます。
めっちゃ美味しい。

「大根おでん天」「キス天」「蓮根天」それぞれ、180円、150円、120円です。

「穴子一本天」780円です。かなり大きくて乗りきらないので、3つに切ってくれました。
サクッサクで美味しい。上品な穴子の味が口の中に広がります。脂も乗っています。

「穴子白焼き」980円。
「穴子蒲焼き」980円。
蒲焼のタレはちょっと濃いめに感じます。白焼きの方が穴子の味が楽しめるかもしれません。

「キノコ天婦羅盛り合わせ」660円。マイタケ、エリンギ、シメジです。

揚げ物が多いので、口直しに「長芋山葵漬け」を注文しました。480円です。山葵の香りとツ~ンと感がたまりません。口の中がさっぱりとします。

「とろーりチーズ天婦羅」「アスパラ」「ワカサギ天」「牡蠣天」。220円、250円、120円、350円です。
チーズはモッツァレラとカマンベールだとか。
牡蠣天は半分に切ってあるので、中身が見えてちょっとグロい。

「紅しょうが天」250円です。天かすみたいです。ご飯に乗せて食べると美味しいだろうな・・・・。お酒が進みます。

「さつま芋天」です。120円。 ほっこりと甘くて、焼き芋より美味しいかもしれない。

さんざん天婦羅を食べたので、〆は「穴子の棒寿司」です。650円。 一口で頬張るにはちょっと大きめですが、穴子と酢飯とタレの味のバランスがちょうど良いので、一気に口の中に入れたい逸品です。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

桃栗3年 柿8年 柚子は9年で成下る2020年01月29日 12時02分05秒

柚子の実が生っていました。
ミュージシャンの「ゆず」も好きですが、果実の「柚子(ユズ)」も大好きです。

料理に香りや酸味を加える調味料として、柚子胡椒や唐辛子などの香辛料・薬味として、料理を美味しくしてくれます。お漬物にちょこんと乗っている柚子を見ると嬉しくなります。
果肉をくりぬいて半球の皮を器にして料理を盛りつける柚子釜は、ほのかな香りが料理の味を引き立ててくれます。
酎ハイも柚子が風味的にも美味しいです。マーマレード・ジャムや、柚子茶などのドリンク類にしても最高です。
鎌倉へ行くと必ず「杉養蜂園 鎌倉2号店」へ寄って「果汁入りはちみつ ゆず蜜」を試飲します。(買わないですけど・・・)
柚子湯も温まっていいですね。
そんな柚子ですが、実が生るにはかなりの年数がかかってしまう、手間がかかる果物のようです。
「時をかける少女」(大林宣彦監督・原田知世主演の1983年版映画)でも「桃栗3年 柿8年 柚子は9年で成下る・・・」と歌っていましたが、「ユズの大馬鹿18年」、「柚子は9年の花盛り」、「柚子の阿呆は13年」など、地方によっていろいろな言い方があります。
でも、どちらにしても長い年数がかかるようです。

「時をかける少女」(1983年)で高柳良一と原田知世が歌っていた「桃栗3年・・・・」の歌ですが、作詞:平田穂生 作曲:大林宣彦 編曲:松任谷正隆のオリジナル曲で、題名は「愛のため息」というようです。
意外な題名です。

この曲は2番まであって、歌詞を紹介すると、
1番) 桃栗3年 柿8年 柚子は9年で成下る 梨の馬鹿めが18年
2番) 愛の実りは海の底 空のためいき星屑が ヒトデと出会って億万年 
となります。
空のため息が星屑になって落ちてきて、海の底で星のようなヒトデと出会って憶万年の愛が実るなんて、ロマンチックですね。
でも、「ヒトデ」の名の由来は「人の手」の形をしているから「人手」じゃなかったかな?



最後までご覧いただき、ありがとうございました。



--------------------------------------
薀蓄仙人「雲竹斎」じゃ。
確かに「ヒトデ」は人の手の形をしているから和名では「人手」なんじゃが、英語では「starfish」(星の魚)あるいは「sea star」(海の星)、フランス語では「étoile de mer」(海の星)、ドイツ語では「Seestern」(海の星)などといわれておるんじゃ。学名も「Asteroidea」という。
日本でもヒトデを漢字では「海星」と書くことが多いんじゃ。
ヒトデは現在の星型や星マーク(☆・★)の元となったとも言われておる。
やっぱり、「Romanticが止まらない」んじゃ。
--------------------------------------



グランメゾン東京の「ビーフシチュー」2020年01月16日 11時11分24秒

放送は終了してしまいましたが、「グランメゾン東京 第8話 ビーフシチュー」で放送された、尾花夏樹が日本で最初に料理を始めた頃の師匠の店「浪漫亭」で尾花夏樹と早見倫子が食べた看板料理の「ビーフシチュー」を、「俺のフレンチ横浜」で味わうことが出来ます。(18日まで)
赤ワインでたっぷり煮込まれた肉厚の牛タンに濃厚なデミグラスソースの味が加わりますが、牛タン本来の味と甘みを味わうことが出来ます。 牛タン、めちゃくちゃ分厚くて柔らかいし、美味しすぎ 💛 これで1,480円(税抜)は安すぎ!

紹介する順番が前後しましたが、アミューズの「黒トリュフとキノコのフラン」です。
テーブルチャージとミュージックチャージを合わせて一人500円(税抜)取られます。
この日のミュージシャンは、サックス:向井 志門、ピアノ: 保坂 修平です。

ワインは「SANTA LUZ ALBA CABERNET SAUVIGNON (サンタルーズ アルバ カベルネソーヴィニョン)」というチリ産の赤ワインです。

「たっぷり野菜の『俺ん家サラダ』」680円(価格は全て税抜です)
鶏肉をマヨネーズで和えたもの、ベーコンとサクサクのクルトンに、鶏の砂肝をのせたサラダです。ポーチドエッグも乗っています。鶏の砂肝を洋風のサラダに入れるなんて・・・と思ったのですが、これが合います。混ぜて食べると全体のバランスが絶妙です。

メルマガ読者限定特別メニューの「牛リブロースのグリエ  ~バジルとわさびのエッセンス ラタトゥイユのタルトを添えて~」です。
上記のボトルワインが付いて1,580円です。メルマガ読者限定なのでメニューには載っていませんが、抜群のコストパフォーマンスです。
牛リブロースは300gあります。冷めてしまうとちょっと硬めな感じですが、しっかりとお肉を味わえます。バジルソースと山葵ソース、両方の味で楽しむことが出来ます。
煮込み野菜のタルトも美味しいです。でも、お腹一杯になってしまいます。

デザートの「抹茶とカカオのパルフェ」480円です。
チョコバナナケーキ、濃厚抹茶プリン、バニラアイス、ココアとマスカルポーネチーズを使ったムースのような泡状のエスプーマにピスタチオがトッピングされています。ショコラチュイルが添えてあります。

「黒ゴマのブリュレ」480円です。
濃厚な黒ゴマ風味のブリュレの上に乗っているのは沖縄の塩アイスです。塩アイスが黒ゴマブリュレの甘さを引き立てます。
食べているうちに、塩アイスがウサギちゃんみたいになってしまいました。

コーヒーは350円です。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

天空ノ鉄道物語コラボメニュー「天空駅そば」2020年01月15日 10時43分54秒

六本木ヒルズ・森タワー52階の、森アーツセンターギャラリーとスカイギャラリーで開催中の「特別展 天空ノ鉄道物語」とコラボした特別メニューを「天空駅カフェ」でいただきました。

「特別展 天空ノ鉄道物語」会場に隣接する「Cafe THE SUN(カフェザサン」)が「天空駅カフェ」として特別仕様になりました。
案内された席からは、テレビ東京本社が入居する住友不動産六本木グランドタワー(左端)、泉ガーデンタワー、虎ノ門ヒルズ、アークヒルズ仙石山森タワーなどが一望できます。まさに「天空駅カフェ」です。
テーブルも鉄道路線図のようにラッピングされています。 これだけで楽しくなります。
天空ノ鉄道物語

「天空駅カフェ」では、天空駅オリジナル駅弁(ドア弁)や、ご当地うどん、オリジナルの天空駅そば(1日30食限定)をはじめ、ここでしか食べることのできないオリジナルメニューを期間限定で提供しています。

「関東 海老天蕎麦」です。1日30食の限定になります。
天空駅そば「関東 海老天蕎麦」
いなり寿司と、なんだか懐かしいポリ茶瓶付きです。
これは1月26日(日)までの期間限定で、1月27日(月)から3月22日(日)までは「関西 タヌキ蕎麦」 が提供されます。

ヘッドマークラテ「カシオペア」です。
ヘッドマークラテ「カシオペア」
1月26日(日)までは「さくら」、「カシオペア」、「なは」の3種。
1月27日(月)~3月22日(日)は「はやぶさ」、「北斗星」、「トワイライト」の3種が楽しめます。

その他、「ご当地そば(うどん)」、「デザートプレート」、天空駅オリジナル駅弁「ドア弁」や「豪華観光列車【ろくもん】のフルコース」、「特急列車ヘッドマーク弁当」など盛りだくさんです。
但し、期間限定や数量限定が多いので、公式ホームページで確認して下さい。




今日もご覧いただき、ありがとうございました。

鎌倉の落ち着けるカフェ「歐林洞」2020年01月07日 17時43分41秒

鎌倉へ初詣に行くと必ず立ち寄るお店、「歐林洞」へ今年も行ってきました。
歐林洞
美術館を改装したという石造りの洋風建築で、鎌倉山歩きの服装などではちょっと入りにくい高級感があります。
歐林洞

店内も落ち着いた雰囲気で、ケーキと紅茶を楽しみながら至福の時間を過ごすことが出来ます。
アフタヌーンティーにはピッタリのお店です。

店内中央には歴史を感じさせるエスプレッソマシンが置かれています。
歐林洞
約50年前にハンドメイドで作られたドイツ製のエスプレッソマシンだということです。
上の段のものは部品が調達できなくて修理できないので飾りになっているそうですが、下の段のものは今でも活躍しているとか。


鶴岡八幡宮から北鎌倉方面に歩いてすぐの所にあるので、初詣の後にゆったりするのにピッタリです。今回はランチで利用しました。

キッシュのランチです。
スープとキッシュと紅茶がセットになっています。

「旬の季節の野菜スープ」です。今回はミネストローネでした。
旬の季節の野菜スープ(ミネストローネ)
濃厚なトマトスープに野菜の味が美味しい。コンキリエ(貝殻のような形のパスタ)も下の方に沈んでいました。

「フレンチキッシュ 歐林洞風」です。かなりボリュームがあります。
フレンチキッシュ 歐林洞風

オリジナルブレンドティーはアイスとホットがあり、それぞれフレーバーが違います。
何のフレーバーだか聞いたんですが、忘れてしまいました。
オリジナルブレンドティーはランチセットの場合は選べませんが、単品で注文する場合は十数種類が用意されています。
すごく高級感のあるティーカップとソーサーで、お客さんによってデザインや形を変えて提供しています。
カップの裏をひそかに覗いてみると、イギリスの高級陶磁器メーカー「Wedgwood」の銘がありました。
他の食器もきっとお高いんでしょうね。落として割っちゃったりしたらどうしよう・・・

歐林洞はケーキの美味しいお店としても有名です。サヴァランというケーキが人気ですが、前回食べたので今回は「ヴァリエ」にしました。(ランチセットには含まれません)
「ヴァリエ」はキャラメルムースのケーキで、表面に洋ナシとマロンペースト、中には栗が入っていてしっかりとマロンの風味が感じられます。
ヴァリエ

鶴岡八幡宮の近くに行ったら是非立ち寄って欲しいお店です。 「パトロン」というケーキは贈り物にも最適です。




最後までご覧いただき、ありがとうございました。

黒毛和牛×活鮮魚 マグロ婆娑羅 上野店2019年12月29日 12時40分50秒

実は、牡蠣 活鮮魚 新潟地酒のお店を目的に行ったのですが、満席だったので同じビルに入っているこの店に落ち着きました。

「お通し」です。税込330円。

「鮪と肉の出会い刺し六点盛り 」(税込3,278円)です。
鮪と肉の出会い刺し六点盛り
鮪はインドマグロ、メバチマグロ、キハダマグロの3種類。肉はローストビーフ、馬刺し、鶏わさの3種類。
黒毛和牛と活鮮魚を売りにしているだけあって、鮪も馬刺しも鶏肉も新鮮です。

「若鳥の唐揚げ」(税込858円)です。
若鳥の唐揚げ
コスパの良い居酒屋がいっぱいある上野にしては高めの値段設定ですが、皮はカリッと、中はジューシーで、値段なりのことはあります。美味しいです。

お酒は「八海山(普通酒)」2合が1,485円(税込)です。

鮪の「串焼き」です。
串焼き
左から「鮪ホルモンとズッキーニ串(税込418円)」、「鮪葱間焼き串 山葵マヨ (税込638円)」、「鮪のつくね串 卵黄添え(税込748円) 」です。

飲んだ後に暖かい緑茶を頼んだのですが、有料で308円です。
味は良いのですが、コスパがあまりよくない気がします。

同じビルに入っていて、以前行った事がある「博多満月」の方がコスパ抜群です。
あれっ 私、又同じ失敗をやらかしてしまったようです・・・・・



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

萬波島嶼紅茶( Wanpo Tea Shop )2019年12月27日 19時22分50秒

昨日、台東区元浅草にある「山籐」(元浅草アトリエ YAMATOU)へ財布を見に行ったついでに、アメ横に寄ってみると、タピオカドリンクの店が乱立していました。
その中から、「萬波島嶼紅茶( Wanpo Tea Shop )」でタピオカミルクティーを買って、上野公園までお散歩。
萬波島嶼紅茶 Wanpo Tea Shop

西郷さんの銅像前で記念撮影です。
タピオカミルクティー
昨日は12月26日なのに「Merry Christmas」のカップスリーブが付いていました。
まっ、いいか~

-------------------〇-〇-〇------------------
《雲竹斎の今日の薀蓄(うんちく)》

久し振りじゃのう。雲竹斎じゃ。
日本でタピオカが最初に流行ったのは1990年代で、今回のタピオカブームは3回目だと言われておるんじゃ。
タピオカは黒い食べ物と思っておる人も多いと思うんじゃが、本来は半透明の白なんじゃな。
タピオカの原料は「キャッサバ」という芋の仲間なんじゃ。
キャッサバは、うま味調味料「味の素」の原料にもなっておる。上の写真は「味の素・うまみ体験館」という所で撮ったものじゃ。
キャッサバは日本ではもともと文房具の「のり」などの原料に使われていたそうじゃ。
キャッサバの原産国でもあるブラジルでは、クレープは小麦粉ではなくタピオカ粉を使って作るようじゃな。

でも、タピオカってなぜあんなに黒いんじゃ?それはキャッサバという芋をすりおろして乾燥させて作る「タピオカ粉」という白い粉を丸めてゆでる、「タピオカパール」製造の過程で黒砂糖などを混ぜているから、黒い色と甘~い味が付いておるんじゃ。

-------------------〇-〇-〇------------------


今日もご覧いただき、ありがとうございました。

牡蠣三昧「Kinkawooka」2019年12月19日 12時02分25秒

今が旬の真牡蠣を食べに「キンカウーカ グリル&オイスターバー 横浜ベイクォーター店」に行ってみました。この店は、日本一のオイスターバーチェーン(株)ゼネラル・オイスターが運営するチェーン店です。
「Kinkawooka」とは、オーストラリア大陸と一部周辺島しょの先住民の言葉で「きれいな水」という意味だそうです。
海を見ながら食事ができるテラス席から見下ろすと、クリスマスツリーが輝いています。でも、この時期外は寒いので、テラス席はではなく室内のテーブル席にしました。


料理は、クリスマス期間限定(12/2~12/25)のクリスマスペアセット(要予約)にしました。二人分で税込8,690円です。

お通しです。

「スモーク牡蠣マリネとローストビーフのオイスターサラダ」です。トリュフ風味のドレッシングがかかっています。
クリスマスペアセット@キンカウーカ

「シーフードプラッター」です。
クリスマスペアセット@キンカウーカ
かなり大ぶりな岩手県赤崎産の牡蠣に、ぼたん海老とホタテ。
牡蠣は臭みや苦みが無く、つるっと口に入ってとろけます。自然な塩味がアクセントになります。
好みで使えるようにタバスコ、赤ワインビネガー、ポン酢、レモンフレーバーエクストラバージンオリーブオイルが用意されていますが、何もつけずに食べるのが一番です。

ところで、「プラッター」って何?
パソコンをやっている人はハードディスクの中の円盤を思い浮かべると思いますが、料理の世界では盛り合わせの大皿を指すようです。
英語では大皿をプレート(plate),小皿をディッシュ(dish),大型平皿をプラッター(platter),受皿をソーサー(saucer),灰皿や盆などをトレー(tray)と呼んで区別しているようです。言われてみれば、なるほど感もありますね。

「焼き牡蠣3種の盛り合わせ」です。
クリスマスペアセット@キンカウーカ
ウニと牡蠣醤油の焼き牡蠣、キノコの焼き牡蠣、香草ガーリックバターの焼き牡蠣の3種類です。
牡蠣は焼くことによってコクが増すようです。濃厚な味で、噛むと牡蠣のエキスが口の中にジュワッと広がります。
それぞれ違った味が楽しめますが、焼いた牡蠣だけでも充分美味しいと思います。

「牡蠣フライ」です。
クリスマスペアセット@キンカウーカ
大ぶりな牡蠣ですが、衣はもう少し薄くてもいいかなって・・・

「牡蠣とお魚のグラタン 」です。
クリスマスペアセット@キンカウーカ
お魚はサーモンです。バケットが付いていますが、ちょっとお腹一杯になってきました。
バケットに先ほどのレモンフレーバーエクストラバージンオリーブオイルを付けて食べると、レモンの香りもしてめちゃくちゃ美味しい!

「渡り蟹のトマトクリームソースパスタ」です。
クリスマスペアセット@キンカウーカ
トマトクリームソースですが、渡り蟹の味がしみ込んで、かに味噌のようなまったりとした味になっています。渡り蟹の身も濃い目の味で美味しい。

デザートは「ガトーショコラ ベリーソース バニラアイス添え」です。
クリスマスペアセット@キンカウーカ
デザートは普通に美味しい。大きなベリーがベリーグーです。コーヒーなどは付かないんですね。
因みにコーヒーは495円(税込)です。

生ビールやワインは649円(税込)からです。


今日もご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2019 M-Hoshino All Rights Reserved.