Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

上野動物園の五重塔と梅2017年02月17日 19時51分26秒

上野東照宮ぼたん園に咲いている枝垂れ梅と五重塔です。
旧寛永寺五重塔
この五重塔は重要文化財の旧寛永寺五重塔です。
『この塔は寛永8年(1631年)、のちに初代大老となる土井利勝によって、寛永寺の境内である上野東照宮内に建立されました。当時は神仏習合の考えにもとづき、神社である東照宮も、寺院である寛永寺の境内に作られたのです。
 この五重塔は寛永16年(1639年)に花見客の失火で焼失しましたが、同年、利勝により再建されました。その後、明治の神仏分離政策の結果、五重塔は寛永寺に帰属することになりましたが、昭和33年(1958年)に寛永寺から東京都に寄付され、現在、上野動物園の敷地内にその姿をとどめています。』

上野動物園の中にあるので、動物園に入らないと五重塔の全容を見ることは出来ません。

蘭の顔2017年02月16日 12時53分00秒

Brassolaeliocattleya  Malworth “ Orchidglade”
Brassolaeliocattleya  Malworth cv, Orchidglade
Brassolaeliocattleya Pamela hethariton “Corinatin”
Brassolaeliocattleya Pamela hethariton Corinatin
ブラソレリオカトレヤとは、華やかなカトレヤにより豊富な花色や花形を加えるために、ブラサボラ属とレリア属とカトレヤ属の3つを掛け合わせて作られた品種です。

Vanda Rothschildiana
Vanda Rothschildiana
Vanda Bhiway of nin × coeruea
Vanda Bhiway of nin × coeruea
「バンダ」とは「木に宿る」という意味で、サンスクリット語で「着生する・まとわりつく」と言う意味の「バンダカ」に由来します。樹木に太い根をはり、着生している植物です。
一般にはあまり販売されることはなく、洋ランの専門店や展覧会で購入できるという事です。

Phalaenopsis Greace Palm “Miwa”
Phalaenopsis Greace Palm Miwa
Phalaenopsis Skurko Phalaeno
Phalaenopsis Skurko Phalaeno
ファレノプシスはコチョウラン属の学名です。漢字で「胡蝶蘭」と書きますが、花の形が蝶に似ているというのが由来です。
Phalaenopsis Amanogawa × Okutama
Phalaenopsis Amanogawa × Okutama
Phalaenopsis Amabilis
Phalaenopsis Amabilis
「アマビリス」は胡蝶蘭の原種の一つですが、アマビリス同士で品種改良が行われ、非常に育てやすいため初心者にも人気があります。贈答品として広く普及している品種でもあります。

Doritaenopsis Livingston's Gem
Doritaenopsis Livingston's Gem
ドリテノプシス属は、Phalaenopsis(コチョウラン属)とDoritis(ドリティス属)の交配種ですが、2013年に英国王立園芸協会(RHS)の「蘭の交配登録に関する諮問委員会(OHRAG)」でドリティス属はコチョウラン属に変更されたということです。

Dendrobium Christmas Chime “Asuka”
Dendrobium Christmas Chime "Asuka"
ラン科セッコク属の学名が「Dendrobium(デンドロビウム)(デンドロビューム)」です。
学名はギリシャ語の dendron (樹木)と bios (生命)を合成したもので、樹木に着生して生育することが由来です。
一般的には、セッコク属の中でも園芸種として栽培されている洋ランをデンドロビウムと言っています。
Dendrobium White Rabbit “Sakurahime”
Dendrobium White Rabbit Sakurahime
Dendrobium Millennium Green
Dendrobium Millennium Green
Dendrobium“ Shinonome”
Dendrobium Shinonome
Dendrobium Yukidaruma “Queen”
Dendrobium Yukidaruma Queen

デンドロビウムの中の一群、デンドロビウム・ファレノプシスは「デンファレ」という略称で親しまれている花です。
花茎が長く伸び先の方に多くの花をつけること、花持ちがいいことなどから年間を通して切り花などに利用されています。
Dendrobium Phalaenopsis “Kleopatra”
Dendrobium Kureopatora
Dendrobium Phalaenopsis “Sakura”
Dendrobium Phalaenopsis Sakura

緑色の梅 大輪緑萼2017年02月15日 08時01分58秒

他の梅に比べると明らかに緑色に見える梅、緑萼梅の一種で「大輪緑萼」という梅の花です。
大輪緑萼
野梅系、青軸性の白梅で、一重咲き、八重咲き、枝垂れや、大輪、小輪などいろいろな種類がありますが、萼が緑色をしているのが特徴です。それで、「緑萼」。分かりやすい名前の付け方です。
大輪緑萼

大輪緑萼

大輪緑萼
神代植物公園の正門を入って右に行ったところに咲いていました。

上野公園の寒桜2017年02月14日 00時43分14秒

上野のお山、上野恩賜公園で寒桜(カンザクラ)が咲いています。
既に見頃を過ぎてしまって萼と蕊だけが残った花もありますが、まだまだ濃いめのピンク色の花が美しく咲いています。
上野恩賜公園の寒桜
寒桜は、カンヒザクラ(寒緋桜)とヤマザクラ(山桜)あるいはオオシマザクラ(大島桜)の雑種と考えられていて、早咲きの桜で有名なカワヅザクラ(河津桜)と同じ頃かそれよりも早く咲き始めます。
上野恩賜公園の寒桜
花弁は中心部が淡い紅色で外に向かって白へのグラデーションを作ります。
萼と蕊が紅色をしているので花の中心部は濃い赤に見えます。花びらが散ってしまっても紅色の部分が残るのでそれはそれで綺麗です。
上野恩賜公園の寒桜

上野恩賜公園の寒桜

上野恩賜公園の寒桜

上野恩賜公園の寒桜

ヒヨドリが蜜を求めてやってきました。
ヒヨドリ

ヒヨドリ

思いのまま2017年02月13日 21時40分50秒

白、紅、淡紅、絞り咲きなどを1本で咲き分ける梅、「思いのまま」が浜離宮恩賜庭園で咲いています。
思いのまま
1本の枝に紅白の花が咲く、めでたい花です。こういう縁起のいい木はじっくりと愛でたいものです。

「思いのまま」は、1輪の花をも紅白に咲き分けます。まさに「思いのまま」ですね。

思いのまま

人生は「思いのまま」にはならないものです。

春の訪れ2017年02月10日 18時22分22秒


梅と菜の花とメジロ

雪割一華(ユキワリイチゲ)2017年02月08日 06時58分28秒

都立神代植物公園を歩いていたら、ユキワリイチゲ(雪割一華)の可憐な花が咲いていました。
雪割一華(ユキワリイチゲ)
日本固有種で、近畿地方以西の山地の渓流沿いや山麓の樹林内で生育し、3月上旬から4月にかけて残雪の里山に咲く早春植物です。花色は白に見えますが、少し紫色を帯びています。
雪割一華(ユキワリイチゲ)
花言葉は「幸せになる」です。 この花を見れば幸せになれる・・・かもしれません。

梅の花にメジロ2017年02月07日 19時12分34秒

浜離宮恩賜庭園の梅の花にもメジロが来ていました。
梅の花にメジロ

梅の花にメジロ

梅の花にメジロ

梅の花にメジロ

梅の花にメジロ

梅の花にメジロ

メジロたちはあの枝、この枝と渡り歩いて蜜を吸っていきます。
梅の花にメジロ
でも、ヒヨドリが来ると飛んでどこかへ行ってしまいます。
梅の花にメジロ
メジロを追い払ったヒヨドリは、我が物顔でヒィーヨヒィーヨと鳴いていました。
梅の花にヒヨドリ
でもこいつ、写真を撮るには色彩があまりにも地味すぎるのです。

いちめんのなのはな 浜離宮恩賜庭園2017年02月06日 22時40分28秒

浜離宮恩賜庭園の「お花畑」で菜の花が黄色いじゅうたんを作っています。
約3,000㎡の敷地に約30万本の菜の花が植えられていますが、今日の時点ではまだ半分くらいの菜の花に鳥よけネットが掛けられていました。鳥よけネットが外された所は満開です。
浜離宮恩賜庭園の菜の花
隣接する汐留シオサイトにはビル群が立ち並び、近代的な風景を見せています。
ビルは左から超高層ツインタワーマンションの東京ツインパークス、日本通運本社ビル、「ホテル ヴィラフォンテーヌ汐留」が入る汐留住友ビル、「共同通信」や「パークホテル東京」が入る汐留メディアタワー。
その右手前の電卓のような形のビルは、ヒルトン最高級ブランドのラグジュアリーホテル「コンラッド東京」が入る東京汐留ビルディング。
その右奥、濃いベージュのビルは「資生堂」・「ロイヤルパークホテル ザ 汐留」が入る汐留タワー。
右端に見えるビルは「カレッタ汐留」や劇団四季の常設専用劇場「海」が入る電通本社ビル/汐留アネックスビルです。
皆さんご存知の日本テレビ・日テレタワーは電卓の様な形のビルの向こうに隠れてしまっています。

菜の花畑の横の通路側には紅白の梅の木が植えられていて、少しずつ花を咲かせています。
浜離宮恩賜庭園の菜の花

梅と菜の花

浜離宮恩賜庭園の菜の花

梅と菜の花

浜離宮恩賜庭園の菜の花
メジロが菜の花の蜜を吸っていました。
菜の花にメジロ
メジロがいると必ずと言っていいほどヒヨドリがやって来て、メジロたちを追い払ってしまいます。
菜の花とヒヨドリ
それにしても、ヒヨドリ、何羽いるの?


浜離宮恩賜庭園の開園時間:午前9時~午後5時 (入園は午後4時30分まで)
休園日:年末・年始(12月29日~翌年1月1日まで)
入園料:一般300円、65歳以上150円、小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

河津桜にメジロが・・・2017年02月03日 19時15分43秒

多摩川土手に咲いている河津桜(カワヅザクラ)の蜜を求めてメジロがやってきました。
桜とメジロ
ここは、サッカーJ1の川崎フロンターレがホームグラウンドとする等々力陸上競技場がある等々力緑地に程近い場所。
桜とメジロ
桜の花が咲く頃には、メジロ、スズメ、ヒヨドリなどを見ることが出来ます。
桜とメジロ
ただ、ヒヨドリはメジロに対してかなり攻撃的なので、ヒヨドリが来るとメジロたちは飛び立ってしまいます。下の写真がヒヨドリです。できれば、来てほしくない鳥です。
河津桜とヒヨドリ

桜とメジロ
ここの土手ではカワヅザクラを皮切りに、荘川桜(ショウカワザクラ)、淡墨桜(ウスズミザクラ)、神代曙(ジンダイアケボノ)、大島桜(オオシマザクラ)、染井吉野(ソメイヨシノ)が順番に咲いていくので、カワヅザクラが咲き始める1月下旬頃からソメイヨシノが散る4月上旬頃まで桜の花を楽しむことが出来ます
桜とメジロ

桜とメジロ

桜とメジロ
「なに撮ってんだよ!」と睨まれてしまいました。