Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

カンザクラ(寒桜)にメジロ2024年02月27日 05時53分55秒

カンザクラにメジロがやってきました。
カンザクラ(寒桜)にメジロ
カンザクラ(寒桜)は、カンヒザクラ(寒緋桜)とヤマザクラ(山桜)、またはオオシマザクラ(大島桜)の雑種であると考えられ、江戸後期より関東地方以南の温暖な気候の場所に分布しています。
カンザクラ(寒桜)
ソメイヨシノ(染井吉野)やカワヅザクラ(河津桜)より早く咲き始め、花期も長いのが特徴です。
今の時期は強い風が吹くと多くの花びらが風に舞います。

カンザクラ(寒桜)にメジロ

枝にとまっているメジロの横にもう一羽やってきました。
カンザクラ(寒桜)にメジロ
仲良く2羽が並びました。
カンザクラ(寒桜)にメジロ
「目白押し」という言葉があるように、特に秋から冬にかけて塒(ねぐら)では多くのメジロが押し合うように並んで枝にとまっていますが、食事中は並ぶことはあまりなく、自由に行動しています。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

カワヅザクラ(河津桜)が咲いています2024年02月26日 14時21分37秒

家の近くにある用水路の遊歩道で、カワヅザクラが見頃になっています。
カワヅザクラ(河津桜)
カワヅザクラ(河津桜、学名:Cerasus × kanzakura ‘Kawazu-zakura’)は、バラ目、バラ科、サクラ属の落葉広葉樹です。
カワヅザクラ(河津桜)
日本固有種のオオシマザクラ (大島桜) とカンヒザクラ (寒緋桜)の自然交雑から生まれた、日本原産で栽培品種のサクラです。
カワヅザクラ(河津桜)
静岡県賀茂郡を流れる河津川沿いで原木が見つかり、河津町の民家の庭先で育てられたことで、「カワヅザクラ(河津桜)」の名が付けられました。
カワヅザクラ(河津桜)
ソメイヨシノ(染井吉野)よりも1ヶ月程早く咲く早咲き品種で、花期も長いのが特徴です。花色もソメイヨシノよりピンク色が濃く青空に映えますが、ソメイヨシノのような情緒あふれる雰囲気は味わえないようです。
カワヅザクラ(河津桜)

用水路をカルガモ(軽鴨)が泳いでいました。
カルガモ(軽鴨)

カワヅザクラの花の蜜を吸いに、メジロ(目白)がたくさんやってきます。メジロは1羽が他の木へ移ると数羽が後に続くので、1羽いるとその木に数羽がいると考えられます。
カワヅザクラ(河津桜)にメジロ(目白)

寒ざくら 目白の群の 舞ひ戻り  細川加賀
カワヅザクラ(河津桜)にメジロ(目白)
細川 加賀(ほそかわ かが、1924年 - 1989年)は、東京出身の俳人です。

カワヅザクラ(河津桜)にメジロ(目白)

ヒヨドリ(鵯)は、メジロの姿を見つけると体当たりをして追い払います。メジロよりふた回りほど大きいので、ヒヨドリが来るとメジロは一斉に飛び立ってしまいます。
カワヅザクラ(河津桜)にヒヨドリ(鵯)



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

あっ!落ちちゃった2024年02月25日 19時00分57秒

カワヅザクラ(河津桜)にヒヨドリ(鵯)が、花の蜜を吸いに来ました。
カワヅザクラ(河津桜)とヒヨドリ(鵯)

あっ、落ちちゃった!
カワヅザクラ(河津桜)とヒヨドリ(鵯)

山中湖の白鳥たち2024年02月16日 20時36分46秒

山中湖の白鳥たちです。
たまたま白鳥にエサをあげている人がいて、左の方から白鳥(ハクチョウ)がやってきました。
富士山と白鳥
白鳥の他に黒い鳥もやってきました。真っ黒でオデコとクチバシが白く、オオバン(大鷭)という鳥だそうです。
富士山と白鳥
真っ白と真っ黒の対比が面白いですね。
富士山と白鳥
マガモ(真鴨)のつがいも混じっています。緑色の頭に白い首輪、黄色いくちばしがきれいです。茶色はメスです。
マガモ(真鴨)

富士山と白鳥

富士山と白鳥

山中湖にいる白鳥はコブハクチョウ(瘤白鳥)が多いようです。くちばし上部の付け根に黒いコブのような出っ張りがあるのが特徴で、瘤(コブ)白鳥と呼ばれます。
『みにくいアヒルの子』の作者アンデルセンの母国デンマークでは、国鳥に指定されています。
コブハクチョウ(瘤白鳥)

富士山と白鳥

富士山と白鳥

羽繕いなどをしてくつろいでいる時に すくっと立ち上がると2~3秒後に羽ばたきをするというので、じっと待っていました。
確かに・・・
羽の色に黒っぽい部分があるのは汚れているのではなく、幼鳥なので黒い羽が残っているようです。

富士山と白鳥

富士山と白鳥

富士山と白鳥

富士山と白鳥



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

上野・不忍池のカワウ(河鵜、川鵜)2024年02月09日 16時15分17秒

上野・不忍池は遊歩道によって「蓮池」、「ボート池」、「鵜の池」の3つに分かれています。
「鵜の池」ではカワウたちがコロニーを形成し、世界でも珍しい都会にあるカワウ繁殖地となっています。
上野・不忍池のカワウ(河鵜、川鵜)
カワウ(河鵜、川鵜)は、カツオドリ目(以前はペリカン目に分類)、ウ科、ウ属の鳥類です。
河川だけではなく、池、沼、湖や海(海岸)にも生息します。横浜港でもウミウではなくカワウを普通に見かけます。

不忍池のカワウが、枯枝探しをしていました。寝ぐせのような頭がかわいいですね。
上野・不忍池のカワウ(河鵜、川鵜)
良さそうな枯草や枯枝を見つけると、それを銜えてコロニーに飛び立ちます。
上野・不忍池のカワウ(河鵜、川鵜)
巣作りのために適した材料を探して、せっせと集めているんだと思います。
不忍池にいるカワウの繁殖期はほぼ一年中で、特に春先や秋には営巣活動が活発になるようです。
上野・不忍池のカワウ(河鵜、川鵜)

不忍池のカワウは昭和30年代に動物園が飼っていたものを羽の一部を切って池に放したのが始まりで、これに野生のカワウが合流し、数が増えていったということです。
上野・不忍池のカワウ(河鵜、川鵜)
2羽がケンカをしています。夫婦喧嘩でしょうか・・・
上野・不忍池のカワウ(河鵜、川鵜)
因みに、カワウは一夫一妻だそうです。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

ウメの木にメジロがやってきました2024年02月08日 18時40分28秒

国営昭和記念公園の梅の木にやってきたメジロたちです。
ウメにメジロ
ウメにメジロ
ウメにメジロ
メジロ(目白)は、スズメ目、メジロ科、メジロ属に分類される鳥類です。
ウメにメジロ
スズメよりもちょっと小さいくらいで、緑がかった背と暗褐色の羽を持ち、雌と雄は同色です。
目の周囲の白色部(アイリング)が、メジロ(目白)という和名の由来になっています。
ウメにメジロ
ウメにメジロ
人をあまり恐れないマイペースな性格なので、大声を出したり、急な動きをしなければ逃げることはありません。
時々こちらを見つめて様子をうかがいますが、すぐにまた蜜を吸い始めます。
ウメにメジロ
ウメにメジロ
食性は雑食で、花の蜜や果実を好み、虫などを捕食することもあります。
ウメにメジロ
特に花の蜜が好きなようで、ツバキやサザンカ、ウメ、サクラなどの花が咲くと、群れを成して集まってきます。
ウメにメジロ
ウメにメジロ
ウメにメジロ
動きはスズメより激しく、チーチーと鳴きながら枝から枝へと飛び回ります。
ウメにメジロ
ウメにメジロ
東南アジアにも分布します。ハワイ諸島でも見かけますが、これは日本から害虫駆除のために移入されたものだといいます。
ウメにメジロ
ウメにメジロ
ウメにメジロ
明るいウグイス色をしているので、時々ウグイスと間違えられます。でも、ウグイスはもっと暗いグレーのような色合いの鳥で、性格もメジロの様に明るくはないので、藪の中にいて人前に姿を見せることはあまり有りません。
ウメにメジロ
ウメにメジロ

梅の花を撮っていたら、行くところ行くところにメジロがやってくるので、梅の花そっちのけで、ちょっと撮りすぎてしまいました。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

上野動物園のジャイアントパンダたち2024年02月03日 15時27分16秒

上野動物園の双子パンダ、シャオシャオとレイレイは、屋外放飼場(D)の改修工事の為、3月下旬頃までの予定で屋内展示室のみの展示になっています。
下3枚の写真全て、左側がシャオシャオです。
上野動物園のジャイアントパンダ・シャオシャオとレイレイ
屋内の照明なので光の周りが悪く、どうしてもコントラストが強い変な影が出てしまいます。
上野動物園のジャイアントパンダ・シャオシャオとレイレイ
ジャイアントパンダは成長すると兄弟でも喧嘩をしたりするようで、シャオシャオとレイレイも、近い将来離れて暮らすようになります。 でも、まだまだ仲良しの2頭です。
上野動物園のジャイアントパンダ・シャオシャオとレイレイ

双子パンダ、オスの「シャオシャオ(暁暁、Xiao Xiao)」です。落ち着きなく部屋の中を歩き回っていて、時々レイレイにちょっかいを出していました。
上野動物園のジャイアントパンダ・シャオシャオ
緑色のラインは監視カメラの映像などでも2頭を明確に識別するために、シャオシャオに付けられているそうです。

メスの「レイレイ(蕾蕾、Lei Lei )」です。いつも落ち着いている、マイペースな性格です。
上野動物園のジャイアントパンダ・レイレイ

ママパンダの「シンシン(真真、Shin Shin )」です。
上野動物園のジャイアントパンダ・シンシン
シンシンが展示されているエリアの屋外放飼場(B)にも「やぐら」をつくるということで改修工事が行われています。
シンシンは高血圧ということもあり、工事期間中(3月末迄)は原則として非公開です。ただ、工事が無い日には隣の屋外放飼場(A)で展示をする場合もあるということです。たまたまシンシンが出てきて食事を始めました。ラッキーです。
上野動物園のジャイアントパンダ・シンシン

パパパンダの「リーリー(力力、Ri Ri)」です。リーリーがいるのは屋外放飼場(C)になります。
上野動物園のジャイアントパンダ・リーリー
いつもは背もたれ無しの“寝食い”をしているのですが、珍しく岩にもたれかかって食事をしています。
いつものオッサン臭さが消えて、ちょっと若々しく見えます。
上野動物園のジャイアントパンダ・リーリー
リーリーには、逆立ち排尿やマーキング、体のこすりつけの回数が増えるなど、繁殖期によく見られる行動があらわれてきたそうです。
ジャイアントパンダの繁殖期は一般的には年1回、2月から5月にやってきます。
メスのシンシンには、まだ発情を示す兆候は見られないということです。
動物園ではメスの交配適期を見極め、交配のための同居を行い、その期間はジャイアントパンダ全頭(リーリー、シンシン、シャオシャオ、レイレイ)及びキジ類の展示は中止となります。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

上野動物園のクロガネモチにヒヨドリ&メジロ2024年01月29日 11時57分03秒

上野動物園にある重要文化財「旧寛永寺五重塔」横のクロガネモチ(黒金餅、黒鉄黐)が、赤い実をたくさん付けています。
旧寛永寺五重塔とクロガネモチ
黒金持ち、どこかの国会議員さんみたいですね。

ヒヨドリ(鵯)が来て、次から次へと実を食べていきます。
クロガネモチとヒヨドリ
クロガネモチとヒヨドリ

メジロもやってきて実を食べることが出来ましたが、すぐにヒヨドリに体当たりをされて、逃げて行ってしまいました。
クロガネモチとメジロ
ヒヨドリは意地悪っ子で、自分より小さい鳥が来ると、すぐに体当たりを仕掛けて追い払ってしまいます。こんなに実があるんだから、仲良く食べようよ・・・と思うのですが・・・



今日もご覧いただき、ありがとうございます。

双子パンダ「シャオシャオ」と「レイレイ」2024年01月28日 18時44分19秒

上野動物園の双子パンダ、オスの「シャオシャオ(暁暁、Xiao Xiao)」(奥)とメスの「レイレイ(蕾蕾、Lei Lei )」です。
仲良く並んでお食事中です。
上野動物園のジャイアントパンダ・シャオシャオとレイレイ
上野動物園のジャイアントパンダ・シャオシャオとレイレイ

シャオシャオが部屋の中を歩き回り始めました。
上野動物園のジャイアントパンダ・シャオシャオ

やぐらの上に登ろうとしています。真ん丸なお尻がかわいいですね。
上野動物園のジャイアントパンダ・シャオシャオ

やぐらの台の上に登りきって、下を眺めています。高所恐怖症ではないんでしょうが、なんだかビビッてます。
上野動物園のジャイアントパンダ・シャオシャオ

下に降りてレイレイに絡もうとしましたが、相手にされなかったので一人(?)で竹を食べ始めました。
上野動物園のジャイアントパンダ・シャオシャオ


レイレイはマイペースな性格です。一ヶ所にドデッと座って竹を食べ続けています。
上野動物園のジャイアントパンダ・レイレイ

シャオシャオが絡んできても、相手にしないで黙々と食べ続けます。
上野動物園のジャイアントパンダ・レイレイ

大きくなって、ママパンダのシンシンに似てきました。
上野動物園のジャイアントパンダ・レイレイ

食べ続けるのに疲れたのか、パパパンダのリーリーがいつもやっている「寝食い」のような体勢になりました。
上野動物園のジャイアントパンダ・レイレイ



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

上野駅で子パンダが生まれていました2024年01月25日 18時22分22秒

昨年10月5日にアップした、上野駅のウォールアートで、子供パンダが生まれていました。
「Yamanote Line Museum」 NiJi$uKe氏のWALL ART

昨年10月に見た時は上の写真のようでしたが、いつの間にか子供パンダがいっぱい生まれています(下の写真)。
「Yamanote Line Museum」 NiJi$uKe氏のWALL ART
上野動物園のジャイアントパンダも、このように たくさん生まれてくれると良いですね。

この作品は、「山手線を美術館にする」というプロジェクト「YAMANOTE LINE MUSEUM」の一環で、NiJi$uKe(ニジスケ、本名:土居虹亮)氏によるウォールアートです。上野動物園で飼育されている動物たちがカラフルなタッチで描かれています。
このウォールアートは展示期間終了後に19の主要パーツが切り取られて販売されます。

NiJi$uKe氏の他の作品も展示されています。
「Yamanote Line Museum」 NiJi$uKe氏の作品

「Yamanote Line Museum」 NiJi$uKe氏の作品
フレームに入った作品も、作品横のQRコードから購入することができます。

NiJi$uKe 氏公式サイトはこちら

今日もご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2024 M-Hoshino All Rights Reserved.