Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

新型インフルエンザ続報2009年11月14日 14時16分37秒

熱はほぼ平熱に戻って元気いっぱいなのだが、咳と鼻水が相変わらず止まらない。
風邪とインフルエンザの違いは、
風邪は咳や鼻水の症状が先に現れて、熱は上がっても38度前後。
インフルは38~40度の高熱に関節痛・筋肉痛・頭痛などの全身症状が現れ、咳や鼻水の症状は後期に現れると聞いている。

今回は喉の痛みと咳が最初の症状だったので、普通の風邪かと思っていた。
しかし、あの開業医に「新型インフルエンザですねっっ」と嬉しそうに言われてから、全てがインフルエンザの症状になっている。
まず、3晩続いた38.5~39度の発熱。全身の痛み。頭痛。治りかけた頃の鼻水(初期には鼻水の症状は無かった)。未だに治らない咳。

でも、新型インフルエンザの検査をした訳じゃなくて、A型に陽性反応が出ただけじゃないかぁ。
「A型ですか?」と聞いたら「今の時期はA型の陽性が出た患者さんはほぼ間違いなく新型です」と言われた。

データ的にA型陽性=ほぼ全員が新型である事。新型の検査判定には1週間くらいかかり、判定結果を待つことが無意味になるので、A型と判明した時点で新型と考え慎重に対処するという考えのようだ。

単なる季節性インフルエンザのA型かもしれないのに・・・と、あきらめの悪い私であります。 AB型ですから!

新型インフルエンザに罹りました2009年11月13日 20時04分42秒

タミフル
11月10日(火)朝から喉が少しおかしかったが、気にせず会社へ。
夜、帰宅してから熱を測ったら38.5度だった。
11月11日(水)朝、37.8度迄下がっていたので、単なる風邪だろうと思い、翌日が公休だったので会社へ。
会社終了後にどうも具合が悪いので、会社の体温計で熱を測ると、38.9度まで上がっていた。体の節々が痛い!
11月12日(木)は公休なので、地域の老人みたいに医者が開くのを待ち構えるように朝9時に近所の開業医へ。
開業医さん、話を聞いただけで「あっ、インフルエンザですねっ」って、・・・決め付けるなよ!

「迅速抗原検出キット」とやらで検査をするという。
柄の長い綿棒のようなもので鼻水を採取するとか。「上を向いてください。ちょっと痛いかもしれませんよ~」
ブスッ!いっ痛いじゃないか~!ちょっとじゃないぞ。
15分ほどかかりますからと言われて、おとなしく(ブツブツ言いながら)待っていたら、先生、得意げな顔をしてやってきた。
アッセイストリップとやらを見せて、「ほら、ここのAの所に線が入っているでしょ。これがA型の陽性反応ですよ!」

リレンザやタミフルは発症48時間以内に服用しないと十分な効果が発揮できないという。
しかも発症24時間以内だと早すぎてウィルス検出キットに反応しない(陰性と出てしまう)場合が多いという。
来院が早すぎて、陽性なのに陽性反応が出ない場合や、反応が出るまで待っていると治療薬自体の効果が無くなってしまうなど、見極めが難しいんだとか・・・
ということは、発症してから丸1日経ってなるべく早い時間に医者に行けば1番いいんだな。

18日(水)に出勤許可証が出るまで会社に行ってはいけないという。
熱も38度を切るところまで下がったから明日は復活だ!たぶん。

治ってもインフルエンザウィルスは巻き散らかされるので5日間はタミフルを飲み続けなければいけないし、会社へも行けない。
そういえば先生、会社に行ってはいけないとは言ったけど、外出してはいけないとは言ってないなぁ。

治りかけた頃に鼻水がでるようになってきた。クシャミと咳とで、胸と背中の筋肉がメチャクチャ痛い。
この痛みはあと3~4日は取れないだろうな・・・