Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

マンサクの花2019年02月19日 17時00分00秒

都立神代植物公園でマンサクの花が見頃になっています。
マンサクは、うめ園のすぐ横にソシンロウバイと一緒に植えてあります。

マンサク(満作、万作、金縷梅、学名: Hamamelis japonica )は日本固有種ですが、中国原産のシナマンサク(学名:Hamamelis mollis )は花の芳香が強く、冬の枯れ葉が春まで落ちずに残る特徴があり、日本でもよく植栽されています。
日本の山野に自生するマンサクに比べて開花時期が少し早いようです。
シナマンサク
中国原産のシナマンサクと日本のマンサクとかけ合わせた多くの園芸品種が作出されています。

マンサクとシナマンサクを種間交雑させた園芸品種、「オレンジ・ビューティ」です。
マンサク(オレンジ・ビューティ)

マンサク(オレンジ・ビューティ)

マンサク(オレンジ・ビューティ)

こちらもマンサクとシナマンサクの交配品種で「ダイアナ」といいます。
マンサク(ダイアナ)

マンサク(ダイアナ)

マンサク(ダイアナ)

シナマンサクの園芸品種「モリス・パリダ」です。
 mollis は「軟毛のある」という意味、Pallida は「淡い色の」という意味になります。
マンサク(モリス・パリダ)

黄色い色が淡くて少し縮れているので、錦糸卵みたいです。
マンサク(モリス・パリダ)

これも、日本産のマンサクと中国原産のシナマンサクとの交配で生み出された園芸品種、「ルビー・グロー」です。
マンサク(ルビー・グロー)

マンサク(ルビー・グロー)

マンサク(ルビー・グロー)

そういえば昔、「まんさくの花」というNHK連続テレビ小説がありましたね。(動画はこちら


今日もご覧いただき、ありがとうございました。

神代植物公園の紅梅2019年02月13日 10時43分30秒

都立神代植物公園の「うめ園」には、古くから伝わる品種を中心に約70品種、170本の梅が植えられています。
2019年2月5日(火)から3月3日(日)までは「梅まつり」が開催され、講演会やガイドツアーなど江戸園芸文化としての「梅」にちなんだ様々な内容の催しを楽しむことが出来ます。

梅の品種は近縁のアンズやスモモと複雑に交雑していて、500以上の品種があるといわれています。花梅については諸説の分類がありますが、野梅系、緋梅系、豊後系と大きく3系統に分類する場合が多いようです。
その中でも野梅系は野梅性(しょう)、紅筆性、難波性、青軸性、緋梅系は紅梅性、緋梅性、唐梅性、豊後系は豊後性、杏性などに分類されます。
その他にも色々な分類の仕方があるようですが。

今回は神代植物公園で今咲いている花の中から、一般的に「紅梅」といわれる赤やピンクの花を紹介します。

紅鶴(べにづる)
紅鶴(べにづる)
緋梅系・緋梅性の、淡紅色をした一重咲きの大輪です。
紅鶴(べにづる)

紅鶴(べにづる)

雛曇り(ひなぐもり)
雛曇り(ひなぐもり)
緋梅系・緋梅性で、薄紅中輪の一重咲きです。
雛曇り(ひなぐもり)

緋の司(ひのつかさ)
緋の司(ひのつかさ)
緋梅系・紅梅性の、濃い桃色をした八重咲きの中輪です。
緋の司(ひのつかさ)

緋の司(ひのつかさ)

未開紅(みかいこう)
未開紅(みかいこう)
豊後系・豊後性(ぶんごしょう)で、淡紅色をした八重咲きの中輪です。
未開紅(みかいこう)

未開紅(みかいこう)

未開紅(みかいこう)

未開紅(みかいこう)

森の関(もりのせき)
森の関(もりのせき)
緋梅系・緋梅性の、淡紅色で底紅の一重咲きの中輪です。
森の関(もりのせき)

森の関(もりのせき)

唐梅(とうばい)
唐梅(とうばい)
緋梅系・唐梅性に分類される、淡紅色で八重咲きが美しい中輪の花です。一重咲きのものもあります。
唐梅(とうばい)
同じ漢字で「唐梅」と書いて「からうめ」と読むと、蝋梅(ロウバイ)の別名になります。読み方で意味が違ってくるなんて、ちょっと狼狽します。
下の写真がロウバイです。素芯蝋梅(ソシンロウバイ)という種類です。
ソシンロウバイ

八重寒紅(やえかんこう)
八重寒紅(やえかんこう)
野梅系・野梅性の早咲き品種です。花は紅色で中輪の八重咲きです。
八重寒紅(やえかんこう)

八重寒紅(やえかんこう)

八重松島(やえまつしま)
八重松島(やえまつしま)
野梅系・野梅性の、淡い紅色をした八重咲きの中大輪です。
八重松島(やえまつしま)

八重松島(やえまつしま)

大盃(おおさかずき)
大盃(おおさかずき)
緋梅系・紅梅性で一重咲きの大輪です。艶のある明るい紅色をしています。
大輪で盃のように咲くのでこの名前がついたんでしょうか?大酒飲みには嬉しいネーミングです。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

白難波と冬至(神代植物公園の白梅)2019年02月11日 09時22分45秒

都立神代植物公園で早咲きの梅が見頃を迎えています。
神代植物公園には梅園がありますが、梅園の他にも園内の所々で白やピンクの梅の花を見ることが出来ます。

その中から、白梅の白難波(しろなんば・しろなにわ)と、冬至(とうじ)です。

白難波は、(しろなんば)、(しろなにわ)と読まれます。どちらが正しいのかは分かりませんが、神代植物公園では「しろなんば」で統一しているようです。
学名は「Prunus mume 'Shironaniwa'」又は「Prunus mume 'Shironamba'」。
白難波(しろなんば・しろなにわ)
白難波は野梅系・難波性の白梅で、中輪の八重咲きです。
挿木でよく発根する性質を持つことから、関東地方では多くの品種の接木の台木に使われているということです。
白難波(しろなんば・しろなにわ)

白難波(しろなんば・しろなにわ)

白難波(しろなんば・しろなにわ)

白難波(しろなんば・しろなにわ)

白難波(しろなんば・しろなにわ)

白難波(しろなんば・しろなにわ)

冬至(とうじ)は、冬至の頃に咲き始める早咲きなので、この名が付きました。
冬至は現在では12月21日か22日を指しますが、以前はこの日から小寒前日までの約15日間を冬至と言っていました。
冬至(とうじ)
冬至は野梅系の白梅で、中輪の一重咲きです。
一重咲きなので紅色の萼片が透けて、白難波よりも赤っぽく見えます。
冬至(とうじ)
学名は、「Prunus mume 'Touji'」です。
冬至(とうじ)

冬至(とうじ)

「梅」全体はバラ目、バラ科、サクラ属の落葉高木で、学名が「Prunus mume」です。
Prunusは「プラム」。スモモ、ウメ、アンズなどを含む、Prunus 属の亜属を指します。
mumeは梅のことです。
英名は「Japanese apricot」といいます。apricotはアンズの英名です。


次回は神代植物公園で咲いている紅梅をアップしようと思います。

今日もご覧いただき、ありがとうございました。

緑色の梅 緑萼梅(リョクガクバイ)2019年02月08日 18時42分58秒

神代植物公園の正門を入って右の方に向かうと、うっすらと緑色に見える梅の花が咲いています。
リョクガクバイ(緑萼梅)
リョクガクバイ(緑萼梅)といいます。
普通、梅の花の萼(ガク)は紅色のものが多いのですが、この梅の萼はその名の通り緑色をしています。
リョクガクバイ(緑萼梅)

リョクガクバイ(緑萼梅)

八重咲きの緑萼梅には大輪と小輪があり、これは大輪の「大輪緑萼(タイリンリョクガク)」です。
リョクガクバイ(緑萼梅)

リョクガクバイ(緑萼梅)
2月8日現在はまだま蕾の方が多いので、これから見頃を迎えることになります。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

ダースベイダー?(Aristolochia salvadorensis)2019年01月28日 09時15分04秒

映画「スターウォーズ」に登場するアンチヒーロー「ダース・ベイダー(Darth Vader)」に似ていると話題になった「アリストロキア・サルバドレンシス(Aristolochia salvadorensis)」が、都立神代植物公園の大温室で咲いていました。
アリストロキア・サルバドレンシス(Aristolochia salvadorensis)
「アリストロキア・サルバドレンシス」は、エルサルバドルなど中央アメリカ原産の、ウマノスズクサ(馬の鈴草)科ウマノスズクサ属(Aristolochia)の非耐寒性常緑小低木です。
サルバドレンシスの名は原産地のエルサルバドルが由来となっています。
花弁はなく、花弁のように見えるのは3枚の萼片(花の上部左右に2枚、下部に1枚)が合着してできた萼筒(がくとう)です。
アリストロキア・サルバドレンシス(Aristolochia salvadorensis)
ウマノスズクサ属(学名:Aristolochia)の植物に含まれるアリストロキア酸 (Aristolochic acid) は、腎機能障害を起こさせる腎毒性や、発癌(がん)性もあるといわれます。
「アリストロキア・サルバドレンシス」も、植物界のアンチヒーローかもしれません。


今日もご覧いただき、ありがとうございました。

ムシトリスミレ2019年01月24日 11時20分11秒

神代植物公園の大温室出口のところで「ムシトリスミレ」の仲間が花を咲かせていました。
ムシトリスミレの仲間は、ゴマグサノハ属、タヌキモ科、ムシトリスミレ属の食虫植物の一種で、葉の表面から消化酵素を含む粘液を出し、その粘着力で獲物を捕らえます。
スミレに似た可愛い花を咲かせるのでこの名が付きましたが、生きる為とはいえ、可愛いのに結構怖い植物ですね。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

原種スイセン ナルキッスス・カンタブリクス2019年01月18日 11時22分33秒

都立神代植物公園を散策していたら、小さくて白い清楚な花が咲いていました。
水仙の原種で「ナルキッスス・カンタブリクス(Narcissus cantabricus)」という花のようです。
ナルキッスス・カンタブリクス
Narcissus cantabricus は学名です。
Narcissus は、泉に映る自らの姿に恋をして死に、その場所に花が咲いたというギリシャ神話の青年Narcissusの名が由来となっています。ナルシシズム(自己愛)やナルシシスト(=ナルシスト)という言葉も由来は同じです。
cantabricusは、原産地でもあるスペイン北部の「カンタブリア州(Cantabria)の」という意味です。

普通に歩いていると見逃してしまいそうな小さな花ですが、フレアスカートが開いたような形の花がとても可愛いです。実はこの部分は「副花冠」だそうで、その後ろの萼のようにとがったものが花びらだということです。


ナルキッスス・カンタブリクスの傍に「オータム・ジュエル」も可憐な黄色い花を咲かせていました。
スイセン「オータムジュエル」
こちらは「キズイセン」と「ヴィリディフロラス」の交配種だということです。
学名は「Narcissus cv.‘Autumn Jewel’」。その名の通り秋咲きの花です。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

梅が咲き始めました2019年01月11日 19時45分24秒

都立神代植物公園で梅の花が咲き始めました。
神代植物公園には72品種、約210本の梅が植えられていて、早咲きは1月下旬から、遅咲きは3月下旬まで美しい花を楽しむことができます。

白難波(しろなにわ / しろなんば)です。神代植物公園では「しろなんば」と表記しています。
白難波は早咲きの梅で、沢山の蕾が徐々に花開くので、比較的長い期間にわたって咲いています。
白難波(シロナニワ)
蕾をいっぱい付けて今にも開花しそうです。
白難波(シロナニワ)

八重寒紅(やえかんこう)です。 野梅から変化した原種に近い梅で、花は小ぶりです。
八戸寒紅(ヤエカンコウ)

八戸寒紅(ヤエカンコウ)

都立神代植物公園では、2月5日(火)から3月3日(日)まで「梅まつり」が開催されます。
これからどんどん、いろいろな種類の梅が咲いていきます。楽しみですね。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

原種系 ハワイ原産のハイビスカス2018年09月07日 19時22分30秒

ハワイアン系品種の重要な交配親になっている、「ハイビスカス・ワイメアエ」が神代植物公園の大温室で咲いていました。
ハイビスカス:ワイメアエ

ハイビスカス:ワイメアエ
花の中心部から真紅の花柱が長く突き出て、花弁の白と花柱の赤とのコントラストが、白いハイビスカスの美しさを引き立てています。
ハイビスカス:ワイメアエ

ハワイ・カウアイ島の固有種で、標高1000メートルあたりに自生しているということです。

.
.
.

今日もご覧いただき、ありがとうございました。

Copyright © 2005-2019 M-Hoshino All Rights Reserved.