Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

いまさらAVATAR2010年04月01日 21時44分13秒

今日はエイプリルフール。誰に会っても、「こいつ、騙してるんじゃないか?」という色眼鏡で見てしまう日。
色眼鏡で思い出して、3D映画の「アバター」を見に行った。
と言うのは嘘で、1日は映画が1000円で見られるのと、「アバター」の劇場公開がそろそろ終ってしまうのではないかと思って行ったのだ。
3D上映は、プラス300円で1300円だが・・・でも、通常2100円だから、安い!

色眼鏡と言ったが、デジタル3Dは偏光メガネ等を使うので、色は付いていなかった。昔のような赤青メガネとは違うんだ・・・。

今日行ったワーナーマイカルはREAL D方式で上映している。
REAL D方式は、Z-Screenと呼ばれる電子フィルタを使ってプロジェクタからの光を2方向に円偏光させ、1フレーム当たり6回切り替える。従って、通常の映画では毎秒24コマの映像が、24×6=毎秒144コマで上映されるのだ。
この方式では特殊なシルバースクリーンを使用する為、劇場側はスクリーンをシルバースクリーンに交換しなければいけないのだが、偏光メガネが安価で作れるので、使い捨てが出来る。
メガネの持ち帰りOKなので、プラス300円がメガネ代だと思えば高くは無い。
3Dメガネ
そして、次に行く時にマイメガネを持って行ったら、300円割り引いてくれるのだ。
これは嘘・・・

トランスフォーマー リベンジ2009年06月15日 09時46分27秒


いよいよ20日から公開される「トランスフォーマー リベンジ」
バンブルビーのシボレー・カマロは、420万円からだとか。
燃費は改善されたとはいえ、3.6L V6エンジンで市街地走行7.7km/L。高速走行で12.7km/L。
日本の道路じゃ、高速走っても渋滞で市街地走行よりも燃費が悪くなる事が多い。この時代に、ちょっときついなぁ。

フナムシ2008年08月15日 20時42分28秒

フナムシ
「崖の上のポニョ」に出てきた「フナムシ」が、今住んでいるマンションから近い東京湾の岩礁にいっぱいいた。

子供の頃は、瀬戸内海の因島と言うところに住んでいたので、子供の頃からお馴染みの虫。
宮崎駿がポニョのストーリーを練り上げたのも瀬戸内海の「鞆の浦」という所。
このフナムシ、瀬戸内海の生き物かと思っていたがそうではなくて、熱帯から温帯にかけての岩礁地帯に世界的に分布しているらしい。

意外とすばしっこくて、近づくとすぐに逃げてしまってなかなか近寄ってこない。
そのくせ、岩の上に寝そべっていたりすると、腕や足に乗っかって噛み付いたりするのである。どうやら、エサと間違えているらしい。

7対の脚と、頭部には長い触角、尾部には2つに枝分かれした尾脚が1対あり、一見するとゴキブリのよう。
幼馴染のような存在であるが、お友達にはなりたくない容姿である。

こんなに沢山いるんなら、食用に出来ないんだろうか?
シャコだって寿司ネタになるんだから・・・

P.S. 強い苦味と腐敗臭があって、非常に「まずい」という報告があるそうです。・・・・・誰が食べたの?

崖の上のポニョ2008年07月23日 10時05分34秒

画像は東宝ホームページより

昨日「崖の上のポニョ」を見た。
19日(土)からの公開3日間で、観客動員数125万人、興行収入16億円だという。

子供にも分かりやすい内容と、頭に残る主題歌で大ヒット間違いなしだと思う。

今日23日には「ハリー・ポッター」の最終巻(第8巻)「ハリー・ポッターと死の秘宝」日本語版が発売されるが、3大ファンタジーと言われる「指輪物語」「ナルニア国物語」「ゲド戦記」と比べてファンタジーファンには酷評を受けながらも、大ヒットを続けるハリー・ポッターの人気の秘密は話の内容の分かりやすさにあるのではないか・・・
現実の中に魔法使いがいて、汽車に乗って魔法学校へ通うという身近さが大人にも子供にも受けるのでは・・・。

「崖の上のポニョ」にも、子供にも大人にも楽しめる魅力がたくさん有る。

「水」の表現がすばらしい。
水をこれだけ生き生きと表現したのは、ディズニーの「ファンタジア」を超えている。

無線のコールサインが「JA4・・・」だったが、JA4は中国地方のコールサイン。
日本海側の山陰地方がモデルかと思ったら、広島県福山市の景勝地、鞆の浦の古民家でストーリーを練り上げたと今日23日付の朝日新聞に書いてあった。
うねり迫る波とリサカーを繰るリサとのカーチェイスの中で、リサカーに乗った宗介と波に乗って宗介を探すポニョが別世界にいるようで楽しい。
同じ状況の中でも大人と子供という違う世界を1つの映像の中で共有している。

「ひまわりの家」におじいちゃんがいないのはなぜ?
宗介のポンポン船が小さくなってしまったのは魔法が解けてしまったからだろうけど、帽子や双眼鏡まで一緒に小さくなってしまったのはなぜ?
きっと、何か意味があっての事なんだろうな・・・

エンドクレジットも主題歌に乗せて、作品にかかわった約420名の名前が役柄に関係なく50音順にイラスト付で出てくる。
時間も短い。
これなら、エンドクレジットを見ないで席を立つ失礼な観客もいなくなるだろう。
スタジオに住み着いているという猫ちゃんの名前(3匹)まで出てきたのには笑えた。

トトロとポニョ2008年07月18日 23時07分07秒

家に帰ってテレビをつけたら「となりのトトロ」をやっていた。(映像はテレビ画面より)

22日は休みだから「崖の上のポニョ」を見に行こう。決~めた!

Netで座席予約を取ったら、めちゃくちゃいい席だった。
公開4日目だけど、3連休明けの平日だからな・・・

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国2008年06月27日 20時44分19秒

インディ・ジョーンズが帰ってきた!

「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」を見に行った。 前売り券を買うと貰えた「コレクターズブック」
20ページ程の小冊子だが、表紙はスポットグロス加工(凸面光沢処理)が施された立派な物。

しかし、表紙裏に書かれた文章は・・・
この「大量の」情報は添付ディスクに収められているのだ。
その添付ディスクは「付属しておりません」って・・・

女部長殿、たいして「盛りだくさんの内容」では無いのであります。ディスクが無いのでありますから。
女部長殿には是非ともディスク探しの旅に出ていただきたいものであります。
ミイラとか土偶になっている場合では無いのであります!


画面奥の女性は、「レイダース・失われたアーク」でインディのガールフレンドだったマリオン・レイヴンウッド(カレン・アレン)だ。
中央がインディアナ・ジョーンズこと「ヘンリー・ジョーンズ Jr.」(ハリソン・フォード)。
手前の男性は、マット・ウィリアムズ(シャイア・ラブーフ)。クリスタル・スカルを探しに旅に出たオックスリー教授と自分の母親が何者かに捕らえられ、母親が手紙で「インディに救いを求めろ」と書いてきた為、一緒に探し出して欲しいと言ってきた若者。
この3人の関係は・・・?

1981年公開の第1作「レイダース・失われたアーク」から27年。
時代設定は「レイダース・失われたアーク」の1936年から21年後の1957年の設定。シリーズで初めて第2次世界大戦後が舞台になる。

映画の最後、マットがインディーの帽子をかぶろうとする場面で、第5作制作はこれで決まりか・・・?と思わせながら・・・・・!???
マット役のシャイア・ラブーフは、映画「トランスフォーマー」で主人公サム役を好演していた。

「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」は、娯楽映画として最高に楽しめる映画である。
今回は、宇宙の神秘もテーマのひとつに。
まさに、見る人を楽しませるために作られたという感じの作品だ。
テーマパークのアトラクションにしても楽しめる。
水陸両用軍用車に乗って、恐怖の「3段落ち」はライドとしても最高の演出だと思う。
でも、東京ディズニーシーのライド、「インディー・ジョーンズ®・アドベンチャー」には「クリスタルスカルの魔宮」というサブタイトルが付いているから、バージョンアップは無いだろうな・・・。


映画画面の映像2点は、「INDY JONES.JP」より引用した。
このサイト、非公式ファンサイトながら、公式サイトより楽しめます。
indyjones.jpバナー

スウィーニー・トッド2008年06月17日 23時40分03秒

6月11日にDVDが発売されたジョニー・ディップの「スウィーニー・トッド =フリート街の悪魔の理髪師=」を見た。

顔を手で覆わないと見ていられない。
両手で顔を覆って、中指と薬指の間から見ている自分に気が付く。
どうせ見ているんだから、手で覆っても覆わなくても同じだろうと思うのだが、なぜか覆ってしまう。

ううっ、床屋さんへ行くのが怖い・・・

動く!オドイーター人形2007年11月21日 16時10分53秒

ハリーポッターと不死鳥の騎士団のDVDが今日発売された。

映画を見たので別にどうでもよかったのだが、予約特典で「動く!オドイーター人形」が貰えると言うので予約をしてしまっていた。
売り場で貰った「動く!オドイーター人形」ちっちゃい!
靴の中に入ったらそのまま気付かずに履いてしまう位ちっちゃい!

「どうやったら動くんだ?」いろいろいじっていて手が捥げそうになった時、横で説明を読んでいたOさんが「こうやってやるんじゃぁない?」と教えてくれた。
同梱されていた小さい箱を近づけるとクルクル回りだしたではないか。
磁力の反発を利用して回転するらしい。

あはっ!面白い!
30秒で飽きて、Oさんにあげてしまった。

横で見ていたハリポタオタクのS嬢。
「オドイーターじゃなくて、デスイーターだよ!」
訳の分からない登場人物の名前を並べて、デスイーター講義が始まったので、早々に退散してきた。

そうか、オドイーターは小林製薬の靴の中敷だった。

NIKEもトランスフォーム2007年08月21日 15時53分37秒

ナイキ 2007年春の新作「NIKE FREE 7.0」がトランスフォーマーになった。
という話をタカラトミーのホームページで見つけた。

 画像はタカラトミーより

NIKEとタカラトミーとのコラボレーションによって作り出された「NIKE FREE 7.0」の1/2モデル。

赤と白の「CONVOY feat.NIKE FREE 7.0」と

 画像はflickr.comより

黒とシルバーの「MEGATRON feat.NIKE FREE 7.0」がある。

 画像はflickr.comより

値段は2,625円。
1/2モデルだし、靴の中には武器などが収納されているから、履くことは出来ない。
それに、臭い足で履かれたら、コンボイもメガトロンも堪ったものじゃない。

水虫なんかうつされたりしたら、痒さと臭さで堪らなくなって二人ともセイバートロン星に帰っちゃうよ。

あっ、地球を侵略から守るにはそれでいいのかぁ・・・

トランスフォーマー(続き)2007年08月17日 06時20分30秒

トランスフォーマーを見に行った。
実写でのアクションにこだわるマイケル・ベイ監督と、ILMとのコラボレーションで超ド迫力の映像に仕上がっている。

ILM(Industrial Light&Magic)は、1975年に設立された、ルーカスフィルム所有の会社。
1977年公開の「スターウォーズ」シリーズはILMが製作している。
今はディズニーの子会社になっている、「バグズライフ」や「カーズ」などを作った会社「ピクサー」はILMのCGI部門が前身になっている。


画像は「トランスフォーマー」ホームページより               メガトロン

ストーリーは、地球侵略をもくろむメガトロン率いる悪の軍団ディセプティコン(デストロン)と、オプティマス・プライム(コンボイ)率いる自由と平和を愛するオートボット(サイバトロン)の戦い。

                                       オプティマス・プライム

オートボットのデザインは、米GM社が全面協力。
特に、バンブルビーはすごい。
ミカエラに「ポンコツ」と言われると、1976年型カマロから、なんと、2009年型カマロにトランスフォームしてしまうのである。2009年型だよ!
今回GMが全面協力したこと、アニメ版のバンブルビーはフォルクスワーゲン・ビートルだったことを覚えておくと、冒頭でサムが車を買ってもらうシーンがもっと楽しくなるよ。

                                         バンブルビー

更に、この映画には米国防総省も協力。
陸軍大尉レノックスの持つ武器は米海兵隊の新モデル。
今まではF15だったスタースクリームは、最新鋭ステルス戦闘機F22ラプターになっている。

1985年以降の「トランスフォーマー」を知っている人も、知らない人も、大人も子供も存分に楽しめる映画である。

「目がトロン」になってる暇なんか無いよっ!

Copyright © 2005-2021 M-Hoshino All Rights Reserved.