Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

昭和記念公園のケイトウ2018年09月11日 10時06分25秒

東京都立川市と昭島市にまたがる国営昭和記念公園でケイトウの花が咲いています。
国営昭和記念公園のケイトウ
ススキのような植物は「パンパスグラス」です。和名は「シロガネヨシ」といいます。

国営昭和記念公園のケイトウ

国営昭和記念公園のケイトウ
私、子供の頃は「ケイトウ」を「ケイトー(毛糸)」だと思っていました。花穂の形が毛糸で編んだように見えませんか?
実際は、花穂の形が鶏の鶏冠(とさか)に似ているのでこの名が付いたようです。鶏の頭と書いてケイトウ(鶏頭)です。 ナデシコ目、ヒユ科、ケイトウ属の一年生植物です。
国営昭和記念公園のケイトウ

国営昭和記念公園のケイトウ

ケイトウにいろいろな種類のチョウがやって来ました。
モンキチョウです。
ケイトウとモンキチョウ

国営昭和記念公園のケイトウ

国営昭和記念公園のケイトウ

モンキチョウより一回り大きい「ヒョウモンチョウ」も来ました。
ケイトウとヒョウモンチョウ

ケイトウとヒョウモンチョウ

ケイトウとヒョウモンチョウ

セセリチョウもその小さい体で一生懸命蜜を吸っていました。目が大きいですね。 右上にいるのは何の幼虫でしょうか?
ケイトウとチャバネセセリ

国営昭和記念公園では、9月15日(土)から「コスモスまつり」が始まります。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

見つかっちゃった!かな?2018年08月29日 12時14分45秒

逃げる俺の後をヘリが追ってきた。
茂みの中に隠れる。
頭上を旋回するヘリコプター。
ヘリが超低空飛行で飛び始めた。
ゆっくりとホバリングをしながら木立の間から俺を探す。
ローターの発する大きな音が徐々に近づいてくる。
木の枝が大きく揺れ始めて、俺の頭上に大きな空間を開けた。
あっ、見つかっちゃった!・・・ かな?


こんな遊びをさせてくれるのは、陸上自衛隊の多用途ヘリコプター UH-1J 機体記号41873 です。
陸上自衛隊ヘリコプター UH-1J 機体記号41873
UH-1Jは、アメリカ合衆国のベル・エアクラフト社が開発したUH-1を、ベル社との共同開発をベースにしながら日本の富士重工業独自の改良を加えて製造したもので、その80%が国産技術だといわれています。
陸上自衛隊ヘリコプター UH-1J 機体記号41873

「富士重工業(株)」は、2017年4月1日に自動車のブランド名として広く浸透している「SUBARU」(スバル)に商号を変更しています。



猿も滑って木から落ちる? サルスベリ2018年08月21日 18時23分49秒

暑い日差しが肌を射る都会の街中に咲く、サルスベリの紅い花が心を癒してくれます。

サルスベリ(百日紅)
サルスベリは、漢字で「百日紅」と書きます。
新梢を伸ばしながら枝先に花芽をつくり、夏から秋にかけて次々と開花します。枝の生育にばらつきがあるので開花期が長期間となる為、百日咲く紅色の花という意味で「百日紅=ヒャクジツコウ」とも呼ばれます。
サルスベリ(百日紅)

サルスベリ(百日紅)
サルスベリという名は、樹皮がはがれた部分の幹がつるつるしているので、猿が登ろうとしても滑って落ちてしまうということで、「猿滑り」が由来とされています。
実際には猿は簡単に木に登ってしまうそうですが・・・。
サルスベリ(百日紅)
国営昭和記念公園の昭島口には、紅と白のサルスベリの木が数本植えられていて、今が見頃になっています。
サルスベリ(百日紅)

サルスベリ(百日紅)

サルスベリ(百日紅)



都立神代植物公園は園内にもサルスベリの木があります↑が、園外のバス停の前ではピンクの花が風に揺れていました。
サルスベリ(百日紅)

サルスベリ(百日紅)

サルスベリ(百日紅)
サルスベリは、フトモモ目、ミソハギ科、サルスベリ属の落葉中高木です。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

昭和記念公園で「サギソウまつり」2018年08月20日 20時21分18秒

サギソウ(鷺草)です。
サギソウ(鷺草)
サギソウはラン目、ラン科、サギソウ属の湿地性多年草です。
花の形が、シラサギが翼を広げた様に似ていることから「サギソウ」と名付けられました。

サギソウ(鷺草)

国営昭和記念公園では今、サギソウまつりが開催されています。
当初は9月2日(日)までの予定でしたが、猛暑があった影響で花が持たないので8月26日(日)までに変更すると、今日発表がありました。
「サギソウまつり」の会場では、サギソウ花壇の展示や、撮影用サギソウ鉢の無料貸し出し、サギソウ展、サギソウスタンプラリーなどが行われています。


今日もご覧いただき、ありがとうございました。

ナツズイセン(夏水仙)2018年08月09日 11時33分44秒

ナツズイセン(夏水仙)の花が咲いていました。
ナツズイセン(夏水仙)
ナツズイセンは、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草です。
そういえば、葉がない茎がスラッと伸びた姿は彼岸花に似ています。
ナツズイセン(夏水仙)
漢字では「夏水仙」と書きますが、水仙の仲間でありません。
秋から翌年の春にかけて水仙に似た葉を出し、葉が枯れてしまう8月中旬から下旬頃に花を咲かせます。「葉が水仙に似て夏に花を咲かせる」から夏水仙だとか。
ナツズイセン(夏水仙)
花がユリに似ていて花が咲く頃に葉がないことから、ハダカユリ(裸百合)とも呼ばれます。
ナツズイセン(夏水仙)


今日もご覧いただき、ありがとうございました。

ひまわり2018年08月07日 13時38分09秒

立秋の名にふさわしい今日の気温は、窓を開けた室内で24度を指しています。
涼しい風がちりんちりんと澄んだ音色で風鈴を鳴らし、競い合って鳴いていたセミたちの声は一休みのようです。
でも、まだ8月の上旬。厳しい暑さはこれからが本番です。

久し振りに国営昭和記念公園へ行ってみたら、ヒマワリ畑では殆どのひまわりがこうべを垂れて、夏の終わりを告げていました。
ひまわり

ひまわり

クマバチが蜜を吸っている横に蜜蜂がやって来ました。よりによってこんなところに来なくても、ひまわりの花はまだいっぱいあるのに・・・
ひまわり


今日もご覧いただき、ありがとうございました。

こもれびの里のハスの花2018年07月16日 07時02分00秒

国営昭和記念公園の「こもれびの里」で蓮の花が見頃になっています。
こもれびの里は、昭和記念公園の北側、砂川口から歩いて5分位の所にあり、水田や丘陵畑、農家と屋敷林など、昭和30年代の武蔵野の原風景やそこでの暮らしを再現しています。

こもれびの里のハス池で、紅白の蓮の花が咲いていました。
国営昭和記念公園のハスの花

国営昭和記念公園のハスの花

国営昭和記念公園のハスの花

国営昭和記念公園のハスの花

国営昭和記念公園のハスの花

国営昭和記念公園のハスの花

国営昭和記念公園のハスの花

国営昭和記念公園のハスの花

国営昭和記念公園のハスの花

ハス( 蓮、学名:Nelumbo nucifera )は、インド原産のハス科、ハス属の多年生水生植物です。
日本では古くは「はちす」と言われていました。それが訛って「はす」になったとか。
花托の形が「蜂の巣」のハニカム構造に似ているため、そのように呼ばれていたということです。
国営昭和記念公園のハスの花
はにかむように首を傾げたハスの花もかわいいものです。

.
.
.

今日もご覧いただき、ありがとうございました。

さざなみ広場のハスの花2018年07月15日 08時00分00秒

国営昭和記念公園・西立川口近くの「さざなみ広場」に咲いている蓮の花です。

桃紅宿雨
桃紅宿雨


艶陽天(えんようてん)
艶陽天

艶陽天

金輪蓮(きんりんれん)
金輪蓮

喜上眉梢(きじょうびしょう)×黄蓮(おうれん)
喜上眉梢×黄蓮


露華濃
露華濃

秋水長天(しゅうすいちょうてん)
秋水長天

少寿星(しょうじゅせい)
少寿星

少寿星

艶新装(えんしんそう)
艶新装

友誼紅(ゆうぎこう)
友誼紅

小三色蓮(しょうさんしょくれん)
小三色蓮

さざなみ広場の蓮は鉢展示になっています。
今年は鉢植えの咲き進みが早く、見頃を過ぎた鉢は7月16日以降順次撤去されますので、鉢植えの蓮は今日・明日が見納めになりそうです。

こもれびの里では、地植えの蓮が見頃になっています。こちらは7月中は十分楽しめるということです。
こもれびの里の蓮についてはまた明日。


今日もご覧いただき、ありがとうございました。

昭和記念公園のユリの花2018年07月13日 21時02分48秒

国営昭和記念公園でオリエンタルハイブリッド系などのユリの花が見頃になっています。
百合

百合

百合

百合

百合

百合

百合

百合

百合

百合

百合

昭和記念公園の桜は今が見頃!2018年04月03日 12時00分55秒

国営昭和記念公園のある東京都立川市と昭島市は、東京23区よりも気温が3℃位低く推移します。
都心ではすでに葉っぱが多く見られるソメイヨシノも、ここではちょうど見頃の満開になっています。
国営昭和記念公園の桜
園内を流れる残堀川(ざんぼりがわ)沿いには、エドヒガンやシュゼンジカンザクラ、カンヒザクラ、カワヅザクラ、ヨウコウなどいろいろな種類の桜が順を追って咲いていきます。
今はソメイヨシノ(染井吉野)が満開です。ピンク色が濃い桜はヨウコウ(陽光)です。
レンギョウの黄色が良いアクセントになっています。
昭和記念公園の桜
(立川口近くの「ふれあい橋」より)   園内マップはこちら


「渓流広場」のソメイヨシノもまだ見頃を保っています。
チューリップも、品種によってはちょうど見頃になっています。
例年、チューリップが満開になる頃にはソメイヨシノは散ってしまっていることが多いのですが、今年はチューリプの開花も早いようで、ソメイヨシノとチューリップの競演を見ることが出来ました。
ここはチューリップ畑の中が遊歩道になっていて、沢山の人が散策や写真撮影を楽しむ場所です。
渓流広場に一番近い駐車場がある西立川口に車を停めて、開園と同時に入園し、急いで写真を撮らないと画面の中が人だらけになってしまいます。
チューリップと桜


みんなの原っぱ北側にある「桜の園」には、迫力のあるソメイヨシノの大木が並んでいます。
国営昭和記念公園のソメイヨシノ
花見をする人を飲み込むように、地面近くまで花が覆いかぶさります。
国営昭和記念公園のソメイヨシノ
桜の園ではレジャーシートなどを敷いてのお花見も出来ます。(夜間不可)
国営昭和記念公園のソメイヨシノ

ソメイヨシノの手前にナノハナ(菜の花)の黄色い絨毯が広がっています。
国営昭和記念公園のソメイヨシノ
「原っぱ東花畑」に植えられた菜の花も、もうすぐ満開になります。
こんもりと山のように咲く迫力満点のソメイヨシノに負けじと、菜の花も黄色い輝きを放っています。
国営昭和記念公園のソメイヨシノ

国営昭和記念公園のソメイヨシノ

国営昭和記念公園のソメイヨシノ
花の匂いに誘われて、蝶々がやってきました。
国営昭和記念公園のソメイヨシノ

国営昭和記念公園では「FLOWER FESTIVAL 2018(フラワーフェスティバル2018)」が開催されています。
サクラ類を始めとして、今後チューリップ、ネモフィラ、ヤグルマギク、リナリア、ワスレナグサ、カリフォルニアポピー、シャーレーポピーなどが順次咲いていきます。

FLOWER FESTIVAL 2018(フラワーフェスティバル2018)」開催概要
開催場所:国営昭和記念公園 園内各所
開催期間:3月24日(土)~5月27日(日)
開園時間:有料区 9:30~17:00
       みどりの文化ゾーン 8:30~18:00
期間中の花の見どころマップはこちら


最後までご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2020 M-Hoshino All Rights Reserved.