Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

コートールド美術館展 魅惑の印象派2019年10月10日 12時02分42秒

上野の東京都美術館で開催されている「コートールド美術館展 魅惑の印象派」に行ってきました。
東京都美術館
「プレミアムナイト」と称して、閉館後の18:00~20:30の2時間30分の間、人数を400人に限定しての鑑賞会が行われました。期間中3回限りの開催で、チケットは早い時期に完売になりました。
東京都美術館

「コートールド美術館展 魅惑の印象派」は、イギリスが世界に誇る印象派・ポスト印象派の殿堂「コート―ルド美術館」が改修工事のため、名作がこぞって来日することが可能になり、開催されることになりました。
美術館の創設者サミュエル・コートールド(1876-1947)はイギリスの実業家で、卓越した審美眼を持つコレクターでもありました。
コートールドが収集したコレクションを核に1932年に設立されたコート―ルド美術館は、美術史や保存修復において世界有数の研究機関であるコートールド美術研究所の展示施設です。
本展覧会はその研究機関としての側面にも注目し、画家の語った言葉や同時代の状況、制作の背景、科学調査により明らかになった制作の過程なども紹介し、「名画を読み解く」鑑賞法で構成されています。
第1章: 画家の言葉から 読み解く
第2章: 時代背景から 読み解く
第3章: 素材・技法から 読み解く
と、3つの章で、選りすぐりの絵画・彫刻約60点と多くの資料が展示されています。
展示室には、フィンセント・ファン・ゴッホ、クロード・モネ、エドゥアール・マネ、ポール・セザンヌ、ピエール=オーギュスト・ルノワール、ポール・ゴーガン、エドガー・ドガ、アメデオ・モディリアーニなど、巨匠たちの代表作が並んでいます。

フィンセント・ファン・ゴッホ 「花咲く桃の木々」 1889年 油彩、カンヴァス 65×81cm

クロード・モネ  「秋の効果、アルジャントゥイユ」 1873年 油彩、カンヴァス 55×74.5cm

クロード・モネ 「アンティーブ」 1888年 油彩、カンヴァス 65.5×92.4cm

ポール・セザンヌ 「大きな松のあるサント=ヴィクトワール山」 1887年頃 油彩、カンヴァス 66.8×92.3cm

ポール・セザンヌ 「カード遊びをする人々」 1892–1896年頃 油彩、カンヴァス 60×73cm

エドガー・ドガ 「舞台上の二人の踊り子」 1874年 油彩、カンヴァス 61.5×46cm

400人限定の美術館はかなり空いていて、ゆっくりと鑑賞することが出来ます。
400人でもこれだけ余裕があります。通常の展覧会はいつ行っても混雑していますが、いったい何人の人が同時に入館しているんだろう? と思います。

エドゥアール・マネ 「アルジャントゥイユのセーヌ河岸」 1874年 油彩、カンヴァス 62.3×103cm

エドゥアール・マネ 「フォリー=ベルジェールのバー」 1882年 油彩、カンヴァス 96×130cm
「プレミアムナイト」では、全作品写真撮影が出来ます。
本展の目玉である「フォリー=ベルジェールのバー」の前では、多くの人が写真を撮っていました。

ピエール=オーギュスト・ルノワール 「桟敷席」 1874年 油彩、カンヴァス 80×63.5cm

ジョルジュ・スーラ 「クールブヴォワの橋」 1886–1887年頃 油彩、カンヴァス 46.4×55.3cm
点描主義を確立したといわれるジョルジュ・スーラの作品です。
画面全体で見ると光のきらめきを感じる絵画ですが、近くでよく見ると、影の部分も黒や灰色ではなく紺色や赤、黄色などの色の重なりで表現されています。
シアン、マゼンタ、イエローの色の三原色で表現される印刷物や写真と同じ原理で、細かく丁寧に色の点が配置されています。
写真に撮ってアップして見ると、また新しい発見をすることが出来ます。

会場には、彫刻作品や資料も多く展示してありました。

オーギュスト・ロダン 「叫び」(部分) 原型:1886年以前/ブロンズに鋳造:1962年か 63年 ブロンズ 25.1×31.5×18.5cm

会場出口にはフォトスポットも用意されています。

図録は23.5cm×23.5㎝の正方形で、266ページの中に本展に出品されている作品60点と資料24点がオールカラーで掲載されています。
作品全てに学芸員による解説が付いていて、充実した内容になっています。

開催会場:東京都美術館
開催期間:2019年9月10日(火)~12月15日(日)
休室日:月曜日、9月17日(火)、9月24日(火)、10月15日(火)、11月5日(火)
  ※9月16日(月・祝)、9月23日(月・祝)、10月14日(月・祝)、11月4日(月・休)は開室
開室時間:9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
  ※金曜日、10月16日(水)、11月2日(土)、11月20日(水)は9:30~20:00(入室は閉室の30分前まで)
観覧料金:一般 1,600円 / 大学生・専門学校生 1,300円 / 高校生 800円 / 65歳以上 1,000円
  ※中学生以下は無料
  ※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料

東京展の後は名古屋、神戸へと巡回します。
〈名古屋〉愛知県美術館
会期:2020年1月3日(金)~3月15日(日)
〈神戸〉神戸市立博物館
会期:2020年3月28日(土)~6月21日(日)



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

リーリー(力力)2019年09月20日 08時01分53秒

あちゃ~

上野公園に連なる赤い鳥居2019年09月13日 10時20分30秒

東京都台東区にある上野恩賜公園(上野公園)にたくさんの赤い鳥居が連なる神社があります。
上野公園に行くといつも通る道なのですが、多くの観光客がこの鳥居の前に立って記念撮影をしています。特に外国からの観光客が多いようです。
こんなことは初めてなのですが、たまたま鳥居の前に誰もいなかったので写真を撮ってみました。
京都の伏見稲荷大社ほどの迫力は有りませんが、荘厳な雰囲気を感じます。

この神社は花園稲荷神社といいます。正しい名称は忍岡稲荷(しのぶがおかいなり)ですが、石窟の上にあった事から俗称、穴稲荷といわれています。
承応(じょうおう)3年(1654年)、天海大僧正の弟子、本覺院の住僧、晃海僧正が、霊夢に感じ(家光の命とも言われている)廃絶していたお社を再建し上野の山の守護神としたと口伝されています。
明治6年に岩堀数馬、伊藤伊兵衛等の篤志家によって再興され、花園稲荷と改名されました。
縁結びの神様として有名です。


今日もご覧いただき、ありがとうございました。

北限のサル2019年09月10日 15時31分31秒

上野動物園のサル山にいる「北限のサル」です。
青森県の下北半島に生息するニホンザル(ホンドザル)で、世界で最も北に生息しているサルということから、「北限のサル」といわれています。
「下北半島のサルおよびサル生息北限地」は、1970年に国の天然記念物に指定されました。
2009年4月に、地元で捕獲された21頭が上野動物園に引き取られ、翌年から展示されています。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

「円山応挙から近代京都画壇へ」@東京藝術大学大学美術館2019年09月05日 11時38分48秒

東京藝術大学大学美術館で開催されている「円山応挙から近代京都画壇へ」展の後期展示が9月3日から始まりました。
250年ほど昔、京都にて・・・ 堅苦しい狩野派に代わり、見たままの世界を描く写生画で一世を風靡した円山応挙による「円山派」と、与謝蕪村に学び応挙にも師事した呉春が興した「四条派」。この2派は「円山・四条派」としてその後の京都の主流となり、近代まで京都画壇に大きな影響を及ぼしました。
自然や花鳥、動物を生き生きと写し取った斬新な応挙の画風は京都で評判になり、多くの門弟たちを育てています。

本展は、前期と後期でほとんどの作品が入れ替えられるという大幅な展示変更がされています。

一番の見どころは、円山応挙の最高傑作ともいわれる重要文化財「大乗寺襖絵群」の特別展示で、大乗寺の客殿に描かれた襖絵 《 松に孔雀図 》 は通期展示されています。
重要文化財 《 松に孔雀図 》(全16面のうち4面) 円山応挙 寛政7年(1795) 兵庫・大乗寺蔵

毛の1本1本まで描かれた《写生図鑑》は乙巻が前期に、甲巻が後期に展示されています。
重要文化財 《 写生図巻(甲巻)》 (部分) 円山応挙 明和8年~安永元年(1771~72) 株式会社千總蔵

むくむくした子犬のかわいらしさが伝わってくる《狗子図》は後期のみの展示です。
《 狗子図(くしず) 》円山応挙 安永7年(1778) 福井・敦賀市立博物館蔵

応挙の絶筆作品として知られる代表作《保津川図》も後期のみの展示です。
保津川は応挙の故郷、亀岡から流れる川です。
川の流れが左隻は左から右へ、右隻は右から左へとなっていることで、川の水が中央に集まります。
ダイナミックで迫力のある水の流れに圧倒されます。
左隻の流れの中に鮎が泳ぐという細かい部分まで丁寧に描かれていますが、実際に作品を見ないと分かりません。
重要文化財 《 保津川図 》 円山応挙 寛政7年(1795) 株式会社 千總蔵


円山応挙から近代京都画壇へ」東京展 開催概要
開催会場:東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1、2、3、4
開催期間:前期:2019年8月3日(土) - 9月1日(日) (終了しました)
       後期:2019年9月3日(火) - 9月29日(日)
休館日:月曜日 ※ ただし、月曜日が祝日または振替休日の場合は開館、翌日休館
観覧料金:一般1,500円 高校・大学生1,000円 (中学生以下は無料)

京都展は京都国立近代美術館に於いて、2019年11月2日(土)~12月15日(日)に開催されます。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

竹皮パンダ弁当2019年09月03日 19時36分35秒

上野動物園で、お腹が空いたので西園にある「カフェカメレオン」で「竹皮パンダ弁当」というのを食べてみました。
アイスコーヒーのカップには上野動物園の人気者「ハシビロコウ」や「ジャイアントパンダ」などが描かれています。箸袋のパンダもかわいいです。
竹皮パンダ弁当
お弁当が竹の皮で包んであります。
昔はおにぎりなども殺菌効果を兼ねて竹の皮で包んで持ち歩いていましたが、最近は見かけなくなりました。
ジャイアントパンダは竹や笹を食べますが、その「竹」の皮です。
上野動物園では、孟宗竹、真竹、篠竹を中心に、熊笹、矢竹、業平竹など、なるべく多くの種類を与えているそうです。
大人のパンダだと、1日に1頭あたり45㎏ほど食べるとか。大食漢ですね。

さて、「竹皮パンダ弁当」を開けてみると、中にはかわいいジャイアントパンダが・・・・・
竹皮パンダ弁当
周りの茶色いご飯は味付で、顔は白米です。目と鼻は甘めの味付けの黒豆で、あっ、美味しい。
耳はシイタケ、手は鶏肉です。サヤエンドウで竹の葉っぱを表現しています。錦糸玉子とでんぷで飾り付け。
おこわの中にもシイタケやニンジンなどいろいろな物が入っていて、子供も喜びそうな味です。
量もかなりあって、大人もお腹一杯になります。子供だと食べきれないかも。

「カフェカメレオン」は不忍池に面しており、テラス席はハスの花の向こうに「不忍池辯天堂」が見える絶景です。
竹皮パンダ弁当



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

今日のシャンシャン(香香)2019年09月03日 18時04分40秒

今日のシャンシャン(香香)です。
シャンシャンは2017年6月12日に上野動物園で生まれました。もうすぐ2歳3ヶ月になります。
体重も60㎏を超えすくすくと育っていますが、子供らしいかわいらしさも残っています。
シャンシャン(香香)

竹の稈(かん=茎の部分)も立派にバリバリ食べています。
シャンシャン(香香)

時々寂しそうに飼育員のいる部屋の方を見ています。お母さんの匂いが漂ってくるんでしょうか?
シャンシャン(香香)

ジャイアントパンダは中国では大熊猫(大熊貓 dàxióngmāo シュンマオ)といいます。
大熊猫。 熊なんでしょうか?猫なんでしょうか?
猫のようにかわいいんですが、哺乳綱、食肉目、クマ科に分類される、りっぱなクマさんです。
まだ2歳なのに、歯並びすごいですね。
シャンシャン(香香)

食べて少し遊んだら寝てしまいました。この体制になるとしばらく動きません。
シャンシャン(香香)



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

夏バテのシロクマくん2019年08月13日 10時03分12秒

暑い日が続いています。上野動物園のシロクマくんも夏バテ気味です。

あ~~ 暑いよ~  ι(´Д`υ)

アイアイ(おさるさん)2019年08月10日 19時17分13秒

アイアイ(アイアイ)アイアイ(アイアイ)おさるさんだよ♪
という童謡でお馴染みの「アイアイ」です。
アイアイ
今朝アップした「マダガスカルトキ」と同じ、マダガスカルの固有種です。

アイアイ(学名Daubentonia madagascariensis)は、哺乳綱霊長目、アイアイ科、アイアイ属に分類される霊長類で、現生種では本種のみでアイアイ科アイアイ属を構成しています。

体は暗褐色ないし黒色の長毛でおおわれ、手の第3指(中指)が特別に細長くなっているのが特徴です。
1962年に発表された日本の童謡「アイアイ」では、南の島に住む丸い目と長い尻尾を持った可愛らしいおさるさんとして歌われていますが、現地マダガスカルでは「悪魔の使い」として気味悪がられている、ちょっと不気味なおさるさんです。

2001年9月に、日本で初めてマダガスカルのツィンバザザ動物園から上野動物園に寄贈され、同年11月に一般公開されました。


上野動物園の「アイアイのすむ森」で展示されていますが、夜行性の為、建物の中は真っ暗で、目が慣れるまで2~3分の間は、歩くのもままなりません。
展示室の中のどこにアイアイがいるのかも、判別できない状態です。
そんな中、ISO感度25600、シャッタースピード1/30、絞り f 4 でやっと撮影出来ました。
(写真に興味のない方には何のことだかチンプンカンプンでしょうが・・・)



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

上野動物園のマダガスカルトキ2019年08月10日 11時15分18秒

上野動物園にいる「マダガスカルトキ」です。
マダガスカルトキ
マダガスカルトキ(学名:Lophotibis cristata)は、ペリカン目、トキ科に分類される鳥類の一種で、マダガスカル島にだけ生息している鳥です。
細くて長いくちばしと、光沢を帯びた冠羽 (頭頂にある長い羽毛) が特徴です。
マダガスカルトキ

日本でのマダガスカルトキの飼育は、2001年4月にマダガスカルのツィンバザザ動植物園から上野動物園に寄贈された4羽が最初でしたが、2008年繁殖に成功し、2010年5月に上野動物園から埼玉県こども動物自然公園に4羽が寄贈されました。現在はこの2園で飼育と繁殖が行われています。

上野動物園では、西園の「アイアイのすむ森」にあるフォッサ展示場の隣で、2羽が展示されています。
野生では昆虫やクモ、カエル、爬虫類などを食べますが、上野動物園ではトキ用固形飼料やワカサギなどを与えています。


世界的にも希少な美しい鳥なので、是非見ていただきたいと思います。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2019 M-Hoshino All Rights Reserved.