Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

上野東照宮ぼたん苑のソシンロウバイ(素心蝋梅)2022年01月23日 13時26分30秒


上野東照宮ぼたん苑で咲いている、ソシンロウバイ(素心蝋梅)です。
上野東照宮ぼたん苑のソシンロウバイ(素心蝋梅)

まだ蕾が多いので、これから見頃を迎えるかと思います。
上野東照宮ぼたん苑のソシンロウバイ(素心蝋梅)

上野東照宮ぼたん苑のソシンロウバイ(素心蝋梅)

上野東照宮ぼたん苑のソシンロウバイ(素心蝋梅)



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

上野東照宮ぼたん苑2022年01月21日 12時20分56秒

上野東照宮ぼたん苑で、冬牡丹が見頃になっています。
上野東照宮ぼたん苑
上野東照宮ぼたん苑は、上野東照宮の境内にある ぼたん苑です。春と冬の牡丹の季節の他に、秋のダリアの季節にも開苑されます。

上野東照宮は、徳川家康・徳川吉宗・徳川慶喜を祀っており、別名「三処権現」とも呼ばれています。徳川家康にあやかり、出世、勝利、健康長寿の神様として信仰されています。
また、現在の社殿は1651年(慶安4年)に徳川家光が改築したもので、上野戦争や関東大震災、第二次世界大戦でも焼失を免れている為、強運の神様としても崇められています。
境内には狸の木像をご神体とした栄誉権現社もあり、他抜(たぬき)の御利益があるとされて、受験、就職、合格、当選を願う人にとても人気があります。
何でもありって感じですね。
上野東照宮
上の写真は唐門です。1651年(慶安4年)造営で、国指定重要文化財に指定されています。正式名称は唐破風造り四脚門(からはふづくりよつあしもん)といいます。
いつ行っても金ピカに輝いています。左甚五郎作の昇り龍・降り龍の彫刻などがある、貴重な文化財です。

ぼたん苑に入ってみました。
上野東照宮ぼたん苑


上野東照宮ぼたん苑
苑内には牡丹の他にもソシンロウバイ(素芯蠟梅)やウメ(梅)など、多くの花が咲いています。
梅と五重塔

上野東照宮ぼたん苑

苑内に3ヶ所ある「お休み処」では、花で飾られた和の雰囲気を堪能することができます。
上野東照宮ぼたん苑

葉牡丹も苑内いたる所で咲いています。葉を牡丹の花に見立てて鑑賞されます。春には黄色く小さい花を咲かせますが、鑑賞の対象にはならないようです。
葉牡丹

上野東照宮ぼたん苑

向こうに見える五重塔は、旧東叡山寛永寺五重塔(重要文化財)です。上野東照宮の参道沿いにありますが、上野動物園の敷地内になっていて、参道から直接入ることはできません。
上野東照宮ぼたん苑

水仙

回遊形式の日本庭園に植栽された牡丹は現在、冬は40品種150株、春は110品種600株が栽培されています。
上野東照宮ぼたん苑
1月1日 ~ 2月中旬「冬ぼたん」
4月中旬 ~ 5月中旬「春のぼたん祭」
9月下旬 ~ 10月下旬「ダリア綾なす秋の園」
と、季節に応じてさまざまな催しを行っています。

上野東照宮ぼたん苑


東京都でも今日から「まん延防止等重点措置」が適用されました。
密を避けながらゆったりと過ごすことができる「ぼたん苑」は、逆におすすめの憩いのスポットになります。


上野東照宮ぼたん苑「冬ぼたん」開催概要
開催期間:2022年1月1日~2月中旬(会期中無休)
開苑時間:午前9時30分~午後4時30分(入苑締切)
入苑料:大人(中学生以上)700円 東照宮拝観との共通券 1,100円  小学生以下無料
 ※東京都の方針や情勢によっては、予告なく変更されることがあります。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

上野東照宮ぼたん苑の梅の花2022年01月20日 16時25分42秒

上野東照宮ぼたん苑で、梅の花が咲き始めました。
上野東照宮ぼたん苑の梅の花

上野東照宮ぼたん苑の梅の花

上野東照宮ぼたん苑では、2月23日(水・祝)まで『上野東照宮 冬ぼたん』を開催し開苑しています。会期中は苑内で、きれいに咲いた梅の花を見ることができます。
上野東照宮ぼたん苑の梅の花

上野東照宮ぼたん苑の梅の花

牡丹の花は、約150株の冬ぼたんが苑内全域で咲き誇っています。
東京都の方針や情勢によっては、予告なく閉苑となることがあります。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

上野公園でチューリップが咲いています2022年01月19日 17時53分41秒

上野恩賜公園(上野公園)の大噴水の周りで、赤、白、黄色のチューリップが咲いています。
どの花見てもきれいです。





これらは、冬から早春の屋外でチューリップを楽しむことができることで人気の「アイスチューリップ」(冬咲きチューリップ)です。
温室の中でもないのに、なぜ冬にチューリップが咲いているんでしょうか?

その理由は、チューリップの球根を冷蔵施設で保管し、一定期間その中で低温で管理した後に自然の環境下に戻すことにより、とても寒い冬のような環境から自然の環境に戻されたチューリップが「春が来た」と勘違いすることによって、通常の開花時期の春より早い冬のうちに開花をするというわけです。

チューリップに対する一種の詐欺ですね。
詐欺にあったチューリップは可哀そうです。私はチューリップは3~4月頃に咲いてくれて、それを見るのを楽しみに待っているのがいいと思いますが。
そのうち、チューリップは冬に咲くものだと思う子供たちが増えてくるかもしれません・・・・・

私たち人間も、詐欺には十分注意しましょう。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

サクラの花にメジロがやってきました2022年01月18日 11時01分47秒

上野恩賜公園(上野公園)でカンザクラ(寒桜)が咲き始めました。
カンザクラは、カンヒザクラ(寒緋桜)とオオシマザクラ(大島桜)またはヤマザクラ(山桜)との雑種と言われており、寒い時期から咲き始めますが、バラ科、サクラ属のれっきとした「桜」です。

桜の花の甘い蜜を求めて、メジロがやってきました。

メジロは人間をあまり気にしないようで、私の存在など無視して自由に飛び回っています。もしかしたら、私自身に存在感が無いのかもしれませんが・・・

それでも時々、こちらを気にするようなカメラ目線を送ってくれます。 「一応気にしてくれているんだ!」と、私も安心します。 背中から足が生えているような、器用なぶら下がり方をしていますね。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

落ちない大仏!「上野大佛」2022年01月17日 17時17分17秒

大学入学共通テストも昨日で終わり、受験生たちは ほっとしながらも不安でいっぱいだと思います。

そんな中、毎年受験シーズンになると参拝の人でにぎわうのが、「上野合格大佛」(上野大佛)です。

寛永8年(1631年)、 この地に漆喰の釈迦如来坐像が建立されました。
正保4年(1647年)、 正保相模の地震により倒壊。
慶安2年(1649年)には慶安川越地震により、“頭部が落下” してしまいました。
明暦・万治の頃(1655年 - 1660年頃)に高さ6メートルの銅仏として再興され、元禄11年(1698年)に露座であった大仏に仏殿が建立されます。
天保12年(1841年)に火災により損傷し、修復されるも、
安政2年(1855年)、安政江戸地震により、頭部が破損。
明治6年(1873年)には上野恩賜公園の整備のため大仏殿が解体され、露座に戻ってしまいます。

大正12年(1923年)の関東大震災により “頭部が落下”。頭部が大破し、仏像は解体され寛永寺が保管することになりました。
ところが、昭和15年(1940年)、軍需金属資源として「顔面部」を除く頭部、胴部以下が供出され、消滅してしまったのです。
昭和47年(1972年)、寛永寺に保管されていた顔面部をレリーフとして旧跡に安置することになりましたが、顔面部以外は戦争で徴用されてしまって、戻ってきません。安置された顔面部はこれ以上落ちようがありません。

今や、「落ちない」大仏として、受験生や親たちの信仰を一身に、いや、一顔に集めています。



絶対に落ちない!合格大仏です。 受験生の皆さん、よかったら拝んでください。ご利益があるかもしれません。 お寺の仏像なので、手はたたかないでね。




今日もご覧いただき、ありがとうございました。

上野東照宮2022年01月03日 18時44分13秒


上野東照宮

テレビ朝日の「博士ちゃん」で「上野東照宮」を放送しているので、写真をアップしてみました。(18:30~21:00放送)
上野東照宮は、徳川家康(東照大権現)・徳川吉宗・徳川慶喜が祀られている、国の重要文化財です。
寅年の今年は特に、ここに初詣をすると強運が得られるんだとか・・・
2022年は上野東照宮の御祭神、徳川家康公の生まれ年とおなじ壬寅(みずのえとら)で、60年に一度の記念すべき年なんだそうです。

上野東照宮公式ホームページはこちら

幸運・金運を呼ぶ?金魚の展覧会@上野の森美術館2022年01月03日 12時41分29秒

江戸時代から庶民の愛玩物として親しまれ、風水では色によって幸運や金運を呼ぶといわれている金魚。
その金魚に特化して描き続ける現代美術家・深堀隆介氏の展覧会「深堀隆介展『金魚鉢、地球鉢。』」が、上野の森美術館で開催されています。
深堀隆介展『金魚鉢、地球鉢。』

透明樹脂にアクリル絵の具で金魚を断面的に描き、何層も重ねることで本物と見まごう立体的でリアルな姿を作り出す、“2.5Dペインティング(積層絵画)”という斬新な手法は、絵画でありながら圧倒的な立体感と躍動感を生みだし、まるで生きているような金魚が表現されています。

開会前日に会場内にてライブペインティングで描かれた最新作「緋照(ひしょう)」です。
深堀隆介展『金魚鉢、地球鉢。』

酒桝や碗、空き缶、机の引き出しの中など、自由な空間に漂う、永遠の命を宿した“深堀金魚”が館内を泳ぎ回ります。

深堀隆介展『金魚鉢、地球鉢。』


深堀隆介展『金魚鉢、地球鉢。』

深堀隆介展『金魚鉢、地球鉢。』

大型インスタレーション「僕の金魚園」では、昔懐かしい金魚すくいの風景が再現されています。
深堀隆介展『金魚鉢、地球鉢。』

深堀隆介展『金魚鉢、地球鉢。』

今年は金魚を飼って運気をアップさせるのも良いかもしれませんね。
「叶わぬ時の金魚頼み」です。


開催会場:上野の森美術館
開催期間:2021年12月2日(木)〜2022年1月31日(月)
休館日:2021年12月31日(金) 、2022年1月1日(土)
開館時間:10:00〜17:00 (最終入場時間 16:30)
観覧料:一般1,600円 高校・大学生1,300円 小・中学生800円
 ※当日チケットの会場販売あり。WEBチケットは公式サイトのこちらから。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

久しぶりにシャンシャンに会ってきました。2021年12月23日 11時29分27秒

テレビなどで、上野動物園で新たに生まれたジャイアントパンダ、「シャオシャオ」「レイレイ」の一般公開が来年1月12日から始まるというニュースが多く流れています。

ふと思い出して、久しぶりにお姉さんパンダの「シャンシャン」に会いに行くことにしました。

現在、上野動物園の入園は毎週土曜日に、翌週土曜日から1週間分の入園予約を受け付けています。先着順です。
日曜日に急に思いついて申し込んだので、すべての日が一番早い時間で午後1時過ぎからの予約しか残っていません。 で、昨日(水曜日)午後1時に予約をして行ってみました。


《 上野動物園のジャイアントパンダ「シャンシャン(香香 Xiang Xiang) 》

久しぶりに会ったら、かなり大きくなっていてびっくりしました。もうすっかり大人です。 床にどっしりと座って、こんなに長い竹も、手と口をうまく使いバキバキ割って食べています。
上野動物園のジャイアントパンダ「シャンシャン(香香 Xiang Xiang)

上野動物園のジャイアントパンダ「シャンシャン(香香 Xiang Xiang)

上野動物園のジャイアントパンダ「シャンシャン(香香 Xiang Xiang)

上野動物園のジャイアントパンダ「シャンシャン(香香 Xiang Xiang)

思う存分食べたら、台の上に乗ってお休みモードに入ります。
上野動物園のジャイアントパンダ「シャンシャン(香香 Xiang Xiang)

怒って威嚇しているのではありません。あくびをしているようです。
上野動物園のジャイアントパンダ「シャンシャン(香香 Xiang Xiang)

物思いにふけっているような・・・ 子供らしさがみえてかわいいポーズです。
やっぱり仲間がいないと寂しいでしょうね。もう4歳6ヶ月になるので、早めに中国に返してあげた方がいいような気もします。
(中国への返還はコロナ禍の影響で来年6月まで延期されました。5歳になってしまいます。)
私個人としては、いつまでも日本に居て欲しいのは山々なんですが・・・
上野動物園のジャイアントパンダ「シャンシャン(香香 Xiang Xiang)

お腹一杯になって、眠ってしまいました・・・・・ zzz
上野動物園のジャイアントパンダ「シャンシャン(香香 Xiang Xiang)


恩師上野動物園入園予約サイトは こちら
「シンシン」「シャオシャオ」「レイレイ」の、パンダ母子観覧抽選サイトは こちら



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

「ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント」東京都美術館2021年10月09日 15時43分57秒

♪ ゴッホより普通に ラッセンが好き~  なんですが、

上野の東京都美術館で、「ゴッホ展 響きあう魂 ヘレーネとフィンセント」が開催されています。
東京都美術館


フィンセント・ファン・ゴッホ(1853 - 1890)のコレクションとしてもっとも充実しているのが、オランダ・アムステルダムの「ファン・ゴッホ美術館」とオッテルローの「クレラー=ミュラー美術館」です。
「クレラー=ミュラー美術館」は、実業家のアントン・クレラー=ミュラーと、その夫人ヘレーネ・クレラー=ミュラー(1869 - 1939)のコレクションを基に1938年に開設されました。

オランダの資産家だったヘレーネは夫とともに、当時まだ評価の定まっていなかったファン・ゴッホ作品の価値を認め、熱心に収集。 約90点の絵画と180点を超える素描、版画を集めて公開し、世界最大のゴッホ作品の個人収集家として、ゴッホの評価の形成に大きな役割を果たしました。
晩年にはオランダに「クレラー=ミュラー美術館」を設立し、初代館長を務めました。



本展では、クレラー=ミュラー美術館からファン・ゴッホの絵画28点と素描・版画20点を展示しています。
また、ミレー、ルノワール、スーラ、ルドン、モンドリアンらの絵画20点もあわせて展示し、ファン・ゴッホ作品を軸に近代絵画の展開をたどる、ヘレーネの類まれなコレクションを紹介しています。
さらに、「ファン・ゴッホ美術館」から《黄色い家(通り)》を含む4点を展示し、20世紀初頭からファン・ゴッホの人気と評価が飛躍的に高まっていく背景にも注目した展示になっています。

フィンセント・ファン・ゴッホ 《夜のプロヴァンスの田舎道》 1890年5月12-15日頃 油彩・カンヴァス 90.6×72cm クレラー=ミュラー美術館蔵

ゴッホは、1890年7月27日に自らの胸をピストルで撃ち、29日に息を引き取りました(享年37歳)。
上の作品を制作した2ヶ月後です。

1880年に本格的に絵を勉強しようとブリュッセルに出て以来、オランダ各地の村々からパリを経て、南仏・アルルでのポール・ゴーガンとの共同生活が決裂、精神病の発作を起こし、治療のために赴いたオーヴェール=シュル=オワーズで自らを撃って死去するまではわずか10年。
その10年の間に生み出した作品は、油彩・素描あわせて約2,000点にものぼるといわれています。


本展はヘレーネ・クレラー=ミュラーの紹介から始まり、年代を追いながら、ヘレーネのコレクションを中心にゴッホの生涯を紹介していきます。

1章 芸術に魅せられて: ヘレーネ・クレラー=ミュラー、収集家、クレラー=ミュラー美術館の創立者
2章 ヘレーネの愛した芸術家たち:写実主義からキュビスムまで
3章 ファン・ゴッホを収集する
 3章-1 素描家ファン・ゴッホ、オランダ時代
 3章-2 .画家ファン・ゴッホ、オランダ時代
 3章-3 .画家ファン・ゴッホ、フランス時代
  3章-3-1 パリ
  3章-3-2 アルル
  3章-3-3 サン=レミとオーヴェール=シュル=オワーズ
4章 ファン・ゴッホ美術館のファン・ゴッホ家コレクション: オランダにあるもう一つの素晴らしいコレクション


開催会場:東京都美術館 企画展示室
開催期間:2021年9月18日(土)~12月12日(日)
休室日:月曜日、9月21日(火)
 ※ただし、9月20日(月・祝)、9月27日(月)、11月8日(月)、11月22日(月)、11月29日(月)は開室
開室時間:9:30~17:30 (入室は閉室の30分前まで)
夜間開室:10月15日以降の金曜日は9:30~20:00 (入室は閉室の30分前まで)
観覧料金:一般 2,000円 / 大学生・専門学校生 1,300円 / 65歳以上 1,200円
 ※本展は日時指定予約制です。
 ※高校生以下は無料(日時指定予約が必要です)
 ※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料(日時指定予約は不要)
 ※いずれも証明できるものをご持参ください
 ※オンライン・プレイガイドでの購入が難しい方を対象に東京都美術館のチケットカウンターにて当日券を販売します。ご入場いただける直近の時間枠にてご案内します。ただし、ご来場時に予定枚数が終了している場合があります。
因みに、今日(10月9日)の当日券は午後1時過ぎに完売しています。


余談ですが、
「♪ゴッホより普通に ラッセンが好き ~ 」な「永野」さんが「ゴッホ展」を観たら、普通にゴッホを好きになっちゃうんじゃない?
という企画を、WEBマガジン「ZIEL」(10月8日付)でやっていました。
「永野」さんは、「ラッセンより普通にゴッホが好き」になったでしょうか?・・・
そこには普通にカップラーメン的回答が返ってきました。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.