Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

チームラボ どんぐりの森の呼応する生命2021年08月16日 11時13分55秒

埼玉県所沢市にある東所沢公園内の「武蔵野樹林パーク」で、アート集団・チームラボによる「チームラボ どんぐりの森の呼応する生命」が常設展示されています。
先日、角川武蔵野ミュージアムへ「俵万智 展」を観に行った時に寄ってみました。

武蔵野の雑木林を代表するコナラなどの落葉広葉樹の森に、人々の存在によって変化する「光のアート空間」が生まれました。
チームラボ どんぐりの森の呼応する生命
どんぐりの森に設置された卵形の球体「ovoid」は、日の出とともに周りの世界を映しはじめ、人に押されたり、風に吹かれたりして倒れると音色を響かせ、その音色は周辺のovoidに伝播していきます。

日の入りと共に、ovoid(卵型体)は、自ら光り輝き出します。人に押されたり、風に吹かれたりして倒れると、音色を響かせ、その音色特有の光を輝かせ、自ら立ち上がります。
その周辺のovoidも次々に呼応し、同じ音色を響かせ、同じ光を輝かせ、連続していき、周辺の木々も呼応して音色を響かせながら同じ色に変化していきます。
チームラボ どんぐりの森の呼応する生命
ovoidを押すと光と音が広がり、向こうから違う色が押し寄せてくれば、姿は見えなくても誰かがいることを感じられます。
チームラボ どんぐりの森の呼応する生命

チームラボ どんぐりの森の呼応する生命

チームラボ どんぐりの森の呼応する生命

チームラボ どんぐりの森の呼応する生命

チームラボ どんぐりの森の呼応する生命

チームラボ どんぐりの森の呼応する生命
16時から日没までは音のアトラクション、日没以降は音と光のインタラクション(相互作用)が楽しめます。
再入場可なので、隣接する「ところざわサクラタウン」で遊びながら時間を調整すれば、昼と夜の2つの表情を感じ取ることが出来ます。


開催場所:東所沢公園内 武蔵野樹林パーク (埼玉県所沢市東所沢和田3丁目9)
開催期間:2020年8月1日~常設
休園日:第1、3、5火曜日
  ※併設の「武蔵野樹林カフェ」は毎週火曜日休業
開園時間:16:00-20:00  (最終入場 19:30 )
  ※7月21日(水)から当面の間、営業時間を16:00 - 20:00に変更致しています。
入場料:(月~木)大人1000円、中高生700円、小学生500円・(金土日祝)大人1200円、中高生800円、小学生600円
  ※未就学児は無料です。
  ※小学生以下の方のご利用には、20歳以上の保護者の同伴が必要です。
  ※WEB購入は100円引になります。WEBチケット購入はこちらから。(「チケットを選ぶ」から「チームラボ作品チケット」を選択してください)



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

東所沢の発光する「イルミネーションマンホール」2021年08月15日 10時23分56秒

JR武蔵野線・東所沢駅から「ところざわサクラタウン」に向かう歩道に、キャラクターが描かれたマンホールが設置されています。
このマンホールには、「新世紀エヴァンゲリオン」、「ファイブスター物語」、「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」など、KADOKAWAの人気キャラクター27種類のイラストが描かれています。

しかもこのマンホール、夜になるとイラストが光って見える「イルミネーション・マンホール(LEDマンホール)」なのです。
LEDマンホールは、鉄蓋の中に発光ユニットを設置し、表面に光を透過するプレートを取り付けたもので、電源は、近くに設置したソーラーパネルにより発電した電力を使用しています。
所沢市によると、点灯時間は毎日午後5時から午前2時までだということです。

マンホールのイラストは27種類ですが、「アニメツーリズム協会公式キャラ じゅんれいちゃん」は2ヶ所に設置されているので、全部で28基が設置されていることになります。

「アニメツーリズム協会公式キャラ じゅんれいちゃん」(c)2020 ATA/HCS
「アニメツーリズム協会公式キャラ じゅんれいちゃん」(c)2020 ATA/HCS

マンホールを撮った中からいくつかをアップします。

「フルメタル・パニック!」イラスト:四季童子 (c)賀東招二・四季童子
「フルメタル・パニック!」イラスト:四季童子 (c)賀東招二・四季童子

「新世紀エヴァンゲリオン」イラスト:貞本義行 (c)カラー
「新世紀エヴァンゲリオン」イラスト:貞本義行 (c)カラー

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」イラスト:安彦良和 (c)創通・サンライズ
「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」イラスト:安彦良和 (c)創通・サンライズ

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」イラスト:安彦良和 (c)創通・サンライズ
「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」イラスト:安彦良和 (c)創通・サンライズ
夜撮影すると、マンホールの周りが暗くなってしまいますね。

「スレイヤーズ」イラスト:あらいずみるい (c)神坂一・あらいずみるい
「スレイヤーズ」イラスト:あらいずみるい (c)神坂一・あらいずみるい


「涼宮ハルヒの憂鬱」イラスト:いとうのいぢ (c)谷川流/いとうのいぢ

「涼宮ハルヒの憂鬱」イラスト:いとうのいぢ (c)谷川流/いとうのいぢ

「ファイブスター物語」イラスト:永野 護 (c)EDIT
「ファイブスター物語」イラスト:永野 護 (c)EDIT


所沢市のホームページに、イルミネーション・マンホールの全デザインと設置場所が掲載されていますので、興味のある方はご覧ください。



今日もご覧いただき、ありがとうございました。

国立競技場の聖火の行方は?2021年07月28日 14時44分30秒

東京2020オリンピックの開会式で大坂なおみ選手が点火した、聖火台。

本来なら国立競技場(オリンピックスタジアム)に設置し続けるのですが、木材を多用した建造物でもあり、物理的課題も多く、競技期間中設置し続ける事は出来ません。
また、聖火を消すことなく聖火台をスタジアム外へ移設することは困難であるということから、今大会では「式典用」と「競技期間用」の2台の聖火台が作られました。

正式には「東京2020 オリンピック・パラリンピック競技大会聖火台」というそうですが、2台の聖火台の内、競技期間用の1台は、競技会場が集中する東京臨海部の江東区青海(あおみ)と有明(ありあけ)を結ぶ「夢の大橋」に設置されました。
東京2020 オリンピック・パラリンピック競技大会聖火台
オリンピックスタジアムの聖火台に点火された聖火は、23日の開会式終了後にランタンに納められ、 午前0時40分頃に「夢の大橋」の聖火台へと到着しました。そして、2016年リオ大会のバドミントン女子ダブルスにて金メダルを獲得した、高橋礼華さんが聖火台に火を灯し、有明の地でのオリンピック聖火の展示が始まりました。
東京2020 オリンピック・パラリンピック競技大会聖火台
青海側を見るとパレットタウンの大観覧車を望み、有明側は聖火の向こうに東京ビッグサイト(有明国際展示場)が見えます。
東京2020 オリンピック・パラリンピック競技大会聖火台

聖火は期間中24時間灯されます。
聖火の燃料には二酸化炭素を排出しないクリーンエネルギーの「水素」が使われています。
ただ、水素は燃焼時は無色透明の為、炎が見えません。そこで炭酸ナトリウムの炎色反応を利用してオレンジ色の炎を演出し、独自の噴出音を伴いながら赤々と周りを照らしています。
東京2020 オリンピック・パラリンピック競技大会聖火台

「夢の大橋」に設置された聖火台はオリンピックスタジアムと同じデザインで、大きさはその3分の1と小さめです。それでも直径は1メートル20センチあります。重さは約200キロです。
東京2020 オリンピック・パラリンピック競技大会聖火台
式典用聖火台はオリンピックスタジアム又はその周辺に、競技期間用聖火台は関連する場所に、東京2020大会のレガシーとして大会終了後も残される予定です。


「東京2020 オリンピック・パラリンピック競技大会聖火台(競技期間用)」 概要
<設置場所> 東京都臨海部 「夢の大橋」有明側(江東区有明3丁目付近) 
<点灯期間>
   オリンピック期間:7月24日(土)~8月8日(日)
   パラリンピック期間:8月25日(水)~9月5日(日)
<点灯時間> 期間中24時間点灯
<仕様>
  『聖火台本体』
   大きさ:直径約120cm×高さ約90cm
   重量:約200kg 材質:鋳鉄(一部ステンレス)
   色:白
 『架台全体』
   直径(二重柵を含む):約500cm
   聖火台頂点までの高さ:約370cm
<デザイン> モチーフは太陽。
   夢の大橋の聖火台は、開会式で球体が花の様に開く事で生命力や希望を現した、最終的な形状と同じものにしています。
 『デザイナー』
   佐藤オオキ  
   ※当時、東京2020大会開閉会式の演出企画チームを統括していた野村萬斎さんの「太陽の下に皆が集い、皆が平等の存在であり、皆がエネルギーを得る」という コンセプトに基づき、佐藤オオキさんが具体的なデザインの制作を行いました。
 『聖火台制作』  nendo



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

TOKYO2020動くピクトグラムを映し出す大観覧車コスモクロック212021年07月27日 15時35分46秒

横浜みなとみらいの大観覧車「コスモクロック21」で、「TOKYO2020 動くスポーツピクトグラム」を映し出すライトアップが実施されています。
TOKYO2020動くピクトグラムを映し出す大観覧車コスモクロック21
競技種目を表す絵文字「スポーツピクトグラム」は1964年の東京五輪から採用されていますが、「動くスポーツピクトグラム」は、東京2020組織委員会がオリンピック33競技50種類、パラリンピック22競技23種類を、オリンピック・パラリンピック大会史上初めて作成しました。
これは、既に完成された静止画のピクトグラムをよりダイナミックに演出するために、「出現」と「消失」の動きを「固定」の静止画のピクトグラムの前後に加えることで一連のパターンとしているものです。
開会式でも「がーまるちょば」や「GABEZ」による実演版(?)ピクトグラムパフォーマンスが驚きと笑いを呼びました。
TOKYO2020動くピクトグラムを映し出す大観覧車コスモクロック21
大観覧車「コスモクロック21」では「TOKYO2020」の文字や5色の五輪マークの他、50種類の「動くピクトグラム」を光で演出しています。写真は「ロード(自転車)」です。

小さい静止画ではピクトグラムの画像が判別しにくいので、画像をクリックして大きくしてご覧ください。
YouTubeに動画もアップしました。ただ、現場で「動画じゃなきゃダメだ」と思って、手すりの上にカメラを乗せて撮ったもので、編集もタイトル入れもしていません。
YouTubeの映像「TOKYO2020動くピクトグラムを映し出す大観覧車コスモクロック21」はこちら

この特別演出は「よこはまコスモワールド」が横浜市に協力して開催するもので、東京オリンピック開催期間の8月8日までの19時から20時に実施されます。1回3分45秒の演出を1時間くり返します。

パラリンピック期間中(8月24日~9月5日)の実施は、新型コロナウィルスの感染状況により決めるということです。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

東京タワー五輪応援ライトアップ2021年07月24日 10時22分22秒

昨日の夜、東京タワーが5色のライトアップになっていました。
東京タワー五輪応援ライトアップ
これは、「五色幔幕ライトアップ 」といって、世界から東京に集まるアスリートを歓迎、祝福し、アスリートが100%の力をだせるよう、応援の意味を込めたものです。

⽇本古来から寺社仏閣等でお祝いの時に飾られる⻘・⽩・⾚・⻩・緑の縦縞の幕「五⾊幔幕(ごしきまんまく)」をデザインモチーフにしています。
5⾊のライトがゆっくりと動きながら輝いていました。

このライトアップの方法は、「インフィニティ・ダイヤモンドヴェール」といい、17段の階層に設置した268台のLEDライト一つひとつの光が多様に変化して、無限の光色パターンを描き出します。


ぴったりピントを合わせると光点が小さくなるため、写真が暗くなってしまいます。
「ちょっとピンボケ」にすると、色がはっきりと見えます。
東京タワー五輪応援ライトアップ

今日からはテレビにクギ付けで、外出自粛が出来ます。
ガンバレ NIPPON❣

新宿駅の超巨大猫2021年07月13日 17時00分00秒

新宿西口に行く用事があったので、SNSやニュースなどで話題になっている、東口の「猫」を見に行ってきました。

新宿駅東口、駅前広場の前に新しく出来たビルの屋上(4階相当)に時折巨大な三毛猫が姿を現し、ビルから落ちるんじゃないかという動きを見せながら、道行く人を驚かせています。

新宿駅東口の超巨大 三毛猫

この建物は「クロス新宿ビル」というプロモーション専用ビルで、B1はカフェ、1階から3階はイベントスペースになっています。
屋上に設置された湾曲ディスプレイ「クロス新宿ビジョン」に、一般の告知の合間に猫の3D映像を流しています。現在は2分余りに1回、15秒くらい猫の動画が流れます。
7月1日から試験映像を流し始めた時点から話題になり、昨日12日から本放送を映し出しています。 朝は目覚める場面から始まり、夜はあくびをして眠りにつくということです。今後新しいバージョンを開発中だとか。

ちなみにこの猫、「名前はまだ無い」そうです。


『クロス新宿ビジョン』 概要 
住所: 新宿区新宿3-23-18 クロス新宿ビル屋上 
放映時間: 7:00~25:00  ※24時以降は無音放送 
画質: 4K相当 
サイズ: 154.7平方メートル (高さ:8.16m × 幅:18.96m) 
画面仕様: 6ミリピッチLED SMD仕様   
放映開始: 2021年7月12日(月)



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

TOWERS Milight〜みなとみらい21オフィス全館ライトアップ〜2020年12月25日 10時39分49秒

クリスマスイブの昨日、東京都で新型コロナウィルス(COVID19)の新規感染者が888人と過去最多を記録しました。
隣接する埼玉県、千葉県、神奈川県でも過去最多となっています。
神奈川県では過去最多だった348人(12月22日)を大幅に上回る495人と、東京都に次いで2番目に多い新規感染者を出してしまいました。

新型コロナウイルス感染症対策の最前線で昼夜を問わず尽力してくれている医療・介護・福祉従事者の方をはじめ、社会活動の維持に携わるすべての方々への感謝を込めて、神奈川県庁本庁舎では感謝の気持ちを示す「ブルーライトアップ」を実施しています。
神奈川県庁本庁舎

そんな中、横浜・みなとみらい21地区では、みなとみらいのオフィスビルをはじめとする34のビルが全館ライトアップするイベント「TOWERS Milight〜みなとみらい21オフィス全館ライトア ップ〜」が昨夜開催されました。
横浜みなとみらいが光り輝く1⽇限りのライトアップイベントで、今年で24回目を迎えます。

横浜港大さん橋国際客船ターミナル(大さん橋)には日本最大の大型クルーズ客船「飛鳥Ⅱ」が停泊しています。
TOWERS Milight〜みなとみらい21オフィス全館ライトアップ〜
定刻の17時ちょうどに出航していきました。バックで離岸していき、広い所で転回します。
TOWERS Milight〜みなとみらい21オフィス全館ライトアップ〜

「タワーズミライト」は、1996年に横浜ランドマークタワーが全館点灯をしたことをきっかけ に始まりました。当時はまだ名称もなく、回を重ねるごとに周辺施設も電気を点け始 め、10年⽬を機に、名称が「TOWERS Milight〜みなとみらい21オフィス全館ライトアップ 〜」に決まりました。
今年も新たに5施設が参加し、34の建物が全館点灯しています。
TOWERS Milight〜みなとみらい21オフィス全館ライトアップ〜

TOWERS Milight〜みなとみらい21オフィス全館ライトアップ〜
⼀年の中で最も光り輝く、横浜・みなとみらいを堪能できます。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

RX-78 F00 ガンダム 起動しま~す!2020年12月20日 10時17分54秒

昨日、横浜港の山下ふ頭で、動くガンダム( RX-78 F00 ガンダム)の一般公開が始まりました。
「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」は、1979年にテレビ放映が始まったアニメ「機動戦士ガンダム」の40周年プロジェクトの一環で、バンダイナムコグループでつくる団体と横浜市が連携して、2020年12月19日から2022年3月31日までの予定で開催されます。

会場の最寄り駅、みなとみらい線・元町中華街駅には巨大な告知POPがあり、人々が立ち止まって写真を撮っていました。
GUNDAM FACTORY YOKOHAMA

”動くガンダム”は外部からは見えにくい構成になっていますが、会場入り口の向こうに上半身が見え、ワクワク感が増大します。
GUNDAM FACTORY YOKOHAMA

会場に入ると急いで先に進んでしまうので見逃しがちですが、ガンダム完成までの写真が展示されています。
GUNDAM FACTORY YOKOHAMA

ガンダムは横浜港を背にしたドック(格納庫)に展示されています。
GUNDAM FACTORY YOKOHAMA RX-78 F00 ガンダム
左に見える船は横浜港観光船マリーンシャトルです。

『横浜・山下ふ頭近郊において、ガンダムタイプのモビルスーツと思われるパーツが大量に発見された。  これらのパーツを解明するため、様々な領域のエンジニアたちが「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」に集結し、研究・分析・再構築することになった。それはあたかも、新型のガンダムを新たに開発していくようなプロセスであった。 』
そして遂に「 RX-78 F00 ガンダム」のフレームが完成し、起動実験が始まる!・・・・・
という設定でガンダムが動き出しました。
GUNDAM FACTORY YOKOHAMA RX-78 F00 ガンダム

GUNDAM FACTORY YOKOHAMA RX-78 F00 ガンダム
終日10:30から20:30まで、毎時と毎時30分に異なる演出を行います。
00分には起動試験が行われ、30分にはドックへ格納するというパターンのようです。見るなら00分がお奨めです。
GUNDAM FACTORY YOKOHAMA RX-78 F00 ガンダム
00分の演出では、ドックから出てきたあと2歩ほど歩行し、その直後に「不調」をきたして片膝をついてしゃがみこみます。しかし「再起動」して再び立ち上がり、起動テストを再開。天を指すポーズをとって停止します。  春日の「トゥース」みたいですね。
GUNDAM FACTORY YOKOHAMA RX-78 F00 ガンダム

GUNDAM FACTORY YOKOHAMA RX-78 F00 ガンダム

GUNDAM FACTORY YOKOHAMA RX-78 F00 ガンダム

別料金ですが、向かって右側の特別観覧デッキ「GUNDAM-DOCK TOWER」に上がって、間近で動くガンダムを見ることができます。
GUNDAM FACTORY YOKOHAMA RX-78 F00 ガンダム
ガンダムの高さは実物大の約18メートル。デッキは2層になっていて、15~18メートルになります。
人数が制限されているのでゆっくり観覧することができます。
今回は完売していたので上ることが出来ませんでした。 1月に行こうと思います。
GUNDAM FACTORY YOKOHAMA RX-78 F00 ガンダム

GUNDAM FACTORY YOKOHAMA RX-78 F00 ガンダム

GUNDAM FACTORY YOKOHAMA RX-78 F00 ガンダム

夜になるとガンダムはライトアップされ、よりメカニック感が増してきます。
GUNDAM FACTORY YOKOHAMA RX-78 F00 ガンダム

GUNDAM FACTORY YOKOHAMA RX-78 F00 ガンダム

GUNDAM FACTORY YOKOHAMA RX-78 F00 ガンダム

GUNDAM FACTORY YOKOHAMA RX-78 F00 ガンダム

夜景です。左に横浜港大さん橋国際客船ターミナルに停泊している豪華客船「飛鳥Ⅱ」が見えます。写真中央の船はマリーンシャトルです。
GUNDAM FACTORY YOKOHAMA RX-78 F00 ガンダム


”動くガンダム”の開発プロセス、その設計や構造、仕組みについてパネルや映像で紹介し、更にはARでの体験コーナーも設置して様々な技術を楽しみながら学べる「ACADEMY」という施設があります。
GUNDAM FACTORY YOKOHAMA
動く仕組みを自分で操作してその構造を知ることもできます。
GUNDAM FACTORY YOKOHAMA

施設内の「GUNDAM Pilot View SoftBank 5G EXPERIENCE」では5G通信を活用してガンダムとリアルタイムに視界を共有。まるでコクピットに乗り込んだかのような 体験ができます。
GUNDAM FACTORY YOKOHAMA


シミュレーターで「 RX-78 F00 ガンダム」を動かすことができる「ポージングシミュレータ」は、初心者コースと上級者コースが選べます。子供でも簡単に遊べます。
GUNDAM FACTORY YOKOHAMA

ARウインドウには、リアルタイムのガンダム稼働情報が表示されています。
GUNDAM FACTORY YOKOHAMA

オリジナルガンプラを中心に、横浜とのコラボ商品、公式パンフレットやここでしか手に入らないアイテムなど、様々なオリジナル商品を販売する「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」の前にはいつも入場待ちの長蛇の列ができています。
GUNDAM FACTORY YOKOHAMA
2階には「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」のオリジナルメニューや横浜ならではのご当地グルメ、会場限定のグッズも楽しめる「GUNDAM Café YOKOHAMA Satellite」があります。

「GUNDAM Café 」にも多くの人が並んでいたので、缶コーヒーで我慢!
「ジョージア」から「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」オリジナルデザイン缶が発売されていました。
GUNDAM FACTORY YOKOHAMA

入場者全員プレゼントで、「 RX-78 F00 ガンダム 1/200 ガンプラ」が貰えます。
入場時に渡されるので、A4サイズが折らずに入るバッグを持って行かないと、かなり邪魔になります。


GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」開催概要
開催会場:横浜港・山下ふ頭 特設会場
開催期間:2020年12月19日~2022年3月31日
開場時間:10:00~21:00 (20:00最終入場) 
  ※時期によって変更される場合あり
入場料:大人(13歳以上)1650円、小人(7~12歳)1100円
  ※6歳以下は大人1名につき3名まで無料
GUNDAM-DOCKTOWER観覧料金:大人/小人3300円 (入れ替え制。観覧にはGUNDAM FACTORY YOKOHAMA入場チケットの購入も必要)
  ※チケットは日時指定の予約制になります。
チケット販売期間など詳細は公式サイトへ。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

六本木ヒルズ・クリスマスマーケット20202020年12月17日 10時27分00秒

六本木ヒルズで「CHRISTMAS MARKET 2020」が開催されています。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため入場制限がされていて、入場には時間がかかることもありますが、入場してしまえば混雑していないのでゆっくりと買い物や飲食を楽しむことが出来ます。

世界的に有名なドイツのクリスマス用品専門店「ケーテ・ウォルファルト」やクリスマスデコレーションアイテムを扱う「アドベント・ショップ フロム ジャーマニー」、ザルツブルクの伝統工芸であるスパイスデコレーションの専門店「ラスプ スパイスデコレーション」、繊細でかわいらしいデザインが魅力のガラス細工ショップ「ジョイラッククラブ」のほかに、ドイツビールやソーセージ、ホットドック、スープ、ドイツパンとお菓子の店などが並んでいます。


また、今年も館内など随所に 『 wish a wish [1年後に届ける手紙] 』 のコーナーが設置されました。
オリジナルクリスマスカードにメッセージと宛先を記入し、特設ポストへ投函すると、一年後のクリスマスに宛先の人物にその手紙が届きます。
左のボードの黒いポケットの中にカードが入っています。その右の記入台でメッセージや宛先を書いて右の青いポストに投函するだけです。カードは無料で切手を貼る必要もありません。


1年後の自分や大切な人に、どんなメッセージを書きますか?



最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ヨコハマミライト2020 ~みらいを照らす、光のまち~2020年12月09日 09時10分25秒

冬の横浜・みなとみらいエリアを色鮮やかに彩るイルミネーション「ヨコハマミライト2020 ~みらいを照らす、光のまち~」が、横浜駅からみなとみらい地区までの約1.5キロの道を明るく照らしています。
「横浜駅東口」から「さくら通り」、「帆船日本丸」までを、ブルーやシャンパンゴールド、ホワイト、ウォームホワイトの色とりどりの約50万球のLEDライトが彩ります。
上の地図は公式サイトより

横浜駅東口の横浜ベイクォーターでは、「クリスマスサーカス」を開催中。
横浜ベイクォーター

横浜ベイクォーターから横浜駅東口を結ぶかもめ歩道橋には、動く歩道が設置されています。
かもめ歩道橋

そごう横浜店とスカイビルの間では、「星降るテラス」がビルの間や天井に満天の星空を作ります。
星降るテラス

星降るテラス

スカイビルと日産グローバル本社ギャラリーを結ぶ「はまみらいウォーク」です。
はまみらいウォーク

日産グローバル本社ギャラリー横から横浜ベイクォーターを望みます。
ヨコハマミライト2020 ~みらいを照らす、光のまち~

「みなとみらい歩道橋」を渡って振り返ると日産のビルがそびえ立っています。
みなとみらい歩道橋

横浜グランゲート(SONYが入っているビル)の広場にもライトアップされたクリスマスツリーが飾られていました。

現在も開発中の53街区です。向こうのビルには「SHISEIDO」、「KEIKYU」、「NISSAN]の文字が読めます。
53街区

「眺めの広場」からは、港の方向を眼下に望むことが出来ます。
眺めの広場

「横浜アイマークプレイス」周辺では、ブルー、シャンパンゴールド、ホワイトやスノードロップでライトアップされた並木道が続きます。
横浜アイマークプレイス

横浜アイマークプレイス

「桟橋の広場」周辺です。
桟橋の広場

先に進むと横浜ランドマークタワーが間近に見えてきます。
ヨコハマミライト2020 ~みらいを照らす、光のまち~

「グランモール公園」では、港の方向に向かって右に横浜美術館、左にマークイズみなとみらいがあります。
グランモール公園

グランモール公園

グランモール公園

子どもたちも自由に楽しめる体感型のイルミネーション「LIGHT OF HOPE ~拡がる希望の光~」です。床面に投影された“希望の星屑”に触れると、音楽に合わせてイルミネーションが光り輝きます。
トレリス「LIGHT OF HOPE」

マークイズみなとみらいの館内には、「HEART WARMING CRYSTAL TREE」が飾られています。
MARK IS みなとみらい

丹下健三氏の設計で知られる横浜美術館です。
横浜美術館

「ヨーヨー広場」には、風の通り道・流れを意識し「たなびく雲」をイメージして作られた「モクモク ワクワク ヨコハマ ヨーヨー」という巨大モニュメントがあります。最上壽之氏の作品です。
ヨーヨー広場

クイーンズスクエア横浜館内には、高さ11メートルのクリスマスツリー「One World Tree~世界は夜空でつながってる~」が展示されています。
クイーンズスクエア横浜

クイーンズスクエア横浜のクイーンズパークもライトアップされています。
クイーンズパーク

横浜ランドマークタワーのランドマークプラザでは“Starry Forest ― 希望の星降る森 ―”をイメージした煌びやかなクリスマスツリーが人々の目を楽しませてくれます。
横浜ランドマークタワー

ランドマークタワーの足元、横浜ドックヤードガーデンでもイルミネーションが輝きます。
ドックヤードガーデン

ドックヤードガーデンそばの「さくら通り」も桜並木がゴールドにライトアップされています。ヨットの帆をイメージした建物は、ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテルです。
さくら通り

さくら通りの横断歩道を渡ると、「帆船日本丸」があります。昼間は船内を見学することが出来ます。
帆船日本丸


ヨコハマミライト2020 ~みらいを照らす、光のまち~」開催概要
開催期間: 2020年11月12日(木)~2021年2月14日(日)
点灯時間: 16:00~23:00 ※さくら通りは22:00まで
開催場所: 「横浜駅東口」から「さくら通り」(はまみらいウォーク、みなとみらい歩道橋、53街区、グランモール公園など)、「帆船日本丸」
電飾球数; 約50万球(ブルー、シャンパンゴールド、ホワイト、ウォームホワイト)
※点灯範囲及び点灯時間が変更になったり、施設によって異なる場合があります。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
Copyright © 2005-2021 M-Hoshino All Rights Reserved.