Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

山下公園の枝垂れ桜が満開です2017年03月28日 18時35分00秒

ホテルニューグランド前にある、山下公園の枝垂れ桜が見頃を迎えています。
山下公園の枝垂れ桜
桜の花の向こうに、氷川丸やランドマークタワー、マリンタワーなど横浜の観光名所を望むことが出来る人気のフォトスポットになっています。
山下公園の枝垂れ桜

枝垂れ桜
この桜は1993年に宮城県仙台市近郊から移植されたものだということです。 「咲いたさいた桜が咲いた」という碑文も添えられています。

今日は、桜の前で結婚式の記念撮影をしていました。
山下公園の枝垂れ桜
右の白い建物がホテルニューグランド。左寄りに横浜マリンタワーが隠れています。

横浜ベイブリッジとアクアライン2017年03月17日 19時21分43秒


横浜ベイブリッジの向こうに千葉県・木更津が見えます。
木更津側右端から左に伸びる橋は、東京湾アクアラインです。
橋の左端、船のように見えるのがパーキングエリアの「海ほたる」。
木更津から4.4kmが橋梁で、海ほたるから先は川崎まで約9.5kmが海底トンネルになっています。

くまモン フラワーフォトスポット2017年03月13日 19時20分54秒

横浜ランドマークタワーで「LANDMARK PLAZA Flower Festival」が開催されています。
ランドマークプラザ3階の「風の灯台」には、春のお花で彩られた「くまモンフラワーフォトスポット」が登場。
ハートの形の花を持ったくまモンが迎えてくれます。(パネルです)
くまモンが抱えるハートに敷き詰められたお花は毎週入れ替わり、様々な春の表情を楽しめます。
4月9日(日)まで展示されます。

フォトスポットになっているので、綺麗に飾られた花や、くまモンと一緒に写真を撮ることが出来ます。

ランドマークプラザ1階のサカタのタネ ガーデンスクエアや、クイーンズスクエア横浜2階 クイーンモールでは、色とりどりのお花が敷き詰められた「みなとみらい2050プロジェクト みなとみらい花ひろば」を3月18日(土)から20日(月・祝)まで開催します。(7:00~24:00)

また、4月9日(日)までの週末にランドマークプラザ内で1,000円以上の買い物をした人を対象に、「春のお花」がプレゼントされます。
開催日時:2月25日(土)~4月9日(日) 11:00~18:00 ※土・日のみ、なくなり次第終了
開催場所:ランドマークプラザ1階 サカタのタネ ガーデンスクエア
※ランドマークプラザ館内店舗の購入レシート(当日のみ、税込1,000円以上)を提示
※各日先着300名
※レシートの合算不可
※1人1日1回のみ

横浜からダイヤモンド富士2017年03月09日 20時58分56秒

今日、横浜ランドマークタワー69階の展望フロア「スカイガーデン」からダイヤモンド富士を見ることが出来ました。
ダイヤモンド富士
横浜上空は青空が広がっていますが、富士山方向には雲があります。
17時26分頃、富士山頂にオレンジ色の太陽が沈んでいきました。
ダイヤモンド富士
横浜方面からは、11日(土)にマリンタワーから見ることが出来ます。
晴れていればですが・・・

成城石井プロデュースのワイン・バー[Le Bar à Vin 52」2017年03月08日 14時22分11秒

この店は成城石井がプロデュースしているワイン・バーで、「52」は「1年52週、極上フードと選りすぐりワインをデイリーに楽しんでほしい」という意味が込められているとのことです。
サンカンドゥは52のフランス語読みです。サンカント(cinquante)=50 とドゥ(deux)=2 の組み合わせで、52=サンカンドゥ(cinquante deux)と読みます。

成城石井は1927年に食品店として東京都世田谷区成城で創業し、高級食材が揃うスーパーマーケットとして有名なお店です。現在の本社は横浜駅西口近くにあります。

成城石井プロデュースだけあって食材の質が良く、食材の特徴を生かした料理がとても美味しく作られています。
海に面した「横浜ベイクォーター」というショッピングモール3階にある横浜ベイクォーター店は、潮風を感じながら食事をすることが出来ます。
お客さんは殆どが女性のグループで、日によっては予約で満席になってしまいます。

テーブルチャージで「成城石井パンの盛り合わせ」です。税込324円。2種類のオリーブオイルで頂きます。
Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO
これは、注文しなくても突き出される「突き出し」です。「お通し」とも言いますね。
何も出さずにテーブルチャージ(席料)だけ取る店もあるので、良心的ではあります。パン、美味しいし。

このお店は週替わりで一部メニューが変わります。
3月6日からの新メニュー「長崎県産“ゆめのか”イチゴとフォアグラ入りパテドカンパーニュのアミューズ」です。税込518円。
Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO

サラダは「まるごとロメインレタスの焼きシーザーサラダ 16ヶ月熟成グラバタダーノを削って」。
Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO
ロメインレタスを縦半分に切って丸ごと使って焼いています。自家製のシーザードレッシングと挽き立ての黒胡椒、グラナパダーノを重ね、生ハムをのせてオーブンで焼き上げたホットサラダです。ナイフで切ってから上に乗った半熟玉子を絡めて頂きます。
他のレタスとは違って熱に耐性のあるロメインレタスの特徴を生かした料理です。
「チーズはお好きですか?」と聞かれたので「大好きです」と答えたら、降り積もる白雪の様にたっぷりと削ってくれました。生ハムとか、玉子とか、何も見えなくなってしまいました。

「フランス産カマンベールチーズの丸ごと焼きチーズフォンデュ 三浦野菜と季節野菜添」です。
Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO
カマンベールチーズを豪快に丸ごと焼き上げています。三浦半島の青木農園から直送してもらう三浦野菜と季節野菜にチーズを絡めて頂きます。税込1,814円。
チーズが冷えてしまったら温めなおしてくれます。

「スペイン産フォアグラとリンゴのソテー イタリアモデナ産バルサミコソース」。税込1,058円。
Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO
フォアグラは成城石井がスペインから直輸入しているものだそうです。
リンゴとバルサミコソースの絡みも絶品!

「Le Bar à Vin 52特製お肉料理3種グリル盛り合わせ」。税込3,218円。
Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO
国内産黒毛和牛のランイチ肉(下左)、下田さん家の豚(上)、徳島県産すだち鶏(右)の盛り合わせです。ワンプレートで牛肉、豚肉、鶏肉が楽しめます。
ランイチは牛の部位、ランプとイチボの総称です。脂が少なく柔らかくて肉の旨みが楽しめる希少部位です。
下田さん家の豚。下田さんって誰?
鶏肉は柔らかくてびっくりするくらい美味しい。

スタッフの対応も、丁寧な中にフランクな感じもあって、聞けば料理についてしっかりと説明してくれます。
「Le Bar à Vin 52 AZABU TOKYO」。女性に人気のある理由が分かるお店です。


【雲竹斎の今日の薀蓄】

久し振りじゃのう・・・雲竹斎じゃ。
少しの間眠っておったので名前を忘れてしまった人も多いと思うのじゃが、ウンチクサイじゃ。
今日のウンチクは「下田さん家の豚(しもださんちのぶた)」についてじゃな。
「下田さん家の豚」は、群馬県産の三元交配豚を、豚肉作りに携わり80年の下田畜産(武蔵村山市)が育て上げた三元豚なんじゃ。

豚種としては一般的な三元交配であるLWD(ランドレース・大ヨークシャー・デュロック)じゃが、麦、芋、マイロと100%植物性の飼料を与えて育てているとの事で、脂質が良い、獣臭がしない、柔らかい、などの特長があるそうじゃ。
過去に農林水産大臣賞6回、東京都知事賞5回受賞という輝かしい経歴も持っているんじゃな。 

2012年11月07日付の「西多摩経済新聞」の記事も参考になるぞよ。

カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+ 2017」2017年02月23日 16時23分32秒

最新の製品や技術を紹介し、写真産業の未来と写真映像文化の楽しみや広がりを伝える、国際的なカメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+(シーピープラス) 2017」が開幕しました。
CP+(シーピープラス) 2017

CP+(シーピープラス) 2017

CP+(シーピープラス) 2017
入場料は1,500円ですが、ウェブでの【入場事前登録】を行うと無料になります。

開催日程 : 2 月23 日(木) 12:00~18:00 (10:00~12:00 プレスタイム)
        2 月24 日(金)~25 日(土) 10:00~18:00
        2 月26 日 (日) 10:00~17:00
開催場所 : パシフィコ横浜(展示ホール、アネックスホール、会議センター)/BankART Studio NYK
入場料 : 1,500 円(税込)(ウェブ事前登録無料、障害者手帳を持参の方、小学生以下の方は無料)
主 催 : 一般社団法人カメラ映像機器工業会(CIPA)
協 賛 : 一般社団法人日本写真映像用品工業会
後 援 : 経済産業省/観光庁/神奈川県/横浜市/横浜商工会議所/日本貿易振興機構(ジェトロ)/J-WAVE
主な出展分野 :カメラ、レンズ、フォトアクセサリー、プリンター、画像処理ソフト、携帯機器、ディスプレイ、プロジェクター、フォトブック、プリントペーパー、スタジオ用品・機材、ドローン、ウェアラブルカメラなど

水陸両用バス スカイダック2017年01月18日 09時28分08秒

横浜みなとみらいの観光名所、汽車道。
この線路は当初新港埠頭から初代横浜駅(現桜木町駅)を結ぶ貨物線として造られました。
その廃線を利用して、現在は赤レンガ倉庫とランドマークタワー周辺を結ぶプロムナードになっています。
汽車道には港1号橋梁~港3号橋梁という3つの橋が架かっています。これらの橋梁は、横浜市認定歴史的建造物に認定されているものです。
その「港1号橋梁」の横を、白波を立てながらバスが走っています。周りをカモメが飛び交っています。
汽車道とスカイダック
これは、水陸両用バス「スカイダック横浜」。横浜の観光名所を海と陸から見て回ることが出来ます。
今日は横浜港に飛鳥Ⅱが入港していました。上の写真左に写っているのが飛鳥Ⅱの船首です。
飛鳥Ⅱ
スカイダックが上陸です。
水陸両用バス スカイダック

【料  金】大人(中学生以上) 3,500円、こども(4~12歳) 1,700円
【所要時間】約60分
【出発場所】①日本丸メモリアルパーク/②赤レンガパーク
【出発時間】スカイダックは天候などにより、急遽運休や走行ルート変更などがあります。
        公式facebookで確認してください。
※受付は出発時間の60分前から各出発場所にて。予約は出来ません。

篠山紀信展 写真力2017年01月17日 23時22分28秒

「篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN」が横浜美術館にやってきました。
この展覧会は2012年6月30日から開催された熊本市現代美術館を皮切りに、全国26会場で75万人以上を動員した人気の写真展です。
写真家・篠山紀信が50年以上にわたって撮り続けてきたポートレートの中から、篠山紀信自身が厳選した約120点の作品を大型パネルに仕立てて展示しています。
展示は、横浜展のためにセレクトされた作品を加えて5つのセクションで構成されています。

「GOD 鬼籍に入られた人々」
では、ジョン・レノン、きんさんぎんさん、美空ひばり、夏目雅子、大原麗子、三島由紀夫など。

「STAR すべての人々に知られる有名人」
では、山口百恵、吉永小百合、AKB48(2010年)、松田聖子、小林旭、南沙織(篠山紀信の奥さんですね)、舟木一夫、長嶋茂雄、ピンクレディーなど、1970年代から2010年代まで、その時々の雑誌のグラビアや写真集を飾ったスターたちが。

「SPECTACLE 私たちを異次元に連れ出す夢の世界」
では、草間彌生、後藤久美子や、ミッキー・ミニーなどのディズニーキャラクター達、ミッキーとミニーにキスをされるシノラマン(篠山紀信の事です)を始めとして、歌舞伎の名役者たちがずらりと並んでいます。歌舞伎好きにはたまらないセクションです。

「BODY 裸の肉体 - 美とエロスと闘い」
では、樋口可南子、宮沢りえ(写真集サンタフェは話題になりましたね)、浅丘ルリ子、江波杏子、黒柳徹子(えっ?・・・)、舞踏家ウラジーミル・マラーホフなどなど。

「ACCIDENTS 2011年3月11日 - 東日本大震災で被災された人々の肖像」
『普通ではない理不尽を体験した人々の表情を、その時代を、写真家として残さないわけにはいかなかった』と篠山紀信は語っています。

会場内は撮影禁止ですが、作品No.1の「ジョン・レノンとオノ・ヨーコ」のみは写真撮影が許可されています。
この写真展は「鑑賞ではなく体感!」を目的としていますので、展示されているのは大型パネルの写真だけでキャプション等は一切ありません。会場入り口に置いてある作品リストをお持ちください。

会場は老若男女多くの人で賑わっていました。特に多いのはやっぱり、おばさまたちのグループです。


開催会場:横浜美術館(神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1)
開催期間:2017年1月4日(水)~2月28日(木)
休館日:木曜日 2月23日(木)は開館
開館時間:10:00~18:00 但し、2月23日(木)は~16:00、24日(金)は~20:30
観覧料金:一般1,500円、大学・高校生1,000円、中学生600円、小学生以下無料、65歳以上1,400円



「篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN」に合わせて、横浜美術館が所蔵する4,200点という膨大な数の写真コレクションの中から400点超の作品が「コレクション展」として別の展示室で公開されています。
林忠彦、木村伊兵衛、秋山庄太郎、アンリ・カルティエ=ブレッソン、土門拳、桑原甲子雄、濱谷浩、緑川洋一、浜口タカシ、ロバート・キャパ、中平卓馬、マン・レイ、マルセル・デュシャン、ルネ・クレール、マックス・エルンスト、エドワード・スタイケン、アルフレッド・スティーグリッツなどなどなどなど・・・

私、もう大興奮で「篠山紀信展」なんてどうでもよくなってしまいました。
入場料は篠山紀信展に含まれています。

今日の富士山2017年01月16日 19時21分59秒

横浜ランドマークタワー69階のスカイガーデンから見た富士山です。
スカイガーデンは地上高273mあり、東京タワーの特別展望台(地上223m)より50m高い位置にあります。
Mt.FUJI
ランドマークタワーから見る富士山は、箱根の山(左)と丹沢山地(右)の間のちょうどへこんだ所から顔を出すので、左側に裾野が広がります。

2017年1月16日 10:50撮影。
レンズ焦点距離は85ミリ(35ミリフルサイズ)でこの範囲が写ります。

シーカヤック2017年01月09日 22時44分02秒


横浜みなとみらい21地区にて