Google
WWW を検索 ほしのつぶやき を検索

GooTa 紅叉焼横浜タンメン2009年06月18日 16時32分45秒

GooTa 紅叉焼横浜タンメン
GooTa 紅叉焼横浜タンメン

今では、横浜ラーメンと言えば、「吉村家」を起源とする家系ラーメンが有名だ。豚骨醤油味のこってり系ラーメン。
1974年、横浜新杉田に「吉村家」が営業を開始して35年。今や「家系」ラーメンは全国各地に広まっている。
その「吉村家」も、1999年に横浜駅近くの岡野交差点脇に移転してから、「従業員の態度が悪い」「麺の湯きりが不十分」「スープが足りなくなると味が薄くなる」など、評判があまり良くない。それでも、営業中は常時長蛇の列が並んでいる。


黒船来航以来、異国文化が流入し、長崎、神戸、横浜などの港町に唐人街ができた。
そこで出されていた中国の麺が、長崎ではチャンボンになり、そして横浜ではラーメンヘと進化していく。
明治中期に横浜の南京街(今の中華街)で、南京そばの屋台が引かれ始める。
横浜で引かれていた屋台の麺は、塩味スープにネギがのるだけ。それにメンマがのり、縁を赤く染めた焼き豚が加わる。
そして華僑の知恵か日本人のアイデアか、塩味のスープを日本人向けにと、醤油を加える工夫がされる。
元々横浜では、中華街の流れを汲む醤油ラーメン、タンメン、サンマーメンなどが主流だったのだ。
タンメンは、野菜炒めを塩味スープの上にのせた、いわば「塩野菜ラーメン」。サンマーメンは、モヤシ炒めを片栗粉でとろみをつけたものを、醤油味スープの上にのせた、いわば「あんかけモヤシラーメン」である。(横浜ラーメン博物館資料より抜粋引用)


5月25日に発売された「GooTa 紅叉焼横浜タンメン」は、まさに横浜で親しまれた主流ラーメン。
五香 (ウーシャン) がほんのり香る「紅叉焼(ベニチャーシュー)」をのせたのが嬉しい。

GooTaには珍しく、具がレトルトじゃない。調味油以外は先に器に入れて湯を注いでもどす。
だったら、「ラ王」のシリーズで出して欲しかった。麺の食感はやっぱり「ラ王」が上。

ラーメンを食べている「たねまる」が印刷された「開国博Y150」バージョンだが、これは全国発売されている。

黒船ライトアップ2009年06月19日 01時02分03秒

黒船 ライトアップ
黒船体験ツアーの時には雨が降っていたので見なかった黒船ライトアップを見に行った。
ライトアップは26日金曜日まで夜7時半から8時半の1時間、山下公園沖で行われる。
その後は、8月3日(月)から9日(日)まで。

今日はライトアップを見に行っただけなので、山下公園近くの1時間300円の路上パーキングに車を停めた。
路上の枠の中に車を停め、発券機でパーキングチケットを買って、フロントガラスに貼っておくという人間味あふれる方式。

山下公園は海に向かってベンチが並ぶ。ベンチはアベックでいっぱい。
そういえば自分も大学生の頃、彼女と一緒にここのベンチに座った記憶がある。
横に置いたバックが後ろに落ちそうになったので、支えようとしたらバックの先に人の手があった。なんじゃこりゃ~!バックに手が生えた!と思ったら、単なる置き引きだった。
アベックさんは置き引きには十分注意をして欲しい。

ペリー提督が乗って来た蒸気帆船(ジョウキハンセン)を再現した黒船「観光丸」は帆を2枚だけ上げ、その帆を赤や緑や青など色を変えながらライトアップしていた。
派手なのはいいが、なんだかセンスが無いな・・・
8時半になったら、ペリーテイトくんはさっさとライトを消して帰っていってしまった。

今日はなんだか蒸し暑かったので、Tシャツで行こうと思ったが、夜の海風は意外と冷たいので、ジャケットを羽織っていった。
ジャケットのブランドはもちろん、ノルウェー生まれのマリンウェアブランド「ペリー帆船(ハンセン)」!

ごめんなさい。ヘリーハンセンでした。

象の鼻に象の像2009年06月20日 09時08分23秒

象の像
6月2日の開港記念日にオープンした「象の鼻パーク」に出現した象の像。

横浜港が開港したのは、安政5年(1858年)に米、蘭、露、英、仏と修好通商条約が結ばれた翌年の1859年7月1日(安政6年6月2日)。
港には東波止場(イギリス波止場)と西波止場(税関波止場)の二つの波止場が作られた。
現在の「象の鼻」は大さん橋の根元に位置するが、その東波止場が時代と共に変化した物である。
形が象の鼻に似ていることから、「象の鼻」と名付けられている。

2009年6月2日に、象の鼻周辺地域が公園としてオープンした。
その中心的存在となるカフェテラス「象の鼻テラス」に6月11日、シンボルオブジェとして象の像が出現した。でっかいゾウ!
全長6メートル、高さは2.6メートル。「時をかける象(ペリー)」という。


象の鼻テラスで売っている「ゾウノハナ ソフトクリーム」(350円)は、かわいいゾウ!うまいゾウ!
あっ!写真?
食べ物を見ると、写真を撮る前に食べてしまうという天然が治りきっていないのだ・・・

たねまるショー2009年06月22日 17時26分01秒

たねまるショー
Y150トゥモローパークステージでデイリーイベントとして行われている「たねまるショー」。
時間が合わなくて (というか、時間を合わせて見る気もしなくて) なかなか見られなかったが、たまたま始まるところに出くわしたので見てみた。

ペリー・テイトくんの勘違いキャラが最高だ!
さすが、ペリー提督の黒船!あの旋回能力と俊敏性は、誰にもマネ出来ないゾッ!

至福の時2009年06月24日 09時40分27秒

ちょっと一服
EXCELSIOR CAFFE 横浜産業貿易センター店。

雨の夕暮れ時、山下公園を望みながらテラス席で一服。
至福のひと時。
これで後3日は仕事が頑張れるのだ。

アイスカフェモカ M 400円。・・・なんて安上がりな人間なんだ。

バウスプリット渡り2009年06月25日 14時36分24秒

黒船 観光丸
バウスプリット?何だ?
バウス・プリットと切って読んでいた為、プリッとした可愛い物を想像してしまったが、バウ・スプリットと切った方がいいらしい。
Bowsprit。Bowは、舳(へさき)・船首の意味。
帆船の船首から前方へ伸びている棒の事だという。(写真上の右側部分)。

Y150では、黒船「観光丸」でバウスプリット渡り体験が行われている。
明日26日迄と、8月3日(月)~9日(日)迄。

1時間の乗船体験中のイベントだから、船は走行している。
足元に張られた1本のロープの上を綱渡りして歩く。
ネットが張られているものの、足の下は海である。
根っからの高所恐怖症の私としては、航海先に立たず!である。
「後悔先に立たず」だったかな?
そんな事はどうでもいい位の恐怖心に襲われて、靴とロープがプリットでくっ付けられたかのように足が竦んでしまったのである。


雲竹斎の今日の薀蓄(うんちく)

久しぶりじゃのう。雲竹斎じゃ。
べつに、ウンチ臭い訳じゃないぞ。臭いのは、加齢臭じゃ・・・
プリットというのが懐かしくてプリット出てきてしまったわい。
いや、ウンチじゃないって!

プリットという「のり」は、今から40年前の1969年にドイツのヘンケル社から発売された、リップスティックみたいな形をした「固形のり」なんじゃ。

ヘンケルと聞いて、双子マークの包丁を思い出す人が多いと思うが、あれは、ヘンケルスじゃ。ヘンケル社(グループ)は、1876年創業の世界有数の総合化学メーカーなんじゃ。

日本では、1970年にコクヨから輸入発売されたのが最初じゃ。
当時50円で買えた「のり」が、135円という高値にもかかわらず、大変な人気を呼んで、類似品が各社から発売されたもんじゃ。
手を汚さずに塗れるのりとして、驚異的じゃったのう。

シルク・ドゥ・ソレイユ ZED2009年06月26日 19時36分24秒

シルク・ドゥ・ソレイユ ZED
今日、イクスピアリのセレブレーションプラザで夕方4時半から「シルク・ドゥ・ソレイユ ZED」アーティストによるパフォーマンスが行われた。
パフォーマンスの後は、フォトセッション(記念撮影会)。

パフォーマンスは今日だけだが、フォトセッションは明日27日(土)16:35からと、28日(日)15:35からも行われる。
自分のカメラ(ケータイも)で写真を撮ってくれるし、サービス精神旺盛でとても楽しく、いい記念になる。
近くて時間の取れる人は、是非参加して欲しい。って、私、親戚でも関係者でもなんでもないんですけどネ。

他の写真はこちら

烏骨鶏たまごあいす2009年06月29日 03時23分31秒

烏骨鶏たまごあいす
いただき物の「金澤 烏鶏庵の烏骨鶏たまごあいす」

天来烏骨鶏(てんらんうこっけい)の卵白と卵黄を使ったアイスクリーム。
使っている原材料は、牛乳・天来烏骨鶏卵・生クリーム・グラニュー糖・バニラビーンズだけだという。

烏骨鶏は、その細い錦糸状の美しい羽糸からか、英名は「シルキー」(SILKY)と呼ばれている。
日本では、「烏骨鶏(ウコッケイ)」・・・カラスのホネのニワトリと書く。何故、こんな滑稽(コッケイ)な名前なのか?
こんな美味しくなさそうな名前をつけたやつは、酷刑(コッケイ)に処してやりたい。
・・・と思っていたら、この鶏、皮膚や内臓、骨まで黒紫色っぽい色をしているという。
で、烏のような色の骨の鶏で烏骨鶏。
なんだか、納得出来るような出来ないような・・・

アイスクリームは、白身の部分がシャーベットとアイスクリームの間くらいの食感で、黄身の部分はゆで卵の黄身とアイスクリームの間くらいの食感。
味はバニラアイスだが、その食感がたまらなくいい。
1個700円くらいするから、自分で買ってまで食べようとは思わないが、すごく美味しい。

烏骨鶏は、産卵数が少なく、一般のニワトリの5分の1位しか卵を生まないという。
生卵も1個250円から500円くらいする。1個だよ!イトーヨーカドーの10個98円の卵を広告の入った朝早く買いに行っている私には、
なんだか、納得出来るような出来ないような・・・

なかなか納得できないので、気分を変えて餃子の話。
今日(昨夜)の飲み会は餃子のお店。
博多餃子舎603(はかたぎょうざやろくまるさん)という店。
いろんな種類の一口餃子が出てきて、大満足。
デザートは、餃子のアンコ(中身)が餡子(アズキの餡子だよ)で、ホイップクリームを付けて食べる「アンコ餃子」。
メニューに「けっして醤油はお付けになりませんよう・・・ご注意を!」とある。
大宰府の梅が枝餅を思わせる不思議な味わい」とも書いてあるが、梅が枝餅は、薄い餅の皮で包んだ小豆餡を、梅の刻印の入った鉄板で焼いた焼き餅だ。
「アンコ餃子」は、餃子のアンコがアンコ!「揚げまん」みたいな感じでこれまた旨い!
でも、なんだか、納得出来るような出来ないような・・・

「アンコ」は、「あんこ」です。けっして「アソコ(あそこ)」とお読みになりませんよう・・・ご注意を!。
Copyright © 2005-2022 M-Hoshino All Rights Reserved.